サバサバ女子の特徴と偽物との見分け方まとめ【偽サバサバ女に注意】

2019-08-02

#メンタル

タイトル

《サバサバ女子》はさっぱりとした性格から周囲に愛され、男女問わず慕われています。そんなサバサバ女子はどんな特徴があるのか。性格・LINE・ファッションの観点からご紹介。偽物サバサバ女子の特徴も挙げているので、本物か偽物かを見分ける指標にもなりますよ。

サバサバ女子とは

「サバサバ女子の媚びない”凛とした”姿に憧れる。」


「サバサバ女子」といえば「かっこよくて」「モテる」イメージですよね。


サバサバ女子は言いたいことをはっきり言う性格で、恋愛に対してがっついていません。


女性特有のネチネチして陰口を言うタイプとは真逆。


さっぱりとした性格から異性だけでなく”同性からも”慕われています。

サバサバ女子を芸能人で言うと?

サバサバ女子とはどんな人なのかイメージしやすいように《サバサバ女子を代表する芸能人》をご紹介します。

北川景子さん

女優【北川景子さん】はまさに《サバサバ女子代表》。


北川さんはドラマや映画の収録がすべて終わると、台本などをどんどんシュレッダーにかけて処分していくのだそう。


夫のDAIGOさんが「大丈夫、それ大事じゃないの?」と心配になって声をかけると、


「私に過去はいらない。」


とドラマの決めゼリフのような一言を言い放ったとか。


過去は引きずらずバッサリ切り捨てる。まさにサバサバ女子の代表格ですね。

菜々緒さん

モデル、菜々緒さんは結婚に対する意識がサバサバしていると話題を呼んでいます。


きっかけは某番組の収録で菜々緒さんが「結婚式しなくていい人と結婚したいです」と発言したこと。


また、結婚披露宴の写真や婚姻届すらいらないと告白。


結婚は女性の憧れですが、結婚や式に対する憧れが一切ない姿が「サバサバしている」とネット上で反響を生みました。

サバサバ女子の特徴

サバサバ女子の特徴は「ネチネチしていないこと」。決断する時も発言する時もしっかりとした物言いをします。

あっさりした性格

サバサバ女子は「人の失敗を細かく気にしない、あっさりとした性格」が特徴的です。


小さなことを気にしないので男女問わず慕われています。


人の失敗を”いつまでもネチネチ言って問い詰める”なんてことはしません。


物事に対してはっきりとした意見を言います。


”オブラートに包んで話す”より「ダメなものはダメ」とはっきり言わないと気が済まない性格な人がサバサバ女子と言われます。

陰口や悪口を言わない

サバサバ女子ははっきりとした物言いをしますが「悪口や陰口」は言いません。


女性特有の粘着質な物言いはせず、相手に嫌なところや直して欲しいところがあったら影ではなく本人に直接伝えます。


「他人の悪口を言って株をあげる」なんて陰湿なことをしないからこそ格好いい。


《裏表がない姿》に憧れを抱く人も多いですよね。

基本的に明るく、ポジティブ

サバサバ女子は小さなことや悩みに囚われないためネガティブになることは少ないです。


端から見ても「うじうじ悩んだりせず、すぐに答えを出す」ため決断力があるように見えます。


もちろんサバサバ女子本人たちが「悩んでいない」訳ではありません。


本人なりに悩んではいますが普通の人より”決断スピードが早い”のが特徴です。


また暗い表情を人前に見せることは少なく、太陽のように明るい笑顔でいることが多いので、周囲からは「明るい人だ」と思われています。


合わせて読みたい▼

他人に干渉しすぎない

サバサバ女子は他人に干渉しないし、他人からの干渉も避けたがります。


人が嫌いというわけではなく、”過干渉を嫌う性格”の人が多いのです。


他人に詮索をしない代わりに他人からの詮索は避けたがり、少しドライな人間関係を望んでいます


プライベートな情報を出しすぎないから、自然と《ミステリアスな雰囲気が滲み出る》…。


サバサバ女子のことをもっと知りたいと思う方は少なくないでしょう。

どちらかと言うと中性的

サバサバ女子は「女性であること」を武器にしません。


男性に甘えたり誘惑したりはせず、「女性だから」を言い訳に仕事に手を抜くこともありません。


また、LINEのメッセージもあっさりした短文やスタンプが多く、ダラダラとした長文は送りません。


中性的とはいえ、わざと男っぽい振る舞いをするわけではなく「女性特有の甘さがない」という表現が一番当てはまりますね。

露出度の高い服は着ない

サバサバ女子は”女性”を武器にはしないため、露出度の高い服をわざわざ着ることはありません。


むしろ綺麗目な服を好み、「膝丈のスカート」や「シンプルなシャツ」といった《女子アナ系ファッション》に身を包んでいます。


サバサバ女子は清楚な佇まいでいることで狙わずとも男性のハートを射止められることを知っているのです。


合わせて読みたい▼

グループに属さず、群れない

女性特有のグループや派閥を嫌い、《一人でいることを好む、一匹狼》気質があります。


「女性とつるまない」からといって「男性と一緒にいたがる」というわけではなく、「単純に群れるのが好きじゃない」のです。


人を避けているのではなく、むしろよく関わる機会が多くても…。


必要以上に人を寄せ付けないので群れることはありません。


《人付き合いはきちんとしながらも、面倒臭い裏側部分は避けている》ので人間関係のストレスはあまり溜めこまないです。

偽サバサバ女子の見分け方

サバサバしているように見せて《男性の気を引こうとする承認欲求の塊》のような女性。


通称「自称サバサバ女子」や「偽物サバサバ女子」も存在します。


扱いが難しい上に”メンヘラに多い”ので、偽サバサバ女子と関わるとめんどくさいです。


合わせて読みたい▼

批評が多い

サバサバ女子は「他人に対して批評する」ことはほとんどありません。


ですが、自称サバサバ女子は”他人に対して”批評することが非常に多いです。


要するに陰口や悪口を言い、人を批判することで”自己愛”を満たしたがるのです。

グループで群れる傾向がある

通常のサバサバ女子は群れることを嫌いますが、偽サバサバ女子はその逆。


「私サバサバしてるから」と言う割に集団行動が好きで、特に同性グループと常につるむ傾向があります。


「男友達といるのが楽」だと女子会で言う”矛盾”に気づいていない人も多いですね。


合わせて読みたい▼

好き嫌いが激しい

偽サバサバ女子は「好き嫌いが多く、我慢が嫌い」なのですぐわかります。


確かにサバサバ女子も好き嫌いをはっきりと伝えます。


ですが、明らかに”量と質”に問題があるのです。


サバサバ女子は《筋が曲がった事や間違っていること》に対してバッサリと言い、偽サバサバ女子は《自分はこれが嫌いという好み》を攻撃的に言うことが多いです。


「言ったら嫌われるようなことを言うのがサバサバ女子」と勘違いしているので、本当に周囲から嫌われていきます。

ガサツな面が多い

サバサバ女子はあっさりとした行動力が特徴的ですが、決して「暴力的」だったり「乱暴」だったりはしないです。


その点、偽サバサバ女子は物言いがはっきりしているのではなく、乱暴な言葉遣いを使ったり物の扱いが雑だったりします。


「ウザい」「キモい」などの言葉を平気で使うし、物はしょっちゅう壊したりなくしたりの繰り返し…。


倫理観も皆無に近いので、所構わず男性に手を出しトラブルを招くビッチも多いです。

自分でサバサバ女子だと言う

サバサバ女子を「自称」した時点で偽サバサバ女子の可能性大。


本当のサバサバ女子は自分のことをわざわざ「サバサバしている」とは言わないし、まず言う機会もありません。


自分で「サバサバ女子」という心理は、サバサバキャラを身に付けかっこつけたがっているだけです。


合わせて読みたい▼

偽物じゃない、本物のサバサバ女子に憧れてください

裏表がなくさっぱりとした性格の「サバサバ女子」。


老若男女分け隔てなく慕われ、愛されている彼女らに惹かれる気持ちは人類共通です。


「サバサバ女子」と「偽サバサバ女子」


似ているようで全く異なる彼女ら。見分けた上できちんとお付き合いしてくださいね。


合わせて読みたい▼


▼この記事の編集者は

関連記事