第一印象が悪い場合の改善案とは|印象が悪い男性の特徴まとめ

タイトル

「初対面の場、第一印象で悪いイメージを持たれてしまった…」一度定着した”悪い印象”はなかなか払拭できないものです。だからといって悪いままで良いわけではないですよね。第一印象が悪くなってしまった場合にやった方が良い「改善策」をご紹介します。

第一印象は後の関係性を左右する

「第一印象」は人間関係の第一歩。


成功すれば今後の恋愛や仕事も円滑に進めることができますが、あくまで「成功すれば」の話ですよね。


失敗してしまった場合、避けられるのはもちろん、2回目のお誘いがこないため払拭する機会も稀


「できれば悪いイメージを払拭したいのに…」


一度着いてしまった《悪い第一印象を改善する方法》をお伝えいたします。

第一印象が悪い人の特徴

笑顔がない

「第一印象が悪い人」=「笑顔がない人」と言えるくらい、《笑顔》は「コミュニケーションの基本」。


ぶっきらぼうで不機嫌なオーラが伝わってくると、仲良くなりたいとは思わないですよね。


初対面の”相手のことをよく知らない状態”で「しかめっ面」や「無表情」を向けられると《話しかけづらい人認定》されてしまいます。

威圧感のある見た目

見た目は《コミュニケーションの55%》を占める重要なポイント。


女性の場合は「濃すぎるメイク」や「10cm以上のピンヒール」。


男性の場合は「ぱっと見でわかるタトゥー」や「見るからに高そうなアクセサリー類」。


「相手より優位に立ちたい」という思いよりも《仲良くなりたい》という思いが強いのであれば、なるべく清潔感のある見た目を心がけましょう。

目線を合わせない

第一印象を向上させるためには欠かせない《アイコンタクト》。


「目線を合わせる」という行為は「笑顔」と同じくらい重要です。


「目は口ほどに物を言う」とは良く言いますが、実際”目線を合わせない”だけで表情は見えにくくなるもの。


初対面の席なのに「スマホばっかり見ている」と印象は悪くなるばかりです。


第一印象を良くするための法則とは▼

悪くなった第一印象を払拭する方法

重要と言われている最初の「3〜5秒」を逃してしまって、心なしか引かれている気がする…。


「第一印象を良くする方法」はわかりやすいですが、「悪くなった第一印象を改善する方法」はなかなか難しいですよね。


「悪い第一印象」という”過去”は変えられませんが、改善して好感度をあげることのできる”未来”を手に入れることはできますよ。

第一印象はなかなか変えられない

《第一印象はコミュニケーションの入り口》と言われるほど重要な機会です。


重要と言われるだけあって、失敗した場合「改善するのは困難」であることを頭においておきましょう。


もちろん既に何度も会っていて、イメージが確定してしまった場合は難しいですが…。初対面の「悪い第一印象」は必ずしも《印象は変えられないわけではありません》


合わせて読みたい▼

ギャップルールを活用する「親近効果」

第一印象の良さは「初頭効果」と言われ、大きな影響を及ぼします。


ですが、最初の印象だけで全てが決まるわけではありません。第一印象は”去り際も重要”です


「初対面が悪い」→「去り際が良い」だとギャップが生まれ…。


「怖そうな人に見えたけど、実は優しい人だったんだ」と思わせる『親近効果』と呼ばれる心理効果もあります。

相手の話をよく聞く

会話は「言葉のキャッチボール」と言われるだけあって、きちんと相手の言葉を受け取らなければ成り立たないものです。


話を聞かない人のように《一方的に豪速球を投げつけるだけの会話》は、基本的に嫌われます。


まずは相手の会話に耳を傾け、ちゃんとしたリアクションを取ってください。


相手の話をきちんと聞いて、リアクションを取っていけば…。


最初の印象が悪くても、会話が進む内「去り際までに印象改善できる」可能性はあります。


会話が続かない人の共通点とは▼

既に失敗してしまっているなら「周りの人を取り込む」

初対面の場で失敗してしまった場合は《周りの人の評判を上げる》ことで改善するのがベスト。


悪い印象を放置し続ければ、まだ会っていない人にも広まっていきます。


逆に良い印象を広めてもらえれば、悪い印象を持っている人でも「もう一度くらいなら会っても良いかな」と思ってくれることも。


「知人からの評価」は「あなたの評価」そのもの。日頃から周りの人に「良い人」だと思ってもらえるようにしてくださいね。


周りに選ばれる人とそうでない人の違いとは▼

第一印象を良くする方法

《悪くなった第一印象を良くする》よりも《最初から第一印象を良くする》方が圧倒的に簡単です。


なぜなら「初見で嫌う要素がない対応」をすれば良いのですから。


まず最初に考えるべきは《嫌われないこと》ですよ。

清潔感のある見た目にする

パッと見で「汚い人」というレッテルを貼られてしまうと、その後お近づきになることは非常に難しいです。


清潔感のある見た目》の人を嫌う人はいないので、基本的には清潔感のある見た目を心がけましょう。


男性なら《スマートカジュアル系ジャケパンスタイル》


女性なら《コンサバ系のワンピース》や《カジュアルワンピ》がおすすめ。

馴れ馴れしくしすぎない

初対面の時から馴れ馴れしくしすぎると「うっとおしい」です。


第一印象を良くしたいなら《タメ口・ぶっちゃけ話・ボディタッチ》は”仲良くなってから”を覚えておきましょう。


「フレンドリーに接する」=「友達のように接するではない」ことを覚えておくようにしましょう。


うざい男の特徴とは▼

日頃から第一印象を悪くしないための努力を

  • 悪くなってしまった第一印象には《周りに対しても》良い人の印象をつける

  • 《日頃から》印象が悪くならないようにする

  • 《第一印象は良くする》ではなく《悪くないようにする》


一度悪くなってしまった第一印象を払拭することは非常に難しいです。


日頃から「良い人」の印象を持ってもらえるようにしてくださいね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事