デートの支払いで「割り勘」を提案する男性の心理とは【男の本音】

タイトル

「デートの支払いで割り勘を提案する【割り勘男子】はナシ」勝手な女性の決めつけで自分のお財布が減っていくのは不可解。男女平等ならデートの女性も支払いをすべき?モテるために奢る男性になるべき?割り勘男子がアリかナシかは置いといて、男性が「割り勘したいと思う気持ち」の本音に共感して。

割り勘のアリナシはともかく

気になる女性や会社の同僚とのデートで《男性が割り勘を提案する》。


もちろん女性側からしたら「この人”ケチ”だな」とか「割り勘を提案するような男はナシ」とか、思うところはあるでしょう。


「割り勘男子はアリか、ナシか」の話は一旦置いておいて、女性側の意見はもちろん聞いた上で「奢るか・奢らないか」は男性が選ぶことじゃないでしょうか。


男性諸君、割り勘する男性の本音に共感して


合わせて読みたい▼

割り勘する男性の本音

「割り勘男子はナシ」なんて言われても、奢りたい気持ちがあってもできないか、「奢ってあげる」という意識がそもそもない男性もいます。


「男性が奢って当たり前」なんて、勝手な意識の押し付けはしないで欲しいところですよね。


《男性が割り勘を提案する本音》をご紹介します。

お金がないから

正直なところ、”奢らない理由”のほぼ全ては「お金がないから」で完結します。


「単純に生活費に不安がある」「今後のデートのことも考えるとお金がない」など…。


自分の金銭事情が厳しいと、相手の分まで出してあげる余裕がなくなってしまうのです。


もちろん、”お金がかかるデートに誘った男性側が悪い”と言われればそこまでですが…。

特に意識していない

「割り勘の方が良い」とか「奢る方が良い」とか。《男女のどちらが奢るべきか》なんてどっちでも良い。


自立した男女ならそもそも《自分の分は自分で払うべき》


「自分が割り勘したければする」「気分が良い時だけ奢る」がベストですよね。


特に普段から女性とのデートに慣れていない人は「割り勘とかどうでも良くない?」という考え方に至りがちです。


合わせて読みたい▼

友達感覚な相手だから

可愛い女性や狙ってる女性ならまだしも、恋愛感情を持っていない女性にまでかけるお金はありません。


友達同士で常に奢ることはないように、友達感覚な女性には奢らないものです。


いちいち奢っていたら男性のお財布にも負担がかかっていくらお金があっても足りないでしょう。


それこそ橋本環奈や新垣結衣のような美女ならともかく、男として「誰に奢るか」はシビアに見極めるものですよね。


合わせて読みたい▼

初めての食事やデートなら出す

「初デートは印象良くしたいから」初めて会う時や2回目くらいまでのデートは奢るパターンも。


既に距離感が掴めている親しい女性ならともかく、初めてのデートで盛り上がったのであれば相手の分まで食事を奢るのは当然。


「もう気持ちは掴めているし、奢らなくても大丈夫」な3回目のデートあたりから割り勘を提案することってありますよね。


合わせて読みたい▼

居酒屋くらい割り勘でいい

たまには女性から「いつも奢ってもらってるし、私も出すよ」と言って欲しいですよね。


誕生日や記念日等の”特別な日に誘ったデート”や”初デート”ならともかく、”普通の日のデート””仕事終わりの飲み会”まで奢る必要はないのでは?


今はLINEPay等のスマホ決済で《割り勘推奨文化》も広まっているので、割り勘することはそこまで悪いことではないでしょう。


普段の飲み会は敢えて割り勘にすることで、たまに奢るくらいが「特別感が出て良い」という高等テクもあります。


デート予算が高すぎる

彼女が「行きたい」と提案したところにデートに行くのは良いけれど、予算オーバーなテーマパークやレストランに行きたいと言われたら困ってしまいます。


デート代を出してあげたい気持ちはあるけど、お財布事情として現実的に厳しいところも。


「言い出したのは彼女なのだから、自分の分くらい出して欲しい」と、つい思ってしまいます。

デート中に”ナシ”判定したから

どんなに綺麗な女性でも、どんなに可愛い彼女でも。デート中に「奢って」感が見え見えだと奢る気が失せるのは当然。


男性からの割り勘の提案は「相手の女性を測る”ものさし”」なのです。


彼女が自分一人なら絶対に行かないような高級店をおねだりしたり、わざとお高めなメニューを頼んで「私支払いしないから感」出す女性はどっちにしても地雷臭がしますから。


「奢るのは当然」という意識を男性が持つのは当たり前かもしれませんが、だからと言って「奢ってもらって当然」と女性が思うのは違います。


合わせて読みたい▼

長続きするカップルは割り勘するもの

彼女も働いているのに、自分が払い続けるのはなぜ?


対等なカップルなのに男が払い続けることに違和感を持つ人は多いはず。


確かに長続きするカップルは「お互いに対等な関係」を重んじているもの。対等ならば「支払いもきちんと対等にするべき」


長続きするカップルほど「支払いもきちんと分けるべき」という意識をしっかりと持っている傾向があると言えるでしょう。


合わせて読みたい▼

不倫する時は割り勘

お互いにやましいことがある《不倫》。相手との関係は”遊び”だから割り勘という人もいます。


主に食事代ではなく、ホテル代を割り勘する傾向にあります。


あまりも高い支払いがあると家計を管理している奥さんにバレる可能性も。


奥さんバレを防ぐためにも、割り勘は必然なのです。


1〜2回の短期的な不倫ではなく、長い間関係が続いているほど割り勘率は増えていきます。

奢る男の心理

割り勘男とは反対に「毎回奢ってくれる男性」も存在します。


毎回女性の分の支払いを持っていると、お財布が大丈夫なのか心配になりますが…。


割り勘推奨な男性とは真逆の《奢る男性の心理》もチェックしておいてください。

デートで女性に支払いをさせたくない

奢る男性の心理として「デートのお金は男性が出すもの」という”当然意識”があります。


中には「女性は僕とのデートに来るために美にお金を使っているのだから」という”イタリア紳士”な意識を持つ男性も存在するほど。


男女では経済的にも格差があるのは事実。


女性のお財布事情も気にしてデート代を出そうとしてくれているのです。

女性の前では見栄を張りたい

”奢るという行為”は懐に余裕がないとできないもの。


奢ることで「経済力」という力を見せて、見栄を張りたがる男性もいます。


女性の前だけカッコつけると「あいつ女性の前だけいいカッコしてるんだ」と周囲に思われるかもしれません。


しかし見栄を張りたがる男性は「フェミニスト」という噂を流してもらい、結果的に良い方向に進むことを狙えるので、特に気にしていません。


支払いを気にしてない

会話が楽しすぎて、支払いなんて気にしていない男性もいます。


クレカ支払いに慣れていたり、お財布に余裕がある人なら”金額をほとんど見ずに会計を済ませる”なんて日常茶飯事。


人付き合いに対して投資を惜しまないタイプなので「割り勘云々なんてどうでも良い」と思っているのでしょう。


合わせて読みたい▼

高級レストランを安く予約する

「奢りでも良いんじゃないか」とはいえ、『見栄を張りたい』のもまた事実


高級レストランや高層レストランで女性を口説きたい…という男性には『一休.com 』がおすすめ。


一休のサイトならデートにおすすめのレストランも検索できる ので、一度チェックしてみて安かったら「○○ってレストラン知ってる?」と誘ってみる口実作りにもなります。

お金は大切に

割り勘を提案する男性は確かに存在しますが「割り勘が悪い」という訳ではありません


むしろ誰彼構わず奢る人よりも、堅実にお金を使っているので「やりくり上手」とも言えるでしょう。


しかし”デート代をさらっと支払ってくれる男性”は男女どちらから見てもカッコよく映るもの。


毎回奢る必要はありませんが、たまには女性の分のお金を出してあげると好印象を持たれやすいのでグッドです。


合わせて読みたい▼


▼この記事の編集者は

関連記事