話題の『地雷メイク』おすすめアイテム|病みかわ顔になりたい方へ

2020-08-10

#美容

タイトル

世間では『地雷メイク』が話題沸騰中。地雷メイクとは、地雷女がやってそうなメイクのこと。芸能人やモデルさんも、こぞって地雷メイクに挑戦しています。病みかわいい地雷顔を作るなら、メイク道具も必須。赤リップや陶器肌ファンデを使って、自分ウケが狙える地雷メイクに挑戦してみて。

話題の#地雷メイク…作り方は?

地雷メイクとは泣きはらしたような目元と、白い肌に鮮やかな赤リップが特徴的なメイク術。


多くの有名人もYouTubeやインスタグラムで、地雷メイクを施してアップしています。


個性的なメイクなだけに、一見難しそうな雰囲気だけど、メイクのやり方はカンタン。


地雷メイクのおすすめアイテムを使って、守りたくなる病みかわフェイスをゲットして。


モデル:ゆきぽよさん

そもそも地雷メイクとは


「地雷女がよくしてそうなメイク」として名付けられたのが地雷メイク。


地雷女とは、『可愛いけど付き合ったらメンヘラだった』女性のこと。


赤い目元や白い陶器肌のメイクが特徴的で、雰囲気が「病みかわいい」と一部の女子の間で話題となりました。


あわせて読みたい▼

地雷メイクにおすすめなアイテム

地雷メイクはハッキリとしたカラーのコントラストがとても大事。


色味がしっかりと出る化粧品を使って、地雷メイクを完成させましょう。


地雷メイクで使えるおすすめアイテムを使って、あなただけの地雷顔を作ってみて。

レブロン『カラーステイメイクアップ』


地雷メイクの肌は、セミマットまたはマットに仕上げるのがポイント。


レブロンのカラーステイメイクアップは、カバー力が高くお人形さんのような陶器肌が叶えられます。


カラーは明るめをチョイスし、お肌に満遍なく塗り広げてあげて。


キャンメイク『パーフェクトスタイリストアイズ』


プチプラなのに発色のいいキャンメイクのアイシャドウは、口コミでも人気のシリーズ。


14番のパレットを使えばきれいな赤みピンクに発色し、地雷メイクで大切な泣きはらした目を演出します。


塗る時はアイシャドウを指でとってまぶたに乗せていくと、きれいに発色しますよ。


クリオ『プロシングルシャドウ』


クリオのプロシングルシャドウは、ハッキリしたラメ感が特徴的なアイシャドウ。


ラメを広範囲にちりばめるより、目の下に重点的にのせましょう。


キラキラ光るラメが目に溜まった涙のように見え、うるんだ瞳を演出できますよ。


ラブライナー『リキッドアイライナーブラック』


「使い心地がいい!」と大人気のアイライナー


カラーバリエーションも豊富ですが、地雷メイクにはハッキリとしたブラックがおすすめ。


アイラインは目尻部分で跳ね上げずに、下に5mmほど流すのがポイント。


しっかりとたれ目を作り込めば、守りたくなるような“病みかわ顔“になること間違いナシ。


アーティラル スペリア『ブラック』


大きな目元を演出するのに欠かせないのが、カラーコンタクト(カラコン)。


アーティラルスペリアのブラックカラコンは、着色直径が大きくてクリッとした瞳に仕上げられます。


ただ、自分の目のサイズに合わないと、やたらと黒目が大きくなってしまうので注意。


UZU『モテマスカラ VOL6』


地雷メイクではマスカラをたっぷり塗って、お人形さんのような長いまつ毛を作りましょう。


長いまつ毛作りでおすすめなのが、UZUのモテマスカラVOL6


ナチュラルでありながらしっかりとまつ毛を伸ばせる一品です。


KATE『ダブルラインエキスパート』


KATEのダブルラインエキスパートは極薄ブラウンのアイライナー。


ダブルラインエキスパートを涙袋の下に引けば、よりくっきりとした涙袋を作ることが可能。


注意点はラインを引いたら綿棒などで軽くぼかすこと。


ラインが濃いと違和感が生まれてしまうので、あくまでも「自然に」を意識してみて。


ESPRIQUE『ジューシークッションルージュRO691』


ESPRIQUEのジューシークッションルージュは、じゅわっとした発色で唇に彩りを与えます。


うるうるとした赤リップは白い陶器肌に映えて、地雷感アップ。


たっぷり塗ると「たらこ唇」のようになってしまうので、あくまでもポンポンとのせるのがコツ。


流行りメイクをもっと見る

今話題の地雷メイクを紹介しました。


病みかわいい地雷メイクで流行り顔を手に入れましょう。


同時に量産型メイクやチャイボーグメイクなども、合わせて人気を集めています。


「メイクでもっと可愛くなりたい!」と思う方は、こちらも要チェックですよ。


あわせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事