「働くのが辛い」普通のOLが強みを見つけて「好き」を仕事にした話

タイトル

「今の仕事が辛い。人間関係が辛い。毎日辛すぎる...。」というあなたへ朗報です。

なんと今回は


「”仕事がつまらない”という悩みを解決し、”楽しくてたまらない!”に変えるのがトクイです!」


と豪語する女性起業家、「土谷愛」さんにインタビューの機会をいただきました。


「家と会社を往復するだけの退屈なOL」から、20代にして「自由に働く起業家」へ。


そんな「働き方革命」を遂げた愛さんの秘密に迫りました。

強み発掘のプロ、土谷愛さん

  • 出社のことを考えるだけで憂鬱

  • 仕事で成果を出せず、上司から怒られてばかり

  • 何をやってもうまく行かなくて、自分に自信が持てない


会社が辛くて毎日悩んでいる方は多いはず。

こちらの女性、土谷愛(つちたにあい)さんは、かつては


「会社の人間関係が辛い...仕事も面白くない...私の人生ずっとこのままなの?」と悩む普通のOLでした。


しかしとあるきっかけで、20代にして会社を辞め、PC1台で起業することになったのです。


ただのOLがいきなり起業なんて、成功するわけがない…と思いきや、なんと1年と経たずあっさり会社員のお給料超え。


「どんな人でも、時間もお金も人間関係もすべてノーストレスな働き方は簡単に選べるようになります!」


と熱く言い切る彼女。


今回はそんな愛さん流の「自由な働き方を手に入れた秘訣」に迫るべく、


Needy編集部が直撃取材してきました。


<聞き手=小林 瑞夏(Needy編集部)>

「会社と家の往復だけの生活」に絶望していたOL時代

ーーー今日はよろしくお願いします!ブログやYoutubeを拝見しましたが、女性起業家としてすごく活躍されているようで、羨ましいです。


愛さん:ありがとうございます。でも、会社員時代はむしろ真逆で。


誰にでもできる仕事を嫌々やってたり、職場の人間関係に悩んだり。


全然パッとしないOLでした。


ーーー元々バリキャリタイプかと思いましたが、意外ですね。


愛さん:とくに独立する直前まで働いた会社では、人間関係の悩みが尽きませんでした。


些細なミスで怒鳴られるパワハラに怯えて過ごしたり、


ランチや飲み会ではとくに気の合うわけでもない同僚と無理やり話を合わせたり。


たのしくもない仕事のために、ひたすら会社と家を往復する毎日が超しんどかったですね...。


ーーーなるほど、人間関係の悩みは大きいですよね…。


愛さん:そうですね。だけど、ずっと「辞めたいな」と思いつつ、転職するのも不安でなかなか辞められずでした。

「つまらないOL生活を捨てよう」と覚悟した衝撃の出会い

ーーーしかし、今では独立してますよね。辞めるにあたり、きっかけ等はあったんですか?


愛さん:実は…ありきたりな理由なのですが、インターネットだけで収益を生んでいる人のブログをたまたま見つけたんです。


当時、「会社員」以外の働き方を全然知らなかったので、衝撃でしたね。


ーーー私もネットで収益を生んでいる人をきっかけに独立したようなものなので、すごく共感します!笑


愛さん:(笑)そのブログを読んでたら、


「満員電車も、嫌いな上司に頭を下げるのも絶対にいやだったから、就職せずネットで起業する道を選んだ」と書かれてて。


「そんな理由あり!?」とめちゃくちゃ衝撃を受けました。


ーーーやりたくないことを我慢して仕事をしている愛さんからしたら、本当に衝撃ですよね。


愛さん:そうなんです。「自分の本音を我慢しなくていい」世界があると知って、自分の本当の気持ちに気づいてしまって。


ーーー本当の気持ち、というと?


愛さん:心の中でずっと蓋をしてた「会社を辞めて自由になりたい!」って気持ちですね。


ブログを書いてた彼のような


「好きな時間に起きて、好きな場所で、好きな人とだけ働く」って生活がもう羨ましすぎて...嫉妬に近い感情にもなりました。

「いつか自分にぴったりな仕事が見つかる」はありえない。転職ではなく独立を選んだ理由

ーーーでも、別の職場への「転職」という選択肢もあったと思うんです。ここで、「独立」を選んだのはなぜですか?


愛さん:実はすでに何度か転職していて、27歳にして3社目だったので(笑)


ただそれで確信したんです。結局「100%自分にぴったりの職場」なんてない!って。


ーーー私も学生時代バイトを8回くらい変えたので、わかりますね。


愛さん:だから、思いきって「付き合う人も、働く場所も、やる仕事もすべて自分で選べる」


ネット起業という働き方を選んでみることにしました。


ーーーなるほど。しかし、独立は「成功するかわからない」という不安があると思うんです。それでも独立を選べた理由とは?


愛さん:不安はあったけど、「一度きりの人生、もう本音を我慢したくない!」という気持ちのほうがずっと強くて。


「やってみてダメだったら、また就職すればいい」くらいの楽観さも大事かなと(笑)

3ヶ月収益0円…。どん底から立て直したきっかけとは?

ーーー独立してから、実際のところどうでした?


愛さん:まずは「アフィリエイト」という、ブログで商品を紹介してお金をもらうビジネスをやってみました。


ーーー成果はどうでした?


愛さん:それが、全然ダメで(笑)3ヶ月間売上0だったんです。


ーーー3ヶ月売上0円…。それはきついですね。


愛さん:はい。でもそこでハッとしたんです。


「お金」のために興味もないアフィリエイトをやるって…結局、仕事がつまらなくて辞めた会社員のころと変わらないじゃん!って。


ーーーせっかく独立したのに、会社員時代と変わらないのはいやですね。


愛さん:はい。それで、「自分の得意なことをサービスにしてみよう」と思って。


私は人の長所を見つけることが大好きだったので、「あなたの強み見つけます」という企画を販売してみました。


そしたら、なんとお申込みが殺到して。


ーーー収益0円からのお申込み殺到...!すごい大逆転ですね!


愛さん:自分でもびっくりです(笑)


「自分の強みを活かすだけで、こんなに簡単にうまくいくんだ!」と驚きました。

「毎日が楽しくなった!」と大好評の強み診断

ーーー実際に愛さんの強み診断を受けた方は、どう変わったんですか?


愛さん:毎日が楽しくなった!という方が本当に多いです。


例えば、「仕事の成果が跳ね上がって楽しくなった」「憧れの会社に転職が決まった」


「(私と同じ)ネット起業の道に踏み出せた!」などの報告を多数いただきました。


ーーーすごいですね!強みを見つけると、そんなに変わるものなんですか?


愛さん:はい。多くの人が、「自分にはあれができない、これができない」って、「ない」ものに目を向けてしまうんです。


でも、600名以上お客様を見てきて、強みがない人は1人もいませんでした。


ちょっとしたコツで自分の強みを見つければ、誰でも毎日の仕事が楽しくなります。

自分の強みに気づくだけで、人生が充実する

ーーー最後に、読者に伝えたいメッセージなどはありますか?


愛さん:私は、自分の強みを活かせる生き方として「起業」を選びましたが、すぐに起業を選ぶ必要はないと思っています。


それよりも、自分はどんな人か・どこが強みなのかを知るだけで、どんな選択肢を選んでも役に立ちます。


若いうちに自己分析をしておくだけでも、人生の充実度が大きく変わるので、


自分の強みがわからない方のお手伝いができたらうれしいです。

実は、私と愛さんの初めての接点は「クラウドファンディング」がきっかけでした。


私が悩み相談サービスを立ち上げるにあたり企画したクラファン に、愛さんが興味を持ってくださったのが始まり。


「悩める女性を救いたい」との思いが共感し、今回このように取材の場をいただくことができました。


そして、愛さんのブログでは


  • 自分だけの強みの見つけ方

  • コンプレックスを強みに変える方法

  • 得意なことを見つけて仕事にする方法


など「強み」を見つけるためのハウツーが散りばめられています。ブログを読むだけで参考になることばかりなので、


  • 今の仕事に満足できない

  • 苦手なことばかりやっている気がする

  • 自分が嫌いで自信が持てない


という方は、ぜひ愛さんのブログをチェックしてみてくださいね。



取材協力:強み発掘・起業コンサルタント「土谷愛」さん

人見しりで大人しい性格がコンプレックスで、自分を変えるべく22歳で営業職に就職。しかし、営業のため「明るい体育会系キャラ」を演じるもストレスが溜まり断念。職場の環境にも疲弊し、退職後は女性起業家として独立。累計620名以上の強みを発掘し、受講生からは絶賛の声が寄せられている。

取材・記事広告のお問い合わせはこちら

Needyは取材記事の依頼を積極的に受け付けています!


「自社商品をPRしてほしい」「自身の体験談を掲載したい」


などのお問い合わせは【Needy問い合わせフォーム】までご連絡ください。


▼合わせて読みたい


▼この記事の編集者は

関連記事