「メンヘラ=貧乳」は本当?|メンヘラに貧乳が多い理由8選

2019-08-23

#メンタル

タイトル

「メンヘラには貧乳が多い」という噂を聞いたことがありますか?どこを探しても明確な根拠は無い噂話ですが、あながちデマだとは言い切れないかもしれません。「メンヘラは貧乳が多いのか」そして「メンヘラに貧乳が多いと言われる理由」をお伝えいたします。

「メンヘラには貧乳が多い」という噂

「メンヘラは貧乳が多い」という噂は本当なのでしょうか。


そもそも「メンヘラは貧乳が多い」という噂はどこから出てきたのでしょうか?


諸説ありますが、《病み垢》で呟かれる「おっぱい欲しい」発言から生まれた《SNS発祥説》が濃厚です。


「おっぱいが欲しい人生だった」「(自撮りした写真と一緒に)おっぱい欲しい」


そんな発言が広まってしまうくらい、メンヘラはおっぱいに飢えてしまっているのでしょうか…?


合わせて読みたい▼

本当にメンヘラに貧乳は多いのか

「メンヘラは貧乳が多い」という噂の実際のところは《はっきりとした根拠はない》が答えでしょう。


そもそも”人による”ところが大きい体型の話ですし、「メンヘラ」も「貧乳」も差別的要素を孕んでいます。


「独自調査では70%を越える」といった結論を出しているサイトもありますが、確かな根拠ではないと言えるでしょう。

実体験上も「メンヘラに貧乳は多い」印象

歌舞伎町でホストをやっていた筆者の経験上、根拠のない感覚ですが確かに「貧乳は多かった」と思います。


もちろん歌舞伎町だけでメンヘラは語れないですし、歌舞伎町内だけでも「メンヘラ=貧乳」とまでは言えませんでした。


あくまで”体感として多い印象”程度ですが、多いと言われたら納得できる程度には多かったです。

「メンヘラ=貧乳」自体は事実ではない

さて、ここまで「メンヘラは貧乳が多い」という実態をお伝えしましたが、実際はイコールではありません


実際には、メンヘラの中には過食に走り、激太りするタイプの人もいます。「食べてなくても胸が大きい」タイプの人もいます。


おっぱいのサイズに関して言うのであれば、《個人差が大きい》が答えでしょう。


合わせて読みたい▼

メンヘラが貧乳になる理由8選

「メンヘラに貧乳が多い」と言われる理由は、”胸の発育に関わる”とされている女性ホルモンのバランスが崩れやすいからだと言われています。


メンヘラは”精神的な不安定さ”や”不規則な生活”から通常よりも精神状態が崩れやすく、合わせて「ホルモンバランス」も崩れやすいです。


では、ホルモンバランスが崩れる原因はなんなのでしょうか。


《メンヘラに貧乳が多い》理由を8つ解説していきます。

1.ストレスで女性ホルモンが乱れている

胸の発育に関わる女性ホルモンは《ストレスを受けると分泌量が減ってしまう》という特性があります。


メンヘラは心が不安定なことが日常化していて、いつも「多大なストレス」を感じてしまっています。


女性ホルモンが減ってしまうと精神が安定しない…。


安定しない精神が原因でまたストレスを受ける…。という無限ループのような状況に陥ってしまうと最悪です。

2.夜更かしや不規則な生活リズム

「夜更かしは美容の大敵」とは言いますが、《夜更かしは育乳の大敵》でもあります。


女性ホルモンと同様バストアップには欠かせない「成長ホルモン」は夜の22時〜2時の間に一番活発に働くと言われています。


その時間に寝ていないと成長ホルモンが少なく胸が育ちづらいのです。


鬱になってしまったり夜中までSNSで「不眠症」になってしまったりしてしまうのがメンヘラ。


不規則な生活が原因で、胸の成長も滞ってしまうのです。


合わせて読みたい▼

3.DVや複雑な家庭環境

家庭環境が悪いとメンヘラになりやすいと言います。


実際に


「貧乏でまともな食べ物が食べられなかった」

「両親から虐待されてご飯が食べられなかった」


影響で、栄養が足らず胸がちゃんと育たないことも。


家庭環境が劣悪だと「両親の喧嘩がうるさくて眠れない」「DVや虐待を受けていた」等、他の原因も重なりがち。


尋常ではないストレスによって胸への悪影響は何倍にも膨れ上がります。


合わせて読みたい▼

4.拒食・ダイエット

「痩せて綺麗になりたい!」という気持ちは前向きで素晴らしいもの。


ですが、気持ちが強すぎて方向性を間違え、《ダイエットのしすぎで胸が育たない》人もいます。


極端な場合、食事の量を減らそうと思った時に


「炭水化物を減らそう」といった軽いものではなく


「今後水も飲まない!」なんて人まで…。


当然ですが成長には栄養が必要です。


適度に食べないと胸から痩せてしまいますよ。


合わせて読みたい▼

5.ブラのサイズが合ってない

整理整頓ができなかったり、性格が雑すぎるメンヘラの場合「サイズなんかどうでもいい」と適当なブラをつけてしまいがち。


ですが、形の合わないブラをつけていた結果、胸の形が崩れて垂れていってしまったりとより小さく見えるようになる事も。


サイズの合うブラを探すのは胸の形を綺麗に見せるためには大切。


面倒くさがらず、ちゃんと合うサイズのブラを探しましょう。


6.猫背など姿勢が悪い

実際には貧乳ではなくても、《姿勢が悪いと小さく見えてしまう》こともあります。


特に悪影響があると言われているのは”背筋が前のめり”になってしまっている「猫背」。


猫背になると血流が悪くなり、胸に血流が行き渡らないため大きくならないと言われています。


また、猫背は洋服が胸に引っかかって胸のシルエットも見えづらく、余計に貧乳に見えてしまいます。


メンヘラは特に”スマホやPC”を見ている時間が長く”姿勢が悪くなりがち”になるのも響いています。

7.親の遺伝が影響

実は、親からの貧乳の遺伝率は「30%」ほどと言われています。


そんなに大きい数値ではないのです。


実際には貧乳の原因のほとんどが「生活習慣が原因」と言われています。


ですが、それでも30%は遺伝で決まってしまうことが大きいのです。


こればっかりは運命かもしれませんが…。


家庭環境もそうですが、親から受け継がれるものは大きいです。


親がメンヘラだと子供もメンヘラになりやすいように、貧乳も共に受け継いでしまう時もあります。


8.偏った食事による不摂生

「普段からお酒は飲みまくっていて必要な食事が取れてなかった」

「食べるものが偏りすぎて必要な栄養が足りない」


不摂生な食生活によるおっぱいへの影響は非常に大きいです。


特に”好き嫌いが多い”メンヘラによくある「偏食」はおっぱいが育たない大きな理由になり得ます。


「全く食事を取らない日」があったと思えば「いきなり暴飲暴食する」。


日によって安定した食事を取っていないのも、メンヘラに貧乳多いと言われる理由の一つになっています。


合わせて読みたい▼

過酷な環境で育つほどおっぱいは強くない

農作物を育てるには良い土壌から。


メンヘラの”劣悪な生活習慣”という土壌では、おっぱいが成長するにはあまりにも過酷です。


貧乳に狙ってなりたい場合はメンヘラの生活を参考に。


もしそうでなければもう少し胸を労った生活を心がけるようにしてくださいね。


合わせて読みたい▼


▼この記事の編集者は

関連記事