デリカシーのない男の特徴|なぜ気が回る男性が少ないの?

2020-07-19

#人間関係

タイトル

デリカシーのない男っていますよね。余計なお世話をしてくる・繊細さに欠ける振る舞いをしてくるなど…とても迷惑な存在でしょう。そして、なぜ気の回る男性が少ないのでしょうか。デリカシーのない男の特徴やデリカシーの言葉の意味をまとめました。

デリカシーがない男、多すぎると思いませんか?

あなたのまわりに、デリカシーのない男ってたくさんいませんか?


話しているだけでイライラする、傷つくしなど腹の立つ存在でしょう。


無神経な態度で接してくる男は、何か言い返したところで、さらにムカつくことを言ってくることも。

『デリカシーがない』とは

そもそも”デリカシー”(英語:delicacy)とは『繊細・気配り・優美さ』等を示す言葉で、「繊細な」という意味のデリケート(delicate)の形容詞。


つまり『デリカシーがない人』とは、他人に対して「優しさや心配りといった気遣いがない人」のこと。


「無神経」「配慮がない」「心無い」「考え無し」「品がない」と似た意味だと思っておいて間違いありません。

デリカシーがない男の特徴

配慮に欠けている、あなたの周りにいる無神経男と見比べてみて。


誰の周りにもいるとわかれば、少しはすっきりするかも。デリカシーがないと感じた男の特徴をまとめました。

思ったことをすぐ口にする

デリカシーのない男の特徴で、真っ先に思い浮かぶのが『思ったことをそのまま口にだす』こと。


「もしかして太った?」とか「彼女いるの?」とか、わざわざ言わなくていいのに…。


気遣いできる人は「相手はどう思うか?」を考えて、口には出さずに心の中に留めておくものですよね。


あわせて読みたい▼

プライベートに踏み込んでくる

デリカシーに欠けた男は、ずけずけとプライベートに踏み込んできます。


聞かれたくないから詳しく話さないだけ。


しかし、しつこく聞いてくるのも無神経男の特徴。


「いつもよりおしゃれしているけど、デート?」などとニヤニヤしながら聞いてくる男はまさにデリカシーがない。

自分の話ばかりする

自分が話をしていたつもりが気が付くと相手が主導権を握って、話をしているシーンはありませんか?


「君はそうなんだね。ところで俺の場合は~」といったように、話の中心にいないと納得ができないタイプ。


ただでさえ無神経なのに、内容が自慢・愚痴といったものだとさらにイライラしちゃいますよね。

他人の話に興味がない

配慮に欠けた男は人の話を聞きません。


一生懸命話していても上の空で、ひどい時には話した内容をまったく覚えていない場合も。


他人に興味がないから、どう思われても気にならないんです。だから平気でデリカシーのない発言ができちゃうんですよね……。

「俺が正しい」スタンス

デリカシーに欠けた男は、とにかく自分が正義!自分が正しい!と思い込む姿勢を崩しません。


「俺は正しい」と勘違いしているから、余計な発言をしてきます。


こちらから「あなたは間違っている」と意見したところで無意味です。


ひどいときには逆切れされてしまうときも!

余計なお世話が多い

「俺が正しい」と思っているから、余計なお世話までしてくるのも特徴の1つ。


聞いてもいないのに、「メイク、もっと薄くした方が似合うんじゃない?」なんて余計なお世話をしてきます。


アドバイスなんて求めてない!とイライラしてしまいますよね。


「良いアドバイスをしている」と勘違いしているから厄介です。


あわせて読みたい▼

気遣いができる男性が少ない理由

気遣いのできない男性が身の周りに多いケースは少なくありません。


男性はなぜ、女性がイライラする発言をするのでしょうか?


気遣いのできる男性が少ない理由を知ることで、無神経な男の考えがわかります。


なぜ気の回る男性が少ないのかまとめました。参考にしてみて。

負けず嫌いな性格だから

基本的に、男性はプライドが高く負けず嫌いな性格の人が多いです。


相手が女性の場合、「女には負けたくない」と思い、気持ちはさらに大きくなるでしょう。


普段は配慮のない発言ばかりなのに、”自分が言われたら怒りだしてしまう人”周りにいませんか?

マウントを取りたい男が多いから

自分を大きく見せるためのマウントを取りたい男性は、デリカシーのない発言をするようになります。


気遣いのない発言で優越感を持ち、自分が出来る人間だと知らしめたい厄介な男です。

サイコパスだから

サイコパスを知っていますか?サイコパスの特徴は以下になります。


  • 自己中心的で思いやりがない

  • 共感性に欠く・罪悪感がない

  • 常に刺激を求めている

参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcp/47/1/47_89/_pdf/-char/ja


サイコパスは、感情が欠落しており、デリカシーのない男の特徴にもあてはまるでしょう。


合わせて読みたい▼

ソシオパスだから

ソシオパスとは『反社会性パーソナリティ障害』のこと。


  • 自尊心が異常なほど高い

  • 平気でウソをつくし、本当に真実だと信じている

  • 責任感や羞恥心がない

  • どんな状況でも平然としている

  • 友達は少ない

  • 法律ガン無視


もしデリカシーがないなって思う男が当てはまってたら、ソシオパスの可能性アリ。

プライドが高く、自己肯定感が低いから

プライドが高く、自己肯定感が低いとデリカシーに欠けた発言や振る舞いをします。


自分に自信がないため、他人を悪く言ったり下に見るような発言を繰り返す傾向があります。


他人の成功を妬ましく思い、常に高いポジションに身を置いていないと納得しません。

結論:めんどくさい男は避けよう

デリカシーに欠けている・気遣いができない男はプライドが高い人が多いといえます。


そのため、何を言っても伝わらない、逆切れしてもっと傷つくようなひどい発言をしてくる可能性も……。


めんどくさい男に対しては、避けるのが吉!


まじめに向き合う必要はないので、あまり関わらないようにしましょう。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事