「背中ニキビがなくなる」と噂の『Jitte+』の口コミを徹底研究

2019-12-29

#アイテム

タイトル

”芸能人愛用”と名高い人気を誇る、背中ニキビケアアイテム「Jitte+」。実際に使ってみたくても、芸能人があまりにも推してると「ステマ?」と疑ってしまいますよね。Jitte+に興味があるけど、本当の効果が気になる方のために。Jitte+の本当の口コミや効果をまとめました。

背中ニキビに効く?『Jitte+(ジッテプラス)』とは

引用:Instagram


「背中ニキビがなくなる…!」と絶賛の声が多数寄せられている『Jitte+』。


どこもかしこもステマかな…?と思うほど、良いレビューばかりで、「本当に効くのか」わからなくなっている人も多いと思います。


筆者の疑い深い性格をフル活用して、利用者のレビューと粗探しをしてきました。


芸能人愛用の背中ニキビケア用アイテム

「Jitte+」は芸能人も愛用する背中ニキビケアアイテムです。


例えばグラビアアイドルの手島優さんやタレントの鈴木奈々さんも、「本当にすべすべになる」「ポツポツも何もなくなる」と大絶賛の声を寄せています。


以下のYoutubeでは二人による実際の効果や使い心地も紹介されているので、ご覧になってみてくださいね。


Instagramでも話題に


Jitte+はインスタグラムでも人気の声を多数寄せています。


例えば「一回使っただけでニキビが小さくなった」「柑橘系の爽やかな香りで使ってて気持ちいい」など…。


あまりにも絶賛の声が寄せられているので、インスタの評価だけを見ていると「かなり効果のある商品なのでは」と疑ってしまいます。


『Jitte+』のレビューを徹底分析

芸能人やインスタグラマーの意見も大事ですが、一番気になるのは一般ユーザーが使ってみた感想ですよね。


実際にJitte+を使った人のレビューと、レビューの信用度をチェックしてみました。


「各プラットフォームのレビュー」と「悪いレビューのみ」を分析しています。

YouTuberのレビュー



YouTubeでレビューを探してみると、やはり出てくるのは有名YouTuberばかり…。


「広告にかなりの予算をかけているのだな」と、思わず察し。


宣伝感が強めなのと、使用しているのかどうかわかりにくいのもあり…。


今回はYouTubeのレビュー分析の対象から外しました

アットコスメのレビュー

数年前から、時々、背中ニキビと、背中ニキビ跡の色素沈着が気になりネットで検索していた所、こちらの商品と出逢いました。 柔らかいテクスチャーでしっとりしていて、塗りやすかったです。ただ、完全には背中ニキビが回復しなかったのですが、予防の為にと思い今も続けて塗っています。


引用:アットコスメ


背中ニキビに悩まされており、もう使い始めて1年くらいになります。最初の3ヶ月くらいはあ まり効果を感じられなかったのですが定期購入で解除連絡も面倒で、根気よく使い続けてたらだいぶ綺麗になりました!新しいニキビはほぼ出来なくなり、あとはニキビ跡の色素沈着がちょっと気になるかな~程度です。元々背中のあいてる服や水着は着れない程ひどかったので効果はあると思います☆毎日お風呂上がりに肩?背中上部に塗っていますが、だいたい1ヶ月で使い終わる感じです。正直コスパはあまりよくないですが、塗ったあとすぐにサッパリするし使い心地は良いので、今後もリピートしていくつもりでいます。


引用:アットコスメ


↑筆者が見つけた最もリアルなレビューがこちらの二つ。


背中ニキビに限らず、ニキビは根気強く直していかなければいけませんよね。


しかも、直ったとしてもまた出てくるし、どうしてもうっすら跡が残ってしまうもの。


しっかりとその点をレビューしているのがプラス印象でした。


もちろん体質の問題もあるでしょうが、しっかりと使い続ければ気にならないくらいまでは消えると見て良いでしょう。

楽天のレビュー分析

即効性はないけどじわじわ効きます!

他の方のレビューには半月ほどで効果が、とありましたが、私は朝晩塗っても効果を実感できるまで2ヶ月くらいかかりました。量が少なかったのかもしれません。夏が近くなったせいか一時ニキビが増えても地道に塗り続けていたら、だんだんと減って、お肌が滑らかになってきました。デコルテ部分はほぼ気にならなく、背中も少しずつ目立たなくなっています。


楽天でも1位をとっているとのことで、楽天のレビューも調査してみました。


総合評価は星4.43(2019年12月現在)とのことで、かなりの高評価。


全体的に「ノビが良く使いやすいけど、ちょっと高めで即効性がない、それでも星4以上の価値はある」という評価でした。

悪いレビューを分析

1ヶ月使っています。 買って始めに思ったのですが小さい…。伸びはいい方ですが毎日背中広範囲に使うのを考えるとコスパは微妙でした。 少し独特の香りがありますがそこはそんなに気にならなかったです。それと特に染みたりピリピリすることもなかったので、低刺激だとは思いました! ですが肝心の効き目が感じられません…。私の背中、肩にあるニキビが頑固すぎるのでしょうか(;;)保湿をするだけならハトムギのジェルの方がコスパも効き目も断然いいと思います。値段もそれなりですし、リピはしません。


引用:アットコスメ


確かに、通常の顔やおでこのニキビケアと違って、背中ニキビはより広い範囲になるもの。


内容量は決して少ない方ではないと思いますが、用途を考えると少ないのかもしれません。


つけてみたところテクスチャーは伸びもよく気持ちよかったです。 ですが半年使っても全く効果なしでした! 背中ニキビひどい方ではないですが、たまにポツッと出たりニキビ痕が少しある方で使い続ける前と数ヶ月後、全く変わらずです。 ステマかと思うほどいい口コミだけだったので怪しむべきでした。


引用:アットコスメ


要約すると「使い心地は良いけど、背中ニキビは消えなかったよ!」とのこと。


背中と首の後ろが、抱っこ紐のバックルがあたり、色素沈着したりと、とても酷くなってしまったので、こちらの商品が目にとまり、買い物しました。 届いた感想、 お値段高いのに、容器小さい(涙) つけ心地は気持ち良いです! さっぱりします! 背中は確認できないので、分かりませんが、 他の身体の気になる部分にぬりましたが、 虫刺されたあとなど、肌が落ち着いてきたように感じます!


引用:楽天市場


効果を100%実感できるニキビケアなんてものは存在しないと思いますので、妥当なレビューだと思います。


悪いレビューの中でも、「テクスチャーの伸びや使い心地は悪くない」という評価は多かったので、品質は良いのでしょう。


結論から言えば、


悪い口コミは非常に少ない

効果は人による

使い心地や品質は◎


でした。


実際のところ効果あるの?

成分的には効果あり

Jitte+は背中ニキビに効く成分が多数配合されています。


例えば独自成分のアクシア-トリプルヒアルロン酸は3種類のヒアルロン酸が配合されていて、それらが高い「保湿力」と「浸透力」を実現させます。


以下ではアクシア-トリプルヒアルロン酸の元となっている3種類のヒアルロン酸をご紹介します。

ヒアルロン酸Na

保湿成分として広く知られている「ヒアルロン酸Na」。


肌馴染みがよく角質層の水分量を高める効果はありますが、肌の内部まで浸透する効果はありません。


あくまでも「肌の表面を保湿し、水分の蒸発を防ぐ」成分です。

スーパーヒアルロン酸

ヒアルロン酸の持つ保湿力をさらに強化するために、化粧品メーカーによって開発された、「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」のことを、別名、「スーパーヒアルロン酸」と呼びます。

引用:スキンケア大学


化粧品メーカーによって開発された保湿成分で、ヒアルロン酸Naと比較して2倍ほどの保湿成分を持っています。

加水分解ヒアルロン酸

加水分解ヒアルロン酸はヒアルロン酸Naを加水分解によって分子量1万以下まで低分子化させたヒアルロン酸です。


分子量が小さいので肌の内部まで浸透させ、お肌を内側から潤してくれます。

コスパは若干低い

背中ニキビは範囲が広いため、どうしても使う量が必要です。


化粧品あるあるですが、ケチって使うと効果が薄くなってしまいます。


しかしJitte+の内容量は60gと少なめなので、たっぷり使うのも気が引ける量。


使う量や内容量を考えると、コスパは若干低めな印象です。

使いやすさは◎

Jitte+は悪いレビューでも「伸びが良く、使いやすい」と書かれるほど使い心地では高評価をもらっています。


Jitte+はスーッと伸びるテクスチャーで、お肌にしっとり馴染みます。クリームのようなべたつきや伸びの悪さも皆無。


どんなに良い成分が配合されていても、使い心地が悪いとだんだん使うのも億劫になるもの。


伸びがよくベタつかない使い心地は、使い続けるのも苦じゃないでしょう。

『Jitte+』の総合評価

Jitte+の総合評価は


  • つけ心地は気持ちいい

  • 悪い評価は少ない

  • 効果はあるが人によっては感じない人も


というところでしょうか。


実際に使っている人でも満足している人が多数だったので、商品は全体的に「効果を感じられる商品」という印象を受けました。


Jitte+が気になってた方は、初回購入者限定で定価の86%オフで購入することもできます。


公式サイトにも詳しく情報が載っているので、合わせてご覧になってみてくださいね。



合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事