昼夜逆転の治し方|アフターコロナの夜眠れるようになる快眠法

タイトル

コロナ自粛で乱れた生活バランス、もう治せましたか?昼夜逆転するとツラいし、仕事もうまくいかないし、うつな気分になっちゃいますよね。崩れてしまった生活リズムは、早めに直すのがベストですよ。アフターコロナに負けない、昼夜逆転の治し方をレクチャーします。

昼夜逆転の治し方8選

コロナで生活リズムが完全に狂ってしまって、昼夜逆転が治らない。


外に出ないから疲れないし、スマホでYouTube見る時間伸びて、つい夜更かし。


一度、生活バランスが崩れてしまうと、改善するのは大変ですよね。


学校でも仕事場でも。遅刻するし、集中力が持たず、眠い。


今回はアフターコロナで使える『睡眠薬に頼らない昼夜逆転を治す方法』をご紹介します。

朝起きる時間を決める

毎朝起きる時間を決めて、その時間になったらどんなに眠くても起きることです。


毎日続けることで自然と体内のリズムが戻り、夜になると眠気が襲ってくるようになります。


朝なかなか起きれない時は目覚ましのスヌーズ機能をつけること。5分おきにスムーズが鳴れば、だんだん目が覚めてくるはずです。

午前中に予定を入れる

午前に人と会う予定を入れると、無理やり”起きる理由が”作れます。


絶対に寝坊してはいけない…という焦りが生じるからです。


例えば上司との打ち合わせや好きな人とのデートなど。


昼夜逆転が治らない方は、午前中に起きなきゃいけない、起きたくなるようなイベントを入れておきましょう。

一日一回以上外に出る

コロナ自粛期間中って、それこそ「自分はニート」と思うレベルで引きこもっていませんでしたか?


一日中家にいながら、昼夜逆転を治すのは難しいもの。体力を使わないから、疲れないし眠くないのは当然ですよね。


夜早く眠るコツは、一日一回以上外に出て体を動かすこと。予定がない日は近所を10分ほど散歩するだけでも効果があります。


外に出る習慣をつけて体を動かせば、夜になると自然と眠くなるはず。

寝る前にスマホを見ない

寝る前にスマホを見ると、目が冴えてしまい夜なかなか寝付けなくなりますよね。


スマホから出るブルーライトがメラトニンというホルモンを分泌させて、体を昼間だと勘違いさせてしまいます。


夜はスマホを見ないために、手の届かないところに置きましょう。


  • 机の引き出しにスマホをしまう

  • おやすみモードにして通知を切る

  • 家族にスマホを預ける


ちなみにNeedyが一番よく読まれる時間帯は”21時〜0時ごろ”。もし心当たりがあれば、もうおやすみください。

横になって寝ないようにする

眠くて昼寝をしたくなったとしても、横になって寝るのはNG。


横になるとガッツリ寝てしまい、夜になっても寝付けなくなってしまうからです。


どうしても寝たいと思った時は、椅子に座って寝ると寝過ぎないから◎。


座ったままだと首が辛い方は、ネックピローを使うと首の負担を軽減してくれますよ。


眠る体制に気をつけて、夜の睡眠に影響が出ないようにしましょう。

週末の”寝溜め”をやめる

平日にあまり眠れないからと、休日に寝溜めをしていませんか?


寝溜めをすると体内リズムが崩れやすくなり、平日の早寝早起きにも支障が出てきます。


睡眠時間を確保できない人は、睡眠「時間」ではなく「質」を改善すること。


  • 夕食を眠る3時間前に食べ終える

  • 入浴は布団に入る3時間前に済ます

  • 寝る前に5〜10分程度のストレッチをする


短い睡眠時間でも、朝スッキリと目覚めることができますよ。

少しずつ寝る時間を早くする

無理せず昼夜逆転を治したいなら、少しずつ寝る時間を早くすることです。


いきなり早起きに挑戦すると挫折しがちで、続かないですよね。


起床時間を少しずつ早めていくと継続しやすいのでおすすめ。30分ずつアラームをかける時間を縮めていくとカンタン。


今まで10時に起きてたのなら9:30にアラームをセット。

9:30に起きられるようになったら9:00に…と。


そうすればだんだん起床時間も早くなり、自然と昼夜逆転を治すことができます。

徹夜はNG

昼夜逆転を直すために徹夜をするのは、キツいし体にも悪いですよ。


徹夜は睡眠のリズムを崩すだけでなく、集中力や記憶力も低下します。仕事や学校での勉強に影響が出ることも…。


夜に眠れなかった時は、昼寝で体力を回復しましょう。


昼寝なら眠る時間に影響も出ないし、午後の活動の能率も上がります。


その代わり、徹夜した日は早めに布団に入り、早寝早起きができる生活を取り戻していきましょう。

Afterコロナをスムーズに乗り切って

『昼夜逆転を治す方法』を8つご紹介しました。


アフターコロナで生活リズム・睡眠リズムが崩れてしまって、イライラもやもやしている人に届いてくれたら嬉しいです。


日本中がコロナ自粛のストレスで病んでる、イマだからこそ。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事