何を食べればガリガリになれるの?【りこさんインタビュー第二弾】

タイトル

「ガリガリに痩せたいけど、何を食べればいいかわからない…」ダイエット食品は巷に溢れすぎてるので、どれを選べばいいかわからないですよね。今回はダイエットインフルエンサーのりこさんに痩せる食材や飲み物を聞いてみました。ダイエットに成功してる人の意見なので、効果が保証されてるものばかりですよ。

「#きれいであたまよくなる」美女インフルエンサーりこさん

一念発起してダイエットに成功し、体重40kg前後をキープ。Twitterフォロワー2.2万人のインフルエンサー。自身のnoteではダイエットの成功談やノウハウを記載している。現在は行政書士事務所を開業し、行政書士として活動中。

ダイエットに効く食べ物は?

「本気で痩せたいけど、カロリーが低くて美味しいものを食べたい…」


ダイエットに効果がありつつも、美味しくて満足できるものを食べたいですよね。


りこさんにダイエット中食べてたものを聞いてみました。


美味しくてお腹も膨れるダイエット食を知りたい方は必見です。


『#きれいであたまよくなる』りこさんバックナンバーはこちら▼

小麦ファイバー/ソイファイバー

ーーーダイエット中は、主食でどんなものを食べてたんですか?


りこさん:小麦ファイバーとソイファイバーをメインで食べてました。


ソイファイバーは100gで64kcalという破格のカロリーの低さです。


それよりもすごいのが小麦ファイバーで。小麦ファイバーは糖質がほとんどなく、100gでわずか7kcalです。


ーーーカロリーの低さがすごいですね!ソイファイバーや小麦ファイバーはどのように使用するんですか?


りこさん:おからパウダーと同じように使うことができます。食事やデザートに混ぜたり。


ただ、不溶性食物繊維なのでたくさん食べると腸の中で固まるので注意ですね。


合わせて読みたい▼

カリフラワーライス

ーーー他には、どんなものを食べてたんですか?


りこさん:白米の代わりに置き換えてたのはカリフラワーライスですね。


カリフラワーを細かくしたもので、見た目は白米そのものです。


ほとんど糖質がないので、卵かけご飯やオムライスに、白米がわりに入れて食べてました。


合わせて読みたい▼

糖質0のチョコレート

ーーー白米の代わりがあるのはいいですね。間食したいときは、どんなものを食べてたんですか?


りこさん:糖質0のチョコレートを食べてました。


特に、ロッテのゼロシリーズは美味しいのでおすすめです。


ただ、丸々食べると太るので1本を半分に割ったり、1日3粒までと決めて食べてましたね。


合わせて読みたい▼

ダイエットに効く飲み物は?

続いてダイエットに効く飲み物を聞いてみました。


ダイエッターりこさんは飲むものもストイック。


飲み物は食べ物よりも胃に吸収されやすいからこそ、飲むものの見極めが大切です。

ーーー続いて、ダイエット中に飲んでたものを教えてください。


りこさん:基本は水だけ飲んでました。ダイエット中も水をたくさん飲んで、お腹を膨れさせてましたね。


食事の前に水を飲んだり、食間も一口ごとに水を飲んだり。


1日で大体1〜1.5リットルの水を飲んでました。

コーヒー

ーーーなるほど。お水の他に飲んでたものってありますか?


りこさん:あとは、コーヒーですね。お砂糖の代わりに、エリスリトールを入れて飲んでました。


カロリー・糖質0なのでエリスリトールはいつも常備していました。


合わせて読みたい▼

お酒はどんなものを飲めば良い?

「ダイエット中でもお酒は飲みたい」


お酒が好きな人や、お酒の席が多い人はアルコール断ちが難しいですよね。


りこさんは元々お酒が好きで、しょっちゅう飲んでいたようです。


そんなりこさんが選んで飲んでいたお酒はなんなのか、聞いてみました。

ウイスキー・焼酎・白ワインが好き

ーーーお酒はどんなものを飲めばいいですか?


りこさん:糖質が低いもの一択ですね。例えばウイスキー、焼酎、白ワインなど。


私は基本的にハイボールしか飲まないですね。


ただ、糖質が低いお酒は度数が高いことが多いので、飲み過ぎには注意です。

カクテル系、日本酒、ビール類はNG

ーーーなるほど、勉強になります!逆に「これは飲んではいけない」というお酒はありますか?


りこさん:カクテル系、日本酒、ビールなどの糖質が高いお酒はNGですね。


どうしてもカクテルを飲みたいときはジンやウォッカベースのものだと糖質が低いのでおすすめ。


あと、白ワインでもスパークリングワインなどのスプマンテ系は糖質が高いので注意です。

Next→ガリガリになってから、周りの反応はどう変わったのか

『#きれいであたまよくなる』りこさんバックナンバーはこちら▼


この記事の編集者は▼

関連記事