「男はすね毛を処理すべき」な理由は?すね毛に対する女性の本音

タイトル

すね毛の剛毛は女性からしてみたら「整理できない不潔な男性の象徴」。女性の目線を気にして、コンプレックスになっている男性も多いでしょう。自らの容姿に合わせた正しい処理方法と間違った処理方法をご紹介します。すね毛を放置せず、とにかく安く、手軽に処理したい方は目を通してください。

女性は男のすね毛をどう思う?

男性にとって気になる『すね毛の処理』


短いパンツを履いたり、水着になる機会がある度「剃った方が良いんじゃ…」と悩む男子は少なくないでしょう。


何よりも女性が「すね毛が毛深い人はきらい」という印象があるからこそ。


今回は参考にしてほしい女性の意見【すね毛の有無と印象】をご紹介します。

男性のすね毛は『生理的に無理』派

毛が濃い男性が生理的に無理な女性は多いです。


理由としては、すね毛に限らず、毛の処理をしていない男性は「単純に不潔に見える」から。


特にきらいな人のすね毛はもう見るだけで無理。


すね毛にプラスしてきらいな要素が一つでもあれば、近寄りたくない存在になります。

男性のすね毛は『どっちでも良い』派

実は最多数派な『どっちでも良い派』。


極論「好きな人のすね毛は許せるけど、普通な人と嫌いな人は許せない」がマジョリティ。


それこそ”すね毛以外も格好いい人”だと「すね毛が濃くても問題ない」けど、”すね毛以外にも嫌なところがある”と「すね毛まで嫌い」になる。


ただし、どっちでも良い派に聞いてみると「すね毛を好き嫌い」で感じているよりも、『普段は嫌いだけど、好きな人なら許せる』という認識のようです。

男性のすね毛が『好き』派

少数派の『すね毛がある方が好き』と答えた人は”年齢層が高め”


30代後半女性に多く、すね毛は「あるのが当たり前」「男らしさを感じる」という意見が多かったです。


「すね毛がある男性=男性的でセクシー」という意見もあります。


30代後半以降の女性に好かれたいなら、残しておくのもあり。

すね毛を処理すべき理由

女性にモテたいと思ったり機会があったり、おしゃれな短パンを履きたいのであればすね毛の処理はすべきでしょう。


すね毛を処理するメリットと「すね毛の処理をした方が良い理由」をご紹介します。

好きになってもらえる確率が上がる

女性にとって男性のすね毛は”フィルター”。


好きな人の毛なら愛せるけど、普通な人や嫌いな人は見るだけで『ナシ』扱いされてしまうもの。


特に仲がそこまで深まっていない状態の「大学一年の夏」や「初デートの海」は気にした方が良いポイントかも。


恋人との出会いは確率です。すね毛が好きな女性を探して、他の要素を吟味するよりも…。


すね毛に関係なく恋人を選べる方が絶対に楽ですよ。

清潔感のある男性になれる

「毛が濃い」=「不潔」


髪の毛がボサボサでもっさりしていると不潔に見られるように。


毛深い人が不潔に見られるのは自己管理ができていない証になります。


きちっとお手入れされている人の方が、清潔感があるのは至極当然。


清潔感がある男性を目指すならすね毛のお手入れは必須と言えるでしょう。

コンプレックスがなくなる

思春期に入る高校生あたりからすね毛を気にし出して、コンプレックスを感じる男性は少なくないはず。


すね毛の処理はコンプレックスをなくすことに繋がり、自信をつけるためのきっかけになるかもしれません。


特に、夏場はすね毛を見せるかどうか迷うところ。


美容院に行った後にちょっとしたウキウキ感があるように、すね毛を処理することでコンプレックスがなくなって自信に繋がるかも。

ショーパン・ハーパンが似合う

ショートパンツやハーフパンツはすね毛がダイレクトに見えるファッションスタイル。


足を露出して夏らしさをアピールできる男性はカッコ良いように見えますよね。


短パンを履くのであれば、やはりすね毛は気になるところ。


整えていない足では「毛深い人は嫌い」な女性を引き寄せることはできません。


すね毛を処理することで「露出が多い短パンや水着」でも清潔感がある男性という印象を持たせることもできるのです。

すね毛を処理しなくても良い理由

すね毛処理を「面倒だし、意識していると思われたくない」と思う男性も多いのでは?


髪の毛ボサボサでもモテる人はモテますが、他に良いところがあってこそ。すね毛もあるだけで弾かれてしまう可能性もあるということをお忘れなきよう。


そして、必ずしもすね毛は剃ってツルツルにすれば良いというわけでもないんです。

すね毛だけ処理はNG

「顔や胸の毛は濃そうな感じがするのに、すね毛だけない…」は違和感の塊でしかありません。


すね毛に特別コンプレックスを抱いている男性ほど「すね毛だけ処理すればOK」と勘違いしがち。


すね毛が剛毛でも処理しなくても良い人は『すね毛の多さと他のバランスが取れている』場合に限られます。


もちろん「すね毛だけ処理していない」も違和感があるもの。


足だけツルツルだけど、髪型はボサボサ…。なんてアンバランスなことがないように。


すね毛と他パーツのバランスを取った上で、剃るか剃らないか決めた方が良いでしょう。

全剃りは気持ち悪いから

処理していない男性を嫌がる女性は多いですが、全部剃ってツルツルになってても気持ち悪いと思う女性もいることを忘れないように。


何よりツルツルの全剃りすね毛は維持が難しく、ズボラなタイプだと半年後とかに生えてきて余計に目立ちます。


すね毛がいやでツルツルにしたのに、返って逆効果…なんてことにならないように。

ナチュラルすね毛はOK

女性からの好感度ナンバーワンは「うっすらすね毛が生えている人」。目立たないくらいが好感度が保てる最適ラインです


ただ、すね毛がどの程度生えているのかは生まれつきですし、環境に左右されることが大きいもの。


生来のすね毛が比較的少なめで「ぱっと見処理しているかわからない」レベルなら処理しなくてもOKです。


もし自分のすね毛が多い方だと思っているのなら、最低限の処理が必要です。


整えるか剃るかした方が良いでしょう。

すね毛を処理するNGな方法

男性のすね毛の処理は簡単なように見えて、意外と難しいんです。


もし今現在や過去に『すね毛を処理するNG方法』を試しているのであれば、原因を見直してみて。

毛抜き

『毛抜き』は最も安易に想像しやすい脱毛の方法。


でも、すね毛という比較的本数が多い部位に対して、毛抜きという手段は純粋に効率が悪いのは誰だって想像できますよね。


毛を抜くと毛根や皮膚を傷つける恐れがあり、抜いた後「ぶつぶつができる」「肌が荒れる」というデメリットも多数


もちろん痛みも伴うため、安易でもやってはいけないNG方法です。

はさみ

すね毛やムダ毛をはさみでカットしたことある人は少なくないはず。


すね毛の処理を始めるきっかけとして使いますが、実際には不恰好になるだけ


すね毛は「切りにくい部位にある」上に「切ったところと切ってないところを揃えるのが難しい」のが理由。


きちんと毛を剃りたいのであれば、はさみではなくカミソリを使うべきでしょう。

ガムテープ

脱毛と聞いて”ガムテープ”を想像した人は少なくないはず


ガムテープを肌に貼って、一気に剥がせば広範囲に短時間ですね毛を処理することが可能です。


ですが、肌へのダメージは最悪で何より「痛い」


ブラジリアンワックスと違い毛を取るために作られたものではないので、確実性にも難点アリ。

海外系医薬品

ネット広告で出てくる『日本で禁止されているほど効果がヤバい海外の医薬品』に興味を惹かれたことがあるのではないでしょうか?


しかし、海外系医薬品は肌に合わない可能性もあるし、そもそも効果が保証されていないものも多い。


迷うほど切羽詰まっているのなら、冷静に日本で売っているものを買った方が利口ですよ。

すね毛をなくす方法

すね毛を処理する方法は大きく分けて”なくす”か”目立たなくする”の二択


【なくす】場合はすね毛をツルツルにするのがメインになります。


すね毛のコンプレックスを解消したい人やはっきりと目に見える効果が欲しい人は”なくす”のがおすすめ。


できるだけ肌に優しく、しっかりと毛を処理できる方法をご紹介します。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、元々VIOライン(デリケートゾーン)の脱毛手段として使われていた方法で、すね毛処理にも適しています。


やり方はワックスで毛を固めて絡め取るだけ。


脱毛サロンよりも手軽に行うことができ、値段も2,000円以下とリーズナブルです。


  • 「とにかくスッキリしたい」

  • 「すぐにツルツルにしたい」

  • 「試しに脱毛してみたい」

という方はブラジリアンワックスから入ると良いかも。


Amazonで商品を探す

除毛・脱毛エステ

しっかり確実にツルツルにしたいなら『専門のメンズエステ』が最適です。


すね毛以外の部位の処理も入った全身脱毛ができるのも魅力の一つ。


部位ごとに異なる脱毛の知識は不要だから、トータルのコストが抑えられることも。

除毛クリーム

すね毛処理の王道といえば『除毛クリーム』


除毛クリームはカミソリやエステと異なり、クリームを塗って洗い流すだけで除毛できます。


肌に対する影響は最も少ないと言っても良いでしょう。


「今週末海に行く予定が」なんて急な予定のすね毛処理に、『除毛クリーム』はベストな選択肢。


除毛クリームをAmazonで検索

すね毛を自然に見せる方法

「ツルツルすね毛には抵抗があるし、意識されているとも思われたくない」という方は【目立たなくする】のがベター。


女性の意見として言わせていただくのであれば「ツルツルは気持ち悪い」。


だからこそ「すね毛を残したまま、気にならないようにする」のは最良の選択肢。


「男らしさ」という部分をアピールするためにも、すね毛は自然な方がベストです。

すきカミソリ・すね毛トリマー

【すね毛を整える】なら『すね毛用のすきカミソリや専用のトリマー』を使うのがおすすめ。


すね毛を完全にツルツルにすると引く女性も多いし、男性らしさが失われる。


その点、すきカミソリならツルツルになるまで剃らないから自然に見える。


「剛毛の不潔感はないけど、ワイルド感はある」ちょうど良い塩梅を魅せることができます。


カミソリで切った後のチクチク感が嫌なら、電動のすね毛用トリマーを使うと良いかも。


肌へのダメージが若干軽減される分、少しお高め。


しっかりと処理したい人は一本持っておいて損はありません。


シック Schick メンズ ボディ用 ヘアトリマー (1本)


パナソニック ボディトリマー お風呂剃り可 男性用 白 ER-GK60-W

脱色クリーム

すね毛が目立つのは白い肌に対して黒い毛がコントラストになってしまうから


すね毛の色を脱色してしまえばすね毛は目立たなくなります。


脱色クリームは手軽な上、肌にも優しい成分が含まれているのもポイント。


「剃るのは抵抗がある」「除毛クリームは扱いが怖い」なら『脱色』という選択肢を検討してみて。


【まとめ買い】メンズボディ むだ毛脱色クリーム N ×2セット

清潔感が欲しいなら最低限「すね毛を目立たせないように」

結局のところ見た目はバランスが肝です。


すね毛のワイルドさを活かす見た目を作りたくないor作れないのであれば、整えた方が良いでしょう。


処理をすることで気持ちを入れ替えられ、スッキリした気持ちで歩けるようになるかも。


コンプレックスは放置するのではなく、解消した方が楽ですよ。


まずは試しに、整えてみてはいかがでしょう。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事