【拒食・絶食】をしてしまう理由とは|摂食障害の原因まとめ

2019-08-08

#メンタル

タイトル

日頃のストレスや些細な一言から始まる「拒食」「絶食」。心を病んでしまったメンヘラが陥る「食べたくても食べられない。吐いてしまう」《拒食症》や《摂食障害》を、そのまま放置してはとても危険です。メンヘラが「拒食」「絶食」にしてしまう理由と改善方法をお伝えします。

骨と皮だけになっても、食べられない

他人の些細な一言やストレスからくる「拒食」

好きな人から「痩せてる人の方が良い」と言われた。

ダイエットの「リバウンドが極端に怖い」


ジムで運動しても、消費されるカロリーはお茶碗1杯程度


対して食べることで消費されるカロリーはそれ以上。


「痩せなきゃ」という強烈な思い込みから、「食べない」を選んでしまうのは当然のことかもしれません。

メンヘラが拒食・絶食をしてしまう理由とは

食べられない、食べても吐いてしまう「拒食」。


拒食の理由は日頃のストレスや「痩せたい」という強迫観念と人それぞれです。

食べられない、吐いてしまう

「食べれるけど、吐いてしまうから栄養を取れない」

「そもそも食べれない、食欲が湧かない」


拒食には大きく分けて「無食欲と拒食の2パターン」があります。


「拒食」と聞くと必ずしも「一切食べない人」を想像しがちですが、「食べても吐く」ことも摂食障害に入るのです。


中には「食べるけど、意図的に吐く」「吐くことで安心する」というタイプの人もいます。

痩せているほうが綺麗

若年層で拒食が流行っている大きな原因の一つが「行き過ぎたダイエット」。


ダイエットをする女性たちは決して”常識を知らない”わけではありません。


本来は適切に食べ、運動すれば痩せるはずなのはわかってる人が大半。


でも、”運動して消費するカロリー量”よりも《摂取カロリーの方が大きく、目につきやすい》ため…。


痩せるための最短ルートは「食べない」と感じてしまうのです。


運動した方が良いことをわかっているからこそ、拒食グセがある人は他人より痩せるために「食べずに動いてしまう」傾向にあります。


合わせて読みたい▼

摂食障害「拒食症」「神経性やせ症」「神経性無食欲症」

行き過ぎた拒食や絶食、長期間による食欲のない生活を続けると《神経性やせ症》や《神経性無食欲症》といった《拒食症》になってしまっている可能性もあります。


現在は人それぞれですが、「肥満への極度の恐怖」「ダイエットの延長線上」「他人からの体型に対する指摘」から摂食障害になってしまうケースが多いです。

「拒食」から「過食」に反転することも

摂食障害には「拒食症」だけじゃなく、食べすぎになる「過食症」も含まれています。


拒食と過食は表裏一体で、行ったり来たり往復する人は多いです。


特に近年は10代の拒食が多く「拒食を克服した結果、20代で過食に」なる人があとを絶ちません。

拒食・絶食を改善したい

「普段通りの食生活のイメージ」「食べなければいけない」


拒食を改善したいと思う強迫観念こそ「拒食の原因」になり、「過食の原因」にもなってしまいます。


少しずつゆっくり、無理せず食べれるようにする方法をご紹介します。

ストレスの元を取り除く

心因性の拒食の場合、ストレスがなくならない限り続く可能性があります。


「太っている」と言われた出来事なら「太っていない」という事実を。


「痩せ型の女性が好き」と言われたなら「そんな事言う男性は悪条件」だということを。


ストレスを溜めたまま過ごして「自分にダメージを与え続ける」ことが最も避けるべきこと。


ストレスやストレスの原因からは「逃げても良い」のですから。

「食べなきゃいけない」は考えないほうが良い

《拒食で栄養を取ってないから取らないといけない》と無理に考えなくて良いです。


自分を責めることによってさらに精神的な負担をかけてしまうと、さらに食欲が無くなっていきます。


無理して食べようとすると吐いてしまい…。余計に体力を消耗していくこともあります。

小さくて、柔らかいものから少しずつ「噛む」

食べる気力が出てきたら、「小さくて柔らかいもの」から少しずつ食べ始めましょう。


少しずつ=少量という意味ではなく、時間をかけてゆっくり食べることが重要です。


おかゆやリゾットのように食べやすく、胃に優しいものから食べ始めるとベスト。


大切なのは「飲み込む」ことじゃなくて「噛むこと」です。


おかゆで噛む練習をして、少しずつ食べ進めるようにしましょう。


合わせて読みたい▼

食べられることの幸せを噛み締めて

メンヘラが「拒食」や「絶食」になってしまう原因は「精神的な要素」が大きいです。


「拒食」なってしまったとしても、直す方法はあります。


無理して直そうともせず、徐々に直していきましょう。


「普通に食べられる」ことはそれだけで幸せなこと。幸せを噛み締めてくださいね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事