【一人の時間の作り方】気持ちをリセットできる時間の使い方とは

タイトル

「自分の時間が欲しいけど、忙しくて時間を作るのが難しい…」時間に追われる現代女性は”自分ひとりで過ごせる時間”を作るのも一苦労ですよね。毎日の中で少しだけ時間の使い方を工夫すれば、自分の時間を作ることは可能です。日々の生活に忙殺されている女性は、ご紹介する「時短テク」を活用してみて。

自分一人で過ごす時間は人生を充実させる

「毎日忙しくて心休まる時がない」

「一人になってホッと一息つく時間が欲しい」


誰の目も気にせず過ごす一人の時間は自分の心と体に安らぎを与えてくれる現代人に必須の時間。


時間に追われて生きる現代人だからこそチェックして欲しい『じぶん時間の作り方』を時間帯別にご紹介します。


合わせて読みたい▼

朝の時間を有効活用する方法

朝は眠いし、だるいし、一日の中で最も憂鬱な時間…。


できることならずっと眠っていたい人も多いはず。


しかし、朝の時間の使い方を工夫するだけで一日のコンディションが大きく変わります。


朝の気怠けな気持ちを吹き飛ばし、まどろみ以外に癒しの時間を作る方法を要チェック。

ちょっとだけ早く起きる

目覚ましをいつもより30分早く設定して、少しだけ早起きしてみませんか?


早起きは三文の徳」と言われるように、早く起きると健康にもいいし仕事や勉強も捗ります。


朝は頭が冴えているので、集中してタスクをこなせば午後がグッと楽になりますよ。

目が覚めたら上体を起こす

目が覚めたら早めに上体を起こして軽く伸びをするのがおすすめ。


朝の眠い気持ちはわかりますが、布団の中でダラダラしてると時間は過ぎ行く一方。少しだけ気合いを入れて、すぐに体を起こす習慣をつけると○。


上体を起こすことで目が覚めるのは某鉄道会社でも取り入れられているとのこと。体を起こせば自然と目が覚めてきますよ。

窓を開けて空気を入れ替える

布団から起き上がったら窓を開けて空気を入れ替えると気持ちいいですよ。


夜は匂いや湿気がこもりがち。淀んだ空気の中では頭も冴えません。新鮮な空気を入れると気分がスッキリして、朝からシャキッと動けますよ。


冬の朝は寒くて億劫かもしれませんが、冷たい空気も目が覚めるきっかけにしてしまいましょ。

昼の時間を有効活用する方法

昼の時間は『時間をどう上手に使うか』。スケジュールの組み方が肝になってきます。


スケジュールの組み方を間違えると時間に追われてしまい、自分の時間を作れなくなってしまいます。


スケジュールの組み方を工夫することで自分の時間を手に入れられますよ。

自分にとって大切だと思う予定を作る

スケジュールを『気づいた順になんとなく』入れていませんか?


大切な予定を中心にスケジュールを組むようにすると優先順位が低いイベントを弾けるので、”必要のない予定”に時間を割くことが無くなります。


自分の中で”大切”だと認識していると遅刻やサボり癖も減るので、「やっちゃったリスケ」防止にも繋がります。

ちょっとだけ寄り道する

毎日真面目に生きてると息が詰まりますよね。たまには少し寄り道しませんか?


例えば仕事のシーンだったら、外出したついでに行きたかったカフェに行くのもおすすめ。カフェで一人の時間を過ごせれば、少しはリラックスできるはず。


社内は人目があるし気が休まりませんよね。たまには寄り道して、息抜きの時間も大切にして。

面倒なことを先にやる

面倒なことほど先に終わらせるのが吉。先に終わらせてしまえば後々考えなくていいし、憂鬱な気分を引きずらなくて済みます。


逆に面倒なことを先延ばしにしてるとどんどん嫌な気持ちが溜まって憂鬱になってしまいます。


一人でやるのが面倒なことだったら、誰かに相談して協力してやるのもおすすめですよ。


合わせて読みたい▼

夜の時間を有効活用する方法

夜の時間を有効活用するには『翌日に響かない夜を過ごすこと』。


夜ご飯をお腹いっぱい食べちゃったり、夜更かしをしたりすると翌日の朝に響いてしまいます。


翌日のことも考えつつ、セルフコントロールをしっかりしながら自分の時間を作ってみてくださいね。

早く寝る

夜はダラダラとSNSやYoutubeを見るのではなく、早めに寝る習慣をつけましょう。


夜更かしは朝起きるのも辛くなるしホルモンバランスも崩れてしまいます。


体にとっても心にとっても夜は早めに寝て朝活動するのが一番です。いつもより30分だけ早くベットに入って、早めに眠る習慣を心がけてみて。

夜ご飯を控えめにする

夜にお腹いっぱい食べると、起床後に食欲が湧かず朝ごはんを抜いてしまいます。朝ごはんを抜くと頭が働くなり、一日の生産性が落ちるという負のループ…。


夜ご飯は控えめにして朝ごはんをしっかり食べる習慣にすれば、一日を元気よく過ごせますよ。


夜ご飯を控えるとダイエットにもなる嬉しい効果も。夜ご飯をお腹いっぱい食べてしまっていた方は見直してみてくださいね。

リラックスタイムを作る

家事などが一通り終わったら、自分のための時間を作ってあげましょう。


一日の終わりのリラックスタイムは心身の疲れを癒してくれます。


アロマを炊いたり、半身浴をしたり…。自分の好きなことなら何でもOK。一日の中で自分のご褒美タイムがあれば、明日からも頑張れるかも。


合わせて読みたい▼

結婚後でも作れる時間の作り方

毎日家事に追われ、旦那や子どもの世話をして…。


独身の頃と比べて、結婚後は一人の時間が圧倒的に少なくなります。


「一人になりたいけどなれない…。」と、結婚後の一人の時間は諦めがちですよね。


家族がいて一人の時間が取りにくい環境でも自分の時間を作れる方法を伝授します。

家事はまとめてやる

料理は時間がある時にまとめて作り置きがおすすめ。何日分かを作り置きしておけば、忙しい時でも温めればサッと食べられます。


家事は時間との戦いです。効率を重視してこなすことで自分の時間を作ることができます。


買い物はネット通販でまとめて買うのがベスト。ネット通販なら移動の手間もかからずスマホだけで簡単にできますよ。

要らない物を処分する

要らないものが部屋に散乱していると気が散ってしまいますよね。


精神衛生を保つためにも部屋は綺麗な状態がベスト。不用品はフリマサイトで売るなどして、要らないものはどんどん処分してしまいましょう。


部屋が綺麗になると気持ちがスッキリし、自分の時間をより心地よく過ごすことができますよ。


合わせて読みたい▼

「一人の時間が欲しい」と言う

家にいると常に旦那、子どもがいる…。愛する家族でも、毎日顔を合わせていると「たまには一人になりたい」と思ってしまいますよね。


思い切って「一人の時間が欲しい」と伝えてみてはいかがでしょうか。言葉にしないと相手に伝わらないものもありますし、遠慮せず本音を伝えてみましょう。


家族に相談すれば一人の時間が作れるよう協力してくれるかも。


合わせて読みたい▼

気持ちをリセットする機会を、自分に

一日は誰でも平等に24時間しかありません。忙しい毎日の中で自分の時間を作るには、時間を工夫して使うことがおすすめ。


自分の時間を作って気持ちをリセットしてあげれば、明日からもまた元気で過ごせるはず。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事