デート後にケチ男と言われないためのお金の使い方【割り勘彼氏はナシ?】

タイトル

奢らないだけで「ケチ」認定されてしまうことのある”支払い問題”。きちんと奢ってもケチと呼ばれてしまう人もいれば、割り勘を提案してもケチと呼ばれない人もいるんです。「ケチ男」と呼ばれないための”割り勘術”を身につけて面倒な支払いトラブルにさようなら。

割り勘彼氏はアリ?ナシ?

度々男女の間で話題になる「割り勘アリナシ問題」。


奢ってもらう側の女性と奢る側の男性で意見が異なるのは当然のことでしょう。


女性は「奢ってほしい」という気持ちが少なからずあるけれど、男性によっては「奢りはキツイ」と考える人も。


女性と男性で「割り勘」に対する意識はどのくらい違うのか整理してみました。

奢りに対する女性の本音

「デートの支払いは男性が負担して欲しい」


奢って欲しい気持ちを持つ女性は多いです。


女性側の勝手な意見かもしれないけれど、女性の本音は「男性の気持ちを知りたい」から。


もちろんお金のやりとりや立場の対等さは理解した上で、奢って欲しいと感じる女性の心理もチェックしておきましょう。


合わせて読みたい▼

誘ってきたなら奢って欲しい

「男性側から誘ってきたデートなら、奢って欲しい」と考える女性は多数派でしょう。


少なくとも好意を持って接してきたのであれば、お金を払ってでもデートに行きたいと思ったんじゃないのか…と女性は思ってしまいます。


しかし、女性側は「この人ちょっといいかも?」と思ってるだけで、「デートについて行った=好き」ではない時もあります。


男性側は勘違いしないように注意しましょう。

大切にされている感

男性に奢ってもらうことで「自分にはお金を払う価値があるんだ」と思いたいのです。


男性がお金を払ってまで自分に好意を向けてくれることで、承認欲求が満たされます。


「自分にコストをかけてくれる」という安心感を求めているので、自分に自信がない女性ほど”男性からの奢られ度”で気持ちを測ろうとします。

カッコいいところが見たい

気風良くレストランでデート代を払う男性は同性から見ても異性から見てもカッコいいですよね。


お互いをアピールするデートの時くらい、カッコいいところを見せて欲しいものです。


もっと言えば、男性のカッコ悪いところを見たい女性なんていません。


見栄を張ったカッコつけでも良いので、少なくとも自分の前では”男性のカッコいいところ”を見せつけて欲しいのです。


合わせて読みたい▼

奢りに対する男性の本音

”女性に奢るかどうか”の選択肢は男性にあります。


相手に伝わるかはともかく、男だって”奢りたくない”本音はあります。


男性の本音としては「後々の良好な関係を築きたいから」。


女性と良い関係を続けていきたいからこそ、あえて奢らない男性も存在するのです。

対等でいたいから

奢らない男性の心理として「長続きするカップルは支払いが対等」だと思っているケースも。


付き合う前のデートはあくまで個人と個人の付き合い。


”男性側が多く払わなければいけない”などのルールは存在しません。


中には「女性が奢られ慣れる」のが嫌だという男性もいます。


”奢ってあげるのは当たり前”ではないので、女性側にも対等な関係という意識を持ち続けて欲しいと望んでいます。

奢ってもらう気満々だから

デート中に奢ってもらう気満々な女性を見ると、さすがに男性側も奢る気が失せるもの。


奢りたくなるくらい魅力的な女性ならまだしも、”奢ってくれオーラ”が出てる女性は近づきたくありません。


会計時に財布を出す素振りすら見せない女性は、男性側からしても奢ってもらう気満々にしか見えずに気持ちが萎えるものです。

純粋にお金がないから

そもそも無い袖は振れないです。


今後のデートや先々のデートまで考えると支払いが厳しいと見る男性も。


特に学生カップルや新社会人成り立ての人はお金がありません。


デート代を出してあげたくても金銭的に厳しいというのが現状。


純粋にお金がないので、奢ってあげたくても奢れないのです。


合わせて読みたい▼

ケチと言われる原因

同じ金額を払っているのに。奢っていない訳ではないのに。


”ケチ”と言われる男性には共通する原因があります。


女性の分まで奢っていても、恩義せがましく「奢ってやった」なんて言われると一気に”ケチ”の印象がついてしまうように。


ケチと言われる言動・態度をチェックしてみてください。

デートプラン全体にお金をかけない

デートは”レストラン”や”ホテル”だけにお金を使うわけではありません。


プレゼント、交通費、テーマパークの入場費etc…。


プレゼントや食事代などピンポイントでお金を使ってくる人は、逆に他の支払いが疎かになります。


せっかく見栄を張って女性を良いところに連れて行っても、総合点がマイナスだと「ケチ」の印象がついてしまうのです。

「無料」「割引」に飛びつく

レストランに置いてある「無料で使える調味料類をガンガン使う」「ガムシロとかを持ち帰る」。


さすがにここまでする人は少数派だと思いますが、一見してケチだなと思う行為をすればケチ男認定されても仕方ないでしょう。


もちろん理解のある女性もいますが、全員がそうとは限りません


普段はともかく、気合の入ったデートや口説くためのレストランでクーポン券を出されたらドン引きされてもおかしくないです。


本当に根っからケチ男にありがちな習性。普段から習慣になっている人は気をつけましょう。

彼女に自分の分を払わせようとする

割り勘までならともかく、彼女にデート代を払わせようとするのは”ケチ男認定”されてしまっても仕方ないでしょう。


たまたま一回奢ってもらう程度なら別ですが、頻繁に彼女に払わせようとする姿を見るとさすがに…。


彼女だけじゃなく友人にも払わせようとすると決定的ですね。”人に奢らせるケチ男”と瞬く間に噂になるでしょう。

必要なものにお金を使わない

自分の好きなものや趣味にはお金を使うけど、彼女にはお金を使わない男性っていますよね。


自分勝手なお金の使い方をする男性はケチな印象を与えます。


特に「他人に対してお金を使わない男性」


人付き合いにお金をかける人ほどゆとりがあるように見えるのは必然です。


自分のことしか考えていない男性は、”ケチ男認定”され自然と人が離れていきます。


合わせて読みたい▼

恩着せがましい

割り勘して男性側が一円でも多く払っていると、恩着せがましく「俺の方が多く払ってやった」なんて言い出す人もケチな印象を与えます。


仮に全額奢ってくれていても「奢ってやった」と繰り返し話題にされたら、折角の奢りもマイナスイメージです。


「なんならクレカのポイントついてるから男性の方が得してるじゃん…」ってことも。


どちらにしても「奢ってやったアピール」をする男性に良い印象は持たないですね。

いちいち値段を確認する

デート中に何をするにしても値段を確認してしまうのは、ケチ男の悪い癖。


特に一円単位まで細かく気にする男性は即”ケチ男”認定されてしまいます。


中にはレストランで食事をする際にメニューの値段ばかりが目に入ってしまい、果ては自分がどのくらい食べたかまで計算するケチ男も。


いちいち値段を細かく計算されたら、楽しい食事の場も台無しですよね。


合わせて読みたい▼

ケチと言われないための対策法

お金は使いたくないけど、ケチとも言われたくない。


そもそもお金ないから支払いを抑えたい。


支払いのタイミングや会計のやり方を工夫すれば、同じ金額を払ってもケチと呼ばれません。


ケチと言われないお金の使い方をご紹介します。

価値観を合わせる

相手の女性によっては「奢られること自体が嫌」という価値観を持つ女性もいます。


もちろん全員ではありませんので、必ず「相手の価値観」を確認しておくこと。


女性によっては「え、そのくらいだったら払うよ」という金額もあります。


例えばコンビニでの買い物や、ちょっとしたカフェ代など。


お財布に負担をかけない金額ならば、むしろ女性に払ってもらった方が女性側も気が楽な可能性も。


女性に「奢ってもらってばっかりで悪いな」と”思わせない”のも余裕ある男性のクールな対応です。

会計時に魅せる

お金は見るだけで意識が現実に引き戻されてしまいます。


避けるためには「そもそも会計やお金を見せないこと」


会計のタイミングを調整して、事前に決済しておくのが最良。


事前に席を用意しておく際にネット支払いで会計を済ませておけばよりスマートです。


どうしても店舗での支払いを避けられないのであれば、かっこいいクレカを使ってテーブルチェックしましょう。


かっこいいクレジットカードはわざわざ見せなくても、どうしても自然と目に入ってしまうものです。

上級者テクニック:トイレに立つタイミングで済ませる

デキる男性は《気づいたら会計が済んでいる状態》を作ります。


「相手の女性がトイレに立ったタイミング」や「自分がトイレに立ったついでに」支払いを済ませることで、会計で戸惑うリスクを減らし、スムーズなデートを楽しめます。


コツは《絶対に会計金額を見せないこと》。


見せつけると途端に恩着せがましくなり、高い金額を払っていたとしてもケチに見えてしまいます。

デート全体の予算を落とす

20代カップルの平均的なデート費用は二人合わせて《4,000〜8,000円》程度。


もちろん会う頻度によりますが、一般的には週に1〜2回程度のデートが平均的でしょう。


よほど特別な日でもない限り《ディナー+αで二人で8,000円》を頭に入れておけば十分楽しめます。


ホテル代も入れるならもう少しかかってしまいますが、堅実にいくなら食事程度なら予算1万円を見ておくこと。

おすすめは平日夜orランチデート

平日デートはお店やレジャー施設が比較的空いていて、安い店舗が多いです。


平日夜はディナーだけじゃなくてレジャー施設も割引されてるところが多いので、お金をかけずにデートをすることができますよ。


もしくはランチもおすすめです。


ディナーでは手が届きにくいお店でもランチなら二人で3,000円を超えることはないし、「ランチで1,000円超え」自体に箔があります。


工夫をすればデート代を抑えたデート方法はたくさんありますよ。


合わせて読みたい▼

デートを断る

どうしても予算と相手の女性に対する気持ちが噛み合わない場合、デートを断るのも一つの手。


”誰にでも奢る男性”が必ずしもモテるわけではありません


誰にでも良い顔をしていると、逆に軽率な男性に見えることもあります。


一度断る勇気を持ってしまえば、2回目は簡単。”断り慣れる”のも良い男になるには必要な手段です。


合わせて読みたい▼

”奢る”と”ケチ”は別問題

”ケチ”や”ケチ男”と呼ばれるか、”やりくり上手”や”倹約家”と呼ばれるかはあなた次第


自分の気持ちさえ自制できれば奢らずともケチとは呼ばれません。


スマートな支払い方法を覚えて女性の心も同僚の信頼も得られる男性になってくださいね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事