恋愛が長続きしない人の特徴6つ|長続きしない原因とは

2019-07-08

#恋愛

タイトル

恋愛が長続きしなくて落ち込んでいる…そんなあなたへ。今回は「恋愛が長続きしない人の特徴」をまとめました。特に1年以内に別れてしまって、次の恋愛を探しに行っている人は必見。自分がやってしまっていたことに気づき、「自分のなぜ恋愛が長続きしなかったのか」がズバリささるかも。

短い恋愛の基準は「1年内」に別れているかどうか

恋愛に出会いと別れはつきものですが、一般的には1年以内にお別れすると「長続きしなかった恋愛」に分類されるようです。


誰と付き合っても3ヶ月ほどで別れてしまう方は、お付き合いが短命になってしまう理由があるかもしれません。

長続きしない人の特徴

長続きしないのは自分に原因があるかも。

自分のことがよくわかっていない

「実は甘えん坊な性格」なのに「甘えさせてくれない人」と付き合ってしまう。


「マメに連絡を取りたい性格」なのに「連絡は一切取らない人」と付き合ってしまう。


自分の性格を知らずにいると、相性の合わない人と付き合ってしまいます。


むやみに恋愛を繰り返す前に、まずは「自分自身を見つめ直してから」自分にぴったりな男性を探すことが大切になります。


合わせて読みたい▼

相手に完璧を求めている

お付き合いの期間が長くなるとだんだん相手の嫌なところが目がつくようになりますよね。


「彼が忘れっぽくて話した内容を覚えてくれない」とか、「一緒に買い物に行っても荷物を全然持ってくれない」とか。


恋愛が長続きしない人は相手の嫌なところが気になるとすぐに別れてしまいます。


しかし、人は誰しも完璧ではありません。


多少嫌な箇所があっても目をつむるくらいの方がお付き合いは長く続くでしょう。


合わせて読みたい▼

聞きたいことを聞けない

相手の性格や趣味を知りたくても「つい遠慮」してしまう…。


特にお付き合いを始めたばかりだと相手のことが知りたい時期ですが、「嫌われてしまうのでは」と考えてなかなか聞けない人は多いと思います。


最初から遠慮ばかりしていると相手にも伝わっていき…。


だんだん心の溝が深まりお別れを迎えてしまいます。


恋愛を長続きさせたいのであれば、聞きたいことを素直に聞いてみましょう


節度を保てば大体のことでは嫌われないですよ。


合わせて読みたい▼

恋人が欲しいからと勢いで付き合ってしまった

「お付き合い」は恋人が欲しいからするのではなく、好きになった相手をもっと深く知るためにするものです。


「人肌恋しいから」と勢いでお付き合いを繰り返しているといつまでも長続きする恋愛なんて訪れません。


彼氏がいないと寂しい気持ちもわかりますが、一旦冷静になって「お付き合い」に対する考え方を改めてみましょう。


合わせて読みたい▼

彼氏に依存しがち

会ってないときもマメに連絡を取りたがったり、束縛したりしていませんか。


彼には彼の時間があります。頻繁な連絡な干渉ばかりだとうんざりしてしまいます。


あまりにもひどいと重さに耐えきれず、彼から別れを切り出されるかも。


適度な距離感を保ちながら、愛情のバランスが良いカップルを目指したいですね。


合わせて読みたい▼

外見だけで選んでいる

彼の顔が好みだった、タイプだったから、という理由でお付き合いを始めていませんか。


外見ももちろん大切ですが、長続きする恋愛をする上で最も大事なのは内面の「性格や価値観」。


外見がどんなによくても内面が最悪だったり、自分と合わなかったりするとお付き合いしても短命に終わりがちです。


外見が全てではないことを踏まえ、内面も見た上でお付き合いに踏み出すと良い関係が築けます。

長続きする関係は「自分から作る」こと

恋愛が長続きしない人は、まずは自分自身の性格やこれまでの行いを見直してみましょう。


誰と付き合っても短命で終わってしまう人は少なからず自分にも原因があるはずです。


原因を深掘りすれば自分にはどんな人が合っていて、どんな恋愛をしたいのかが見えてきます。


自分にぴったりな男性がわかるようになれば、長続きしない恋愛から脱出できます。


安定した幸せな恋愛を歩むことができるでしょう。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事