彼女の実家に泊まった時にセックスはする?みんなの意見を紹介

2019-09-08

#恋愛

タイトル

『彼女の実家でエッチしたことありますか?』彼女の実家に泊まった時にセックスはして良いのか悩みますよね。我慢するつもりでも、どうしてもシたくなる瞬間も訪れるはず。今回は実家で性欲が我慢できない時の対処法をご紹介。心得ておけば「親バレ」のリスクを回避することもできますよ。

『実家エッチ』したことある?

彼女の実家にお泊まりした時エッチはするかしないか悩みますよね。


彼女の部屋に泊まったとしても、すぐ隣の部屋には家族がいるのは珍しくないです。


エッチをしたければ慎重に行わないと家族にバレてしまいます。


「親バレはしたくない、でも彼女とエッチはしたい…。」


せめぎ合う二つの気持ち。あなただったらどうしますか?

7割弱が「実家エッチ」の経験あり

実家で性行為をした経験のあるカップルは《7割以上》もいると言われています。


特に学生時代は一人暮らしできるわけもなく、彼氏彼女いずれも落ち着いてエッチができる場所はありません。


大半の人は一回くらいは家族に黙って実家でエッチした経験があるそうですよ。

実家でエッチしてしまう理由

人によっては「ホテルでヤればいいじゃん」って思うかもしれませんが、実家でシちゃうのには理由があるんです。


経済的な理由、衝動的な理由、人それぞれですが本能は抑えきれないもの。


彼女の実家でもセックスをしたくなってしまう理由はなぜでしょうか。

お互いに実家住みだから

お互いに実家住みのカップルの場合、他に行く場所がなくて実家で遊ぶ機会が増えているこことも多いです。


そして、そのまま盛り上がってしまうことがあってもおかしくありません。


特に若いうちは彼氏を家族に紹介するのも気軽なもの。


二人で部屋で遊んでいるうちにエッチに及ぶことも多々あり…。


さすがに初回から実家エッチすることに抵抗があったとしても、回数を重ねると罪悪感もなくなっていくのです。

我慢できなくなったから

男女が密室で二人きりになったら、意識せずともムラムラしてしまうもの。


二人でベットに入ってじゃれ合ってたら、性欲スイッチがオンになることもザラ。


密室、ベッド、近距離…。条件が揃ってしまうと、自ずと我慢ができなくなってしまいます。


特に思春期カップルは、男の子が一番”性”に敏感なお年頃。


”性欲を我慢する方が難しい”ので、実家だろうがエッチに励んでしまうのです。

お金がないから

当然ですが、ラブホテルはお金がかかります


都内の平均だと「休憩料金で4,000円」「宿泊料金で8,000円〜10,000円」ほどが相場でしょう。


もちろんお金に余裕があればラブホテルも良いですが、会うたびにホテルに行っていたらお財布も苦しくなるのは当然のこと。


特に新社会人や学生は収入が低いので、ホテル代は痛い出費です。


その点、実家なら無料。高いホテル代を浮かせるためにも、実家エッチを選んでしまうのです。


合わせて読みたい▼

学生だから

ご存知の方も多いと思いますが、ラブホテルは風営法のもとで管理されていて”18歳未満は入室禁止”


未成年の学生カップルはルール上利用できません。


リスクを犯してまでラブホテルを利用するのは危険すぎますし…。


半オープンスペースのカラオケやネットカフェでエッチすることに抵抗がある女性は多いでしょう。


高校生など若いカップルは他にエッチできる場所がないので、必然的に実家エッチを選んでしまうのです。

実家エッチはしない方がいい理由

実家エッチで一番のネックになるのは、どう考えても家族がいること


「家族がすぐ傍にいる」と思うと、落ち着いてエッチを楽しめないですよね。


万が一バレた時には、家族も自分たちもどちらもトラウマに…。


良いことは一つもありません。


実家エッチはしない方がお互いのためにとって良いでしょう。

家族にバレてるから

実家でエッチしていることを自分たちは「バレてない」と思っていても、案外家族にはバレています


経験したことがある方もいるかもしれませんが、事後に家族から


「もうちょっと声抑えてよ」

「妊娠には気をつけな」


と言われることだってあります。


実家エッチは「親バレ」の危険と常に隣り合わせなのです。

音や声でバレる

家族に一番バレやすいのは「音」


”ベッドが軋む音”や”彼女の喘ぎ声”は部屋越しでも聞こえてしまうものです。


家の中の壁は案外薄い上、ドアも完全に密閉されているわけではないので黙っていても音が聞こえている可能性大。


特に”彼女の喘ぎ声”は


「家族に喘ぎ声を聞かれ部屋をノックされる」

「喘ぎ声が悲鳴に聞こえ、家族に心配される」


などヒヤヒヤする事態も起こり得ます。


声を押し殺していても意外と声は聞こえてるもの。


声は「小さく」ではなく「完全に出さない」くらいの気持ちでいないとバレてしまいます。


声を我慢し続けなきゃいけないので、エッチに集中するのは難しいですね。

部屋に入ってこられてバレる

実家エッチで避けたいのは「最中に家族が部屋に入ってくること」。


家族にエッチシーンを見られてしまうと、何も言い逃れできません


エッチのシーンは、見る側も見られる側も嫌な気持ちになるもの。


できれば一番避けたい事態です。


どうしてもエッチをしたかったら家族がいない時間帯にするか、部屋に鍵をかけておくしかないでしょう。


絶対に最中に部屋に入られないよう、念には念を打っておいてください。

事後処理でバレる

どんなに声を我慢しようが部屋に入られないように工夫しようが、使用済みゴムを見られれば一瞬でバレてしまいます


親がゴミ捨てをする時に使用済みコンドームが見つかってバレた…。共感できる人は多いのではないでしょうか。


使用済みゴムは家のゴミ箱ではなく、”ビニール袋”などに入れて外に捨ててくるのが無難。


実家エッチをするのなら、事後にも細心の注意を払わなければなりません

緊張して楽しめないから

エッチしてることが家族にバレたら恥ずかしいやら気まずいやら。


とにかく行為に集中できる環境ではありません。


多くの人は「家族にバレるかもしれない」という緊張感があると気持ちが萎える傾向にあります。


彼女の濡れ具合が悪くなったり、男性の勃ち上がりがイマイチになったり。


安心して行為に及びたいなら、家族がいない場所の方が”絶対に良い”です。

彼女の両親からの印象が悪くなるから

彼女を抱いていることを、最も知られたくない人は《彼女の両親》


エッチのお誘いは基本的に男性からするものだし、彼女の両親もそう認識してるはず。


仮に彼女から誘ってきたとしても「実家で娘をたぶらかすなんて」と思われてもおかしくありません。


悪印象がついた結果…。


実家に上がらせてもらえなくなったり彼女との結婚を反対されたりすることもあり得ます。


彼女の両親に嫌われたくないのなら、どんなにシたくても我慢するのが最良の選択です。

番外編:彼女の実家に行く時の注意点

初めて彼女の実家に行く時はやはり緊張しますよね。


彼女の親にはできるだけ良い印象を与えたいし、失礼なことはしたくありません。


繰り返し彼女の家に訪問しそうなら尚更です。


特に第一印象は大切。彼女の実家に行く前に、「実家に行く時の注意点」をチェックしておきましょう。

到着時間はぴったりにする

遅刻はもってのほかですが、訪問の時間は早すぎても良くありません


訪問のタイミングは約束の時間ぴったりか、2〜3分早めに着くくらいがベター。


もしも早めに着いてしまったら、近くで時間を潰すなどして調整しましょう。


時間を潰すついでに彼女の家族への手土産を選んでも良いでしょう。


無難にお菓子やデザートを持っていくだけでも、喜んでもらえますよ。

彼女の親にしっかり挨拶する

挨拶は基本中の基本。挨拶がだらしないと、彼女の両親から「だらしない子だな」と思われてしまい、印象がマイナスの状態からスタートしてしまいます。


「始めまして、○○と申します。本日はお時間を頂きありがとうございます」


少し硬いですが「自己紹介+時間をとってもらったことに対する感謝の言葉」を添えれば、


”礼儀正しい真面目な人”な印象を彼女の両親に与えることができるでしょう。


相手の目を見て笑顔でハキハキ挨拶できると、さらに好印象ですよ。

清潔感のある格好をする

彼女の両親に悪い印象を与えないためにも、服装は清潔感のあるものを選びましょう。


襟付きのシャツやジャケットを羽織れば”真面目な印象”に。もちろん髭はきちんと剃り、髪型も整えるのは当たり前。


間違っても無精髭を生やしたままや、ボサボサの髪型のままで彼女の実家には行かないでくださいね。


第一印象の大切さをもっと詳しく見る▼

彼女だけでなく、家族にも気を使って

彼女の実家でのエッチはリスクが大きすぎる行為です。しかし、理性ではどうしようもなく、抑えられない瞬間もあります。


大好きな彼女と同じ空間にいたら、なおのこと高ぶる気持ちを抑えられないでしょう。


どうしてもシたくなったら、先延ばしして、できる限り冷静になってください。どうしてもするなら慎重に。


何よりも彼女のご家族の気持ちを考えてから、するかしないか考えてくださいね。


この記事もおすすめ▼


この記事の編集者は▼

関連記事