彼氏がかまってくれない原因と男性心理|彼女からアプローチする方法

2019-07-08

#恋愛

タイトル

「一緒にいてもなんだか上の空。本当に私のこと好きなのかな?」 彼が構ってくれなくなると何を考えているのか気になりますよね。構ってくれないのは彼に原因がある場合とあなたに原因がある場合があります。 彼が構ってくれない原因と男性心理を理解していきましょう。

男性が忙しい時は仕方ない

仕事に夢中な彼だからこそ。外的要因は仕方ないことです。

仕事が忙しいから

彼氏が仕事で忙しい人だと、二人で会う時間もなかなか作れないですよね。


男性は基本的に「シングルタスク脳」です。


女性のように「仕事をしながら家事をして育児をして…」みたいに色々なことを同時並行できる人は少ないです。


私も仕事が忙しい男性と付き合ったことがありますが、「会いたい」と言いたくても言えない空気がありました。

落ち着くまで待つのも大切

かまってくれない寂しさはわかりますが、彼氏の仕事が落ち着くまでは温かく見守っておくのが吉です。


忙しくて余裕がないときに「かまってかまって」と責めてしまうと逆効果。嫌われる原因にもなるので一歩引いて待ちましょう。


「落ち着いたら何倍も構ってもらうから」と伝えて先約もらっちゃいましょう。

趣味に没頭しているから

彼氏が熱中した趣味を持っている人だと、彼女にかまえない状態になってしまいます。


「平日は仕事が忙しく、休日は趣味の釣りやバイクで忙しい…」


そんな男性だと、自分が立ち入る隙がなかなか生まれません。

かまってもらうには「可愛くおねだり」

彼が趣味に熱中しているときは思い切って「私と過ごす時間とってほしいな〜」と可愛くおねだりしてみましょう!


趣味に没頭している彼は、彼女にかまえてないということにも気づけていないはず。


気持ちを察するのが苦手な男性も多いので、口に出すことも大切です。


思い切って本音を打ち明けちゃいましょう。


合わせて読みたい▼

飲み会の予定が入っている

会社の飲み会が多かったり、友達付き合いが多い彼氏だと夜はほぼ飲み会で埋まっている…なんてことも。


交際関係が広い彼と付き合っていると、その分飲み会の数も増えていきます。


人付き合いでもあるし、こちらから「行かないで!」とも言いづらいですよね。

かまってもらうには「思い切って一緒に」

飲み会や遊びにばかり行っている「顔が広いから系彼氏」にこそ。


「人付き合いだし仕方ないか」と割り切って自分の時間を楽しむか、自分も参加できそうな会だったら一緒に参加しちゃうのも良いでしょう。


二人で過ごす時とは違う彼の顔を知ることができるかも…!?

彼女に不満がある場合も

もしかしたら彼氏がかまってくれないのは「彼女であるあなた自身」に不満があるからかも。


彼氏を不満にさせてしまうダメ彼女になってませんか?

すぐに拗ねる

彼氏と喧嘩をしてすぐに拗ねてはいませんか


拗ねて彼の反応を見てみたくなる気持ちは分かりますが、毎回すぐに拗ねていると流石に彼も疲れてうんざりしてしまいます。


今まですぐに拗ねていた人は拗ねグセを直して、彼の気持ちを考えてみましょう。


駄々をこねる彼女より、喧嘩になってもきちんと話し合って解決できる彼女の方が大切にしたくなりますよ。


合わせて読みたい▼

束縛が激しい

「私以外の女の子と話さないで」

「スマホのパスワード教えて」


彼のプライバシーを縛っていると彼はどんどん窮屈に感じてきます。いくら恋人同士と言えど、相手はあくまで他人。


彼女という立場でも踏み込みすぎず、お互いを尊重できる関係性を保つことで彼も構ってくれるようになります。


「押してダメなら引いてみろ」じゃないですが、押せ押せばっかりだと相手は引いていきますよ。


合わせて読みたい▼

愚痴が多い

「後輩が今日も仕事ミスってさ〜」

「〇〇っていうアイドルがムカつく!」


いつも愚痴や文句を言っていると彼氏はどう思うでしょうか?


一緒にいても愚痴ばっかりで楽しくないし、愚痴を言ってる彼女の顔はきっとひどく醜いですよね。


愚痴ばかり言ってたら「いつの間にか彼が離れてしまった…」なんてことにならないように、愚痴の言いすぎは気をつけましょう。


他人の良いところを探す彼女はモテるので、彼も構ってくれます▼

すでに彼女に対して無関心になっているケースは

彼氏がかまってくれないのは、彼女にすでに無関心な可能性があります。


一度無関心になってしまった相手を取り戻すのは難しいですが、自分にできることはないか考えてみましょう。

マンネリ時期に突入したから

お付き合いが長くなると必ず訪れるのが「マンネリ期」


付き合った当時のドキドキが落ち着き、お互いの存在を当たり前に認識。


マンネリ化してしまったのは「いつもと同じような会話やデートコースだから」かもしれません。


たまにはあなたの方からいつもと違うデートを提案してマンネリ化した関係に刺激を与えていきましょう。


合わせて読みたい▼

趣味が合わない

彼と根本的に趣味が全く合わないと、会話も弾まないし一緒にいても楽しめるものが無いし困ってしまいます。


「彼はお酒好きだけど自分は好きじゃない」

「彼はアウトドア派だけど彼女はインドア派」


真逆の趣味を持っていると休日の過ごし方にも大きな変化が現れそうです。


二人の共通の趣味がないと、お互いに楽しめるものがなく次第に気持ちが冷めていってしまうのかも。


趣味を全く一緒にする必要はなくても、二人で楽しめる時間を共有できたらいいですよね。


たまにはあなたから新しい趣味のお誘いをしてみて。


合わせて読みたい▼

彼氏がかまってくれないときは、きちんと話し合おう

彼氏がかまってくれないのは仕事や趣味などの予定が埋まっているか、あなたへの「好き」という感情が薄れていることが原因のパターンが多いです。


仕事や趣味などの予定で会えないのは仕方ないけど、気持ちが薄れている場合は解決策を考えないとどんどん悪い方向に言ってしまいます。


「コミュニケーション不足は別れの元」です。


自分の気持ちは我慢せず相手にきちんと伝えて、その上で彼とどうお付き合いしていくかを2人で話し合っていけたらいいですね。


合わせて読みたい▼


▼この記事の編集者は

関連記事