”消えるタトゥー”『ジャグアアート』とは|気軽に試せるボディアートの魅力

2019-10-24

#美容

タイトル

「タトゥーを入れてみたいけど怖い」と思う人におすすめのボディアート【ジャグアアート】。ジャグアアートは肌を傷めず時間と共に消えていくタトゥーで、若者を中心に人気を得ています。東京と大阪の2拠点でジャグアアートサロンを展開するnatsumi ikegamiさんにお話を伺ってきました。

ジャグアアートとは

『ジャグアアート』とはタトゥーの一種。「ジャグアタトゥー」とも呼ばれ、ジャグアアートとジャグアタトゥー はどちらも同じ意味で使われます。


タトゥー(刺青)やヘナタトゥーは聞いたことある人は多くても、ジャグアアートは聞いたことある人は少ないのでは?


今回はファッションに興味がある人なら必ず知っておくべき『ジャグアアートの魅力』についてまとめてみました。

肌を傷つけないタトゥー

一般的なタトゥーは肌の真皮に針で傷をつけて色を塗っていきます。


真皮とは皮膚の内側にある部位のことで、「肌の本体」とも言える場所です。


真皮に直接針を刺して絵を描いていくので、当然痛みは伴うもの。


「シャーペンで肌をガリガリと削られている痛さ」と例えられることも。


反面、ジャグアアートは”肌の表皮”に色を乗せるだけ


表皮とは、皮膚の一番外側の部分であり新陳代謝で剥がれ落ちる部分です。


真皮に傷をつけないので肌にも優しいし痛みも全くありません

1〜2週間の短期間で落ちる

一般的なタトゥーとジャグアアートの大きな違いは「落ちるか」「落ちないか」


一般的なタトゥーは一度彫ると一生肌に残りますし、タトゥーを消したくなっても簡単に消せるものではありません。


タトゥー除去は手術が必要であり、場所や範囲によっては手術料金が高額になることも。


しかし、ジャグアアートは肌のターンオーバーで1〜2週間で色が落ちるのがポイント。


落ちていく過程も楽しめますし、染めたてとは違う色を楽しめるのもジャグアアートの魅力。


完全に色が落ちたところにはまた違うタトゥーを入れることもできます。


バリエーション豊富で「トレンドに合わせていろんなデザインに変えたい」人にとってジャグアアートはピッタリ。

ジャグアとヘナとの違いは「色」

ジャグアアートと似たものにヘナタトゥーがありますが、ヘナとジャグアに大きな違いはありません


肌を傷つけずに色を乗せられること、1〜2週間で落ちてしまうことはヘナもジャグアも一緒。


一つ大きな違いがあるとすれば「ヘナはオレンジ色」に「ジャグアは紺色」に染まります。


ヘナの染料は植物が原材料なのに対し、ジャグアの染料は果物が原材料になっています。


またヘナタトゥーは「グラデーションや濃淡を出せない」のに対し、ジャグアアートは「グラデーションや濃淡を出し立体的に見せる」ことが可能


自分がしたいデザインに合わせてヘナかジャグアを選んでみると○。

ジャグアアートを入れるなら『Zelo jaguaart salon』

ジャグアアートは自分だけのオリジナルのデザインを乗せることもできます


洋服やアクセサリーだけで個性を発揮するのは難しいけど、ジャグアアートなら自分だけの個性を表現することが可能。


「誰とも被らないおしゃれを楽しみたい」

「自分を表す何かが欲しい」


と考えている方にジャグアアートはとてもおすすめです。

タトゥーによってそれぞれ意味がある

入れるタトゥーのデザインは自分で選ぶこともできますが、定番で人気のデザインもあります。


例えば「薔薇」「レターリング文字」「星や太陽」など。


その中でも薔薇のデザインには「夢を叶える」という意味があります。


叶えたい夢がある方や、過去を吹っ切って前に進みたい方は薔薇を選ばれることが多いそうです。


絵柄や模様によってそれぞれ持っている意味も違うので、自分に合った意味を持つタトゥーを入れることができます


デザインに込められた意味に詳しくなくても「こんな意味を持たせたタトゥーを入れたい」とスタッフに相談すれば、その人に合ったデザインを提案してくれますよ。

自分だけのデザインを入れられる

自分で入れて欲しいデザインがあればデザイン案を持っていけば、そのデザインを入れてもらうことも可能


人によっては写真を持参して「これを入れてください」と相談する人も。


もしくは自分でデザインを作成してしまえば、誰とも被らない自分だけのオリジナルタトゥーを乗せることもできちゃうんです。


基本的にどんなデザインも対応可能なので、オリジナリティにこだわりたい方は前もってデザインを考えておくといいですね。

3,000円〜と低価格で入れられる

一般的なタトゥーはコインサイズを入れるだけでも5,000円〜10,000円ほど。


気軽に試せる金額ではないですよね。対してジャグアアートは3,000円〜入れることができるので、お財布にも優しいのです。


コスパよく楽しめるのもジャグアアートの魅力の一つ。金銭的に余裕のない学生さんでも安心して始められますね。


《料金プラン》

  • コインサイズ 3,000円

  • カードサイズ 5,000円

  • ハガキサイズ 8,000円


こちらはデザイン1つあたりの金額になるので、2つや3つデザインを入れたい方は『サイズ金額×個数』で計算してくださいね。


「Zelo jaguaart salon」料金プランより抜粋

店舗情報

▼大阪


所在地:大阪府大阪市西区南堀江1丁目26−27

定休日:火曜日

営業時間:11:00-19:00


▼東京


所在地:渋谷区神宮前4-15-16 原宿ジートルンク103

定休日:火曜日

営業時間:11:00-19:00


※詳しい営業日はお問い合わせください。


>>予約はこちら

肌に残らないジャグアアートを試してみて

ジャグアアートは自分を表現するのにぴったり。


最近は学生さんでもタトゥーを入れる人が多く、ジャグアアートはよりポピュラーなものになってきています。


natsumi さんの運営する「Zelo jaguaart salon」は”悩める人の心に寄り添えるサロン”という理念を大切にしています


「人に言えない悩みがある」「体のコンプレックスを抱えている」人でも優しく受け止めてくれると評判です。


新しい自分を見つけたい方は、ぜひジャグアアートを試してみてはいかがでしょうか。


取材協力:natsumi ikegamiさん

19歳でジャグアアートに出会ってから、ジャグアアートを独学で研究・習得。現在は東京と大阪の2拠点で「Zelo jaguaart salon」を運営しながら「日本ジャグアアート協会」の代表兼理事も務めている。自身で運営するジャグアアートサロンはYoutuberやモデルの間でも大人気。インフルエンサー来店率1位を誇り、多数の信頼と実績を兼ね備えている。Instagram:jaguaartsalon、HP:jaguaartsalon.com


合わせて読みたい▼

取材、記事広告のお問い合わせはこちら▼

>>Needyお問い合わせフォーム


この記事の編集者は▼

関連記事