デリカシーのない彼氏との、”正しい”付き合い方とは。

2020-07-21

#恋愛

タイトル

好きだけど無神経な彼氏にイライラしていませんか?男性のほとんどは『そんなことわざわざ口にする必要ある?』って思わず返したくなるほど、デリカシー皆無。「太った?」「生理?」etc...。そんな人の気持ちを考えられない、デリカシーのかけらもない彼氏との正しい付き合い方をご紹介します。

デリカシーがない彼氏との”正しい付き合い方”とは

どれだけ愛する彼氏であっても、デリカシーがないのは嫌。


わかってはいても、実際に付き合っていると”些細なことすぎて許してしまう”女性がすごく多いんです。


  • 「何にもできないよね」

  • 「生理だからイライラしてるんだね」

  • 「平然とオナラする」


ちょっとイラッとするけど、喧嘩するほどじゃないからガマンしてる。


恋愛は自分が幸せになるためにするものなのに、「イライラに耐えなきゃいけない」っておかしくないですか?


彼氏のことは好きだけど、デリカシーのなさに耐え忍んでいる全ての女子へ。


デリカシーがない彼氏との正しい付き合い方を学んで、「ガマンしない恋愛」を手に入れてくださいね。

デリカシーのない彼氏のイライラ発言

具体的に「デリカシーのない言葉」ってどんな言葉なんでしょう?


デリカシーのない彼氏が思わず発した衝撃発言の数々。「え、ケンカ売ってんの?」ってなる言葉を8つ集めました。


*イライラするので、読み飛ばし推奨です。


ーーー「最近太ったよね」

体型のことは、本当に余計なお世話。


ーーー「おばさんになったね〜」

お前もおじさんになってんだよ!


ーーー「え、そんなこともできないの?」

すみませんね、できなくて。


ーーー「ダサい」

あ、はい。


ーーー「あの子の方が可愛いと思う」

素直に自信なくなるんですけど、、


ーーー「生理だからイライラしてるの?」

はい。その言葉にイライラしてます。口にチャック。


ーーー「言ってる意味わかる?」

わざわざイライラさせる言葉を使う意味は、わかりません。


ーーー(とにかく自慢話ばっかり)

何回目だっけこの話。

デリカシーのない彼氏との付き合い方

そもそも”デリカシーがない言葉”とは「相手への気持ちを考えない言葉」のこと。


「そんなこと”わざわざ”口に出さなくていいじゃん」


と、「言われてちょっとイラッとする」デリカシーのない言葉。


ケンカの引き金にもなりかねないデリカシー皆無なことを言われた時の対処法を伝授します。

冷静になるために一人の時間を作る

デリカシーのない言葉を言われてイライラしたときは、『逃げる』が勝ち


頭に血が上ったまま言い返してしまうと、逆効果でしかありません。


わかっていてもどうしようもない人は、事前に逃げ場を作っておくと良いかも。


例えば「一人で入れるバーを見つけておく」とか、「買い物しに外に出る」とか。


言い争いになってしまわないように、冷静になれる準備をしておくのが賢いですよ。


合わせて読みたい▼

デリカシーのない彼氏と別れる

彼氏のデリカシーがないことに不満を持っているのであれば、もちろん「別れてしまう」のも一つの手…。


でも、デリカシーのない彼氏を持つ女性の多くは『彼氏のことは嫌いじゃない』ことが多いんですよね。


もしデリカシーのなさにガマンの限界がきているのであれば、別れるのもアリくらいに思っておくと良いでしょう。


合わせて読みたい▼

適度にスルーする

ちょっとしたデリカシーのない言葉くらいだったら、流してしまう方が疲れないのでおすすめです。


くだらない冗談や下品な行為は、下手に取り合わずにスルー推奨。


特に自慢まじりな話とか、余計なお世話とかは下手に噛み付くと2倍になって返ってくるので注意。


配慮のない発言や行動にいちいち噛みついていたら、疲れてしまいますよ。


自慢話ばかりする男の心理とは?▼

「こういう彼氏なんだ」と割り切ってしまう

彼氏の魅力がデリカシーのないところ以外にあるのなら、気にせず付き合っていくのも大切なこと。


正直な話、デリカシーの有無は生まれ育ちによるところも大きいので、直してもらうのは大変なんです。


「デートに出かけたら楽しい」「見た目が好き」だからムカつく所には目をつぶるなどなど…。


もし「ちょっと気になるかも?」くらいのデリカシーのなさなら、割り切ってしまうのも一つの手段ですね。

デリカシーを身につけてもらう

どうしてもデリカシーのなさが気になる、でも好きだから別れたくない。我慢もしたくない。


なら、彼氏にデリカシーを身につけてもらうしかありませんよね。


デリカシーを身につけさせることは並大抵ではありませんが、じっくり時間をかければ直ります。


ぜひ記事を読み進めて、無神経な彼氏をデリカシーのある紳士に変えていきましょう。


合わせて読みたい▼

彼氏にデリカシーを身につけさせる方法

「彼氏から無神経な話をされたくない」と悩んでいる方に向けて、彼氏にデリカシーを身につけてもらえる方法をまとめました!


イライラする彼氏にお困りの女性は、ぜひ参考にしてみて。

デリカシーは”なかなか身につかない”と覚悟する

まず始めに、デリカシーはそうカンタンに身につかないと覚悟しておきましょう。


人の気持ちを考えることは性格に近く、生まれ育った環境も影響しているものです。


言われてすぐに改善できるような人は、そもそも無神経じゃありません。


気負う必要はありませんが、気長に直していく必要アリとだけ覚えておいてください。


合わせて読みたい▼

「自分が言われたらどう?」相手の気持ちを考えさせる

ムカつく発言をされてしまったら、「自分が言われたらどう思う?」と尋ねてみましょう。


「自分が言われたら」と仮定すると、嫌な思いをしていることを考えるきっかけを作れます。


中には「俺は平気だけど」と言われることもありますが、「あ、こいつはヤバい」と気づくきっかけになるのでOK。


合わせて読みたい▼

「それめっちゃ嫌」素直に傷ついたことを言う

傷つくことを言われた場合などは、直接「それめっちゃ嫌」と素直に伝えてみてください。


嫌な言葉はストレートに”嫌”と言わないと、相手には伝わりません。


今まで何も考えていない可能性があるので…。


嫌なものは嫌と言える関係の方が、恋愛は長続きますよ。


合わせて読みたい▼

何が嫌で、何が嬉しいか伝える

デリカシーは「人の気持ちを考える」ことですが、そもそも人の気持ちなんて分からなくて当然なんですよね。


「私の気持ちくらい察してよ」じゃなくて、「これされたら嫌。これはされたら嬉しい」と伝える方が早いです。


もちろん言えばスグに改善されるわけでもないので、何度も伝えるのを忘れないように。


合わせて読みたい▼

注意:友達の彼氏と比較するのはNG

彼氏に対して「友達の彼氏はもっと気遣いができるのに!」と言ってしまいがち。


しかし、友達の彼氏と比較するのはおすすめしません。


見ず知らずの人間と比較されたら、誰だって嫌ですよね。他の誰かと比べるのはNGです。


合わせて読みたい▼

デリカシーのない彼氏と「別れたい」なら

デリカシーを身につけてもらおうと頑張っても、まったく改善されない彼氏とは別れたくなりますよね。


イライラしちゃう多い彼氏と、ずっと一緒にいる必要はありません。


「ムカつく彼氏と別れたい!」と考えているならば、下記の記事を参考にしてみて。


彼氏と自然に別れる方法はこちら▼

結局は自分が変わるか、彼氏が変わるか

デリカシーがない彼氏との付き合い方をご紹介しました。


結局のところ、デリカシーのなさは彼の個性の一つ。


どうしても嫌なら彼が変わるか、自分の考え方を変えるしかありません。


デリカシーのある男の方が、レアなので。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事