スキルがなしのフリーランスが生きていく計画的な方法とは

タイトル

スキルがない状態でフリーランスとしてやっていくのは本当に大変です。スキルなしで独立すると低単価案件に長時間労働は当たり前の過酷な世界。不幸なフリーランスにならないためには事前準備が大切です。これを読んでスキルなしフリーランスが生きていく方法を知っていきましょう。

スキルなしで独立するとしんどい理由

フリーランスとしての働き方は流行ってますが《スキルなしの状態で》独立してしまうと間違いなく詰みます。

即戦力と実務経験を期待されるから

フリーランスに仕事を依頼するクライアントは《即戦力》としての働きを期待しています。


1から育ててもらえる会社員と違い、フリーランスは依頼に見合った仕事ぶりを発揮できないとすぐ契約を切られてしまいます。


契約を切られないためにはスキルが大前提となるし、スキルを磨き続ける必要があります。


また《実務経験があるかどうか》も見られるので、実務経験がないとそもそも仕事を依頼されないという事態に陥ることも。

スキルがなくてもできる仕事は単価が低いから

スキルがないフリーランスでもできる仕事はありますが、そのような仕事は《誰でもできる仕事》なので、必然的に単価は低くなります。


例えば簡単なデータ入力やネット通販での出品代行などの仕事がありますが、これらの仕事は主婦でもできる内容なので《報酬は激安》です。


中には、2時間作業しても報酬が500円のものすら存在します。


単価の高い仕事をやりたければ、スキルは必須条件です。

休んでいる暇がないから

スキルがないフリーランスは低単価の仕事を処理するしかないので、量をこなさないと生活できるほどの収入が入らなくなります。


スキルなしでもがむしゃらに働けば月20〜30万ほどの収入を確保することができますが、その分休みなしの状態で働き続けることになります。


休んでいる暇がないため、《自由でのびのびとしたフリーランス人生》とかけ離れた毎日を送ることになるでしょう。

スキルなしフリーランスが生きていく方法

スキルがない場合は事前準備が重要となってきます。

独立を見据えて1年ほど準備する

「フリーランスになりたい」と決意したのならば、1年ほど準備期間を設けましょう。


会社に所属しながら自分のスキルを磨いたり、フリーランスとしての働き方についてしっかり勉強しておくと良いです。


独立前から綿密な準備をしておくことで、いざフリーランスになってからでも路頭に迷わないで済みますよ。


合わせて読みたい▼

フリーランスとしての方針を決める

準備段階のうちからフリーランスとしての方針を決めておくのは大切です。


フリーランスと一口で言っても職種は様々。


エンジニアになるのか、デザイナーになるのか、ライターになるのかで必要なスキルが変わっていくので自分は何になりたいのか目処を立てておきましょう。


今は月額1,000円程度から始められる資格取得スクールも存在します。


スキルがない状態でフリーランスを目指すのであれば、必要な資格を取得しておくのもおすすめです。

まずは副業から始め、月20〜30万稼げたら独立する

何をやるかという方針が決まったら、いくつか仕事を受注してみましょう。


会社員をやりながらでも仕事の受注ができるクラウドソーシングサービスに登録するのがおすすめです。


まずは副業からはじめてみて、安定的に月20〜30万以上生み出せるようになったら、独立への道のりがより具体的に見えてくることでしょう。


フリーランスとしての働きを諦めてしまう原因で、最も多いのは生活が苦しいから。


先に生活できる分の収入を確保できてしまえば、会社員を辞めても安心してフリーランスとしての一歩を踏み出すことができるでしょう。


合わせて読みたい▼

フリーランスになるなら計画的に

スキルがなくてもフリーランスになることはできますが、ほぼ間違いなく長時間労働と低単価報酬に追われ生活が苦しくなります。


フリーランスになりたければ事前準備が大切


会社員のうちからコツコツ準備を進めておけば、独立後はスムーズにフリーランスとして活躍できるでしょう。


計画的に準備を進めて、フリーランスとして最高のスタートを切ってくださいね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事