見栄っ張りを直す方法【同僚の分まで飲み代を奢ってる人へ】

2019-07-21

#メンタル

タイトル

本当は嫌なのについつい見栄を張ってしまうあなたへ。辞めたいと思っていてもつい見栄を張ってしまい、奢り役ポジションになっていませんか?今回は《見栄っ張りを直す方法》をご紹介します。見栄っ張りを直して、生きやすい毎日を送りませんか?いつも見栄を張ってばかりいると、お金も時間も無駄になりますよ。

見栄っ張りは直せるの?

「職場の飲み会で奢る」

「高いブランドアイテムを身に着ける」


見栄っ張りはとにかくお金がかかるし、癖になりがちです。


自分の分だけ払えば¥4,000の飲み会でも、後輩の分まで奢ったら倍。明らかに無駄ですよね。


さらに、お金のことで悩む時間も無駄になります。


一度身についてしまった癖は、そう簡単には変えられません。


しかし、癖も性格も同様に《時間をかけて直す》ことはできます。

そもそもなぜ見栄を張ってしまうのか?

まずは見栄っ張りの原因を知りましょう。

自分に自信がないから

見栄を張ってしまう人は、実は自分に自信がない人が多いです。


辛い過去に戻ってしまわないように見栄を張り、自分を相手にとって”必要な存在”に見せたいから。


  • 自分の立場を馬鹿にされたことがある

  • つい他人と自分を比較してしまう

  • お前は役立たずだと言われた


見栄を張ることで、自分の自信のなさを隠してしまうのです。


自己肯定感が低い人の特徴とは▼

孤独感が強い

「幼少期に親から見放された」「友達から距離を置かれた」


他人から拒絶された、孤独になった経験があると心に強い孤独感が残ります。


孤独感を和らげたいがために、身の丈以上のブランドモノを買って注目を浴びたがるなど…。


人の関心を引くために見栄っ張りになる傾向があります。


かまってちゃんレベルをセルフ診断▼

他人の目ばかり気にしているから

他人からの評価や他人の目ばかり気にしていると、見栄っ張りになってしまいます。


「他人からバカにされたくない」

「〇〇したら人にどう思われるだろう」


他人からの評価を主軸にしているので、他人に見下されたくない一心で見栄っ張りになってしまうのです。

見栄っ張りを直す方法

見栄を張らなくなると心にゆとりができてもっと生きやすくなりますよ。

器を大きくする

器の大きな人は見栄を張って、必要以上に「自分を良く見せよう」とはしません。


対して器の小さな人ほど他人を蹴落として自分を良く見せようとします。


他人を蹴落として自分を優れた人に見せる「ネガティブ思考」がみっともないのは、あなたが一番知ってるはず。


「他人は他人」と割り切り、自分のやるべきことやできることに集中していれば、自然と見栄を張らなくなってきます。

見栄っ張りの原因を考える

そもそもなぜ見栄を張ってしまうのか。一度立ち止まって考えてみましょう。


見栄を張ってしまう原因のほとんどは「自分をよく見せたい」というエゴと「立場を守りたい」というプライドです。


「人より良いものを持ってないと自分に価値がない気がする」「人より上にたってないと惨めな気持ちになる」


こういった原因に気づくだけで見栄を張ってしまう理由がわかります。


見栄を張ってしまう原因をじっくり考えてみると、無理をしてまで見栄を張る必要はないことに気づけますよ。

無理に目立とうとしない

無理に目立とうとしてブランドバックを買ったり、飲み代を職場の後輩の分まで奢ったりしている人へ。


自分の身の丈以上のことをしていると金銭面でも苦しくなっていくし、身分不相応のものをつけていても見苦しいだけ。


背伸びせず、今の自分に見合った立ち振る舞いをしているだけでも十分魅力的ですよ。


合わせて読みたい▼

見栄っ張りを直して自分らしく生きよう

「自分を良く見せよう」と見栄を張ってばかりだと、心が疲れるだけです。


常に人と比べて他人からの注目待ちをしていると「器が小さい人」に見えるし、何よりかっこ悪いです。


見栄っ張りを直して、より自分らしく生きやすい人生を手に入れてくださいね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事