「親の言うことを聞かない子供」って本当に親不孝ものなの?

2019-12-23

#メンタル

タイトル

親の言うことを聞かない子供は”親不孝もの”。はたして、本当にそうなのでしょうか?親の言葉に縛られてしまった人も、親の言う通りに生きて成功した人もいるはず。「親の意見を聞いて正解だった人」と「親の意見を聞かなくて正解だった人」の意見を元に、親の言うことを聞かないと本当に親不孝なのか、解説します。

「親の言うことは絶対」は本当に正しいの?

子供の頃に何回聞かされたか、わからないほど言われたこと。


「親の言うこと聞きなさい」

「親の言うことが聞けないのか」

「何もわからない子供が」


親の言うことを聞く子は”良い子”。違うことをやると”悪い子”。


親の言うことを聞くことが、本当に正しいことなのでしょうか?


親の言うことを聞かなくて正解だった人」と「聞いて正解だった人」の意見をご紹介します。


合わせて読みたい▼

親の言うことを聞かない子供は、親不孝もの?

親の言うことを聞かない子供=親不孝者かどうか。


結論としては、「別にそんなことない」が答えでしょう。


そもそも『親不孝』とはなんなのでしょうか?


親を大切にしないで、心配や迷惑をかけること。また、そのさまや、その人。「親不孝な娘」

引用:コトバンク


つまり親不孝とは、「親を大切にしない」こと、そして「親に心配や迷惑をかける」子供のこと。


親の言うことを聞かずとも、親を大切にして、きちんと親に迷惑かけずに自立していれば…。


それは「親不孝ではない」と言えるでしょう。


もちろん親の言うことを聞かずに、迷惑をかけることがあれば、それは間違いなく親不孝。


言うことを聞かない=イコール親不孝ではありません。

親の言うことを聞かなくて正解だった人

親は良くも悪くも、自分の価値観を作る人。


どうしても、親の影響は受けてしまいます。


親の言うことを聞かなくて正解だった人の意見を元に、ご紹介します。

適当なことを言う親だった

宿題終わったらご褒美にケーキくれるって言ってたはずが、宿題終わったら「ケーキなんて買ってない」と言われたことがあります笑

(20代前半 男性)


そもそも適当なことしか言わない親なら、まともに取り合う必要もないです。


子供は、親の姿を見て育ちます。


親がいい加減なことを言っていたり、支離滅裂なことを言うようであれば、子供にも悪影響が出るのは必然。


  • 約束を守らない父親

  • 良い加減な性格の母親

  • 子供にまで嘘をつく親


答えてくれた方は「責任感がない親を反面教師にしていた」と語っていました。

常識を盾にする親だった

「世間を知らないくせに偉そうに」「親の言うこと聞くのは常識だろ」が父親の口癖でした。

(10代後半 女性)


”常識”という言葉を盾に、自分の言うことを聞かせようとする親を持つ人も多いです。


もちろん、常識にも

  • 明らかに間違ったことをした時

  • 自分と違う価値観の時

二種類ありますよね。


前者の「明らかに違っていた時」なら、「みんなそうしているよ」と諭すように教えようとしているのかもしれません。


でも、「自分と違う価値観の時」の「常識でしょ」は”お前は常識外れ”という誹謗中傷


たとえ相手が自分の両親だったとしても、価値観を押し付ける親の元で育つのは嫌ですよね。

「言うことを聞かせたい」だけの親だった

「ことあるごとに親に反対されて、いつの間にか自分で何かを選ぶことができなくなっちゃってます」

(20代前半 女性)


何をしようとしても「ただ反対される」だけ。


奴隷を作るかのように、行動制限してくる親に育てられた人もいます。


本人からしてみれば「優しく守ってあげてる」かもしれませんが、される側からしたら窮屈に感じる人も多いよう。


実際、親を”鬱陶しく感じる”人って多いですよね。


合わせて読みたい▼

親が知らない世界に飛び出せた

「この仕事だけは絶対するな」って言われた仕事が、普通に楽しかった時。

(20代 男性)


親の言うことを聞かなくて正解だった人の中でも、割と多かったのがこちら。


親に逆らって自分で進んだ道が正解だった』パターン。


自分が上手くいったことを、子供に教えるのは当然。


だけど、イコール「本人が幸せ」であるかは別です。


「聞いておけばよかった」という人もいたので、人によるところが大きいのは否めませんが…。


親が決めた道を進むだけが幸せになる方法ではないことは、明確ですね。

親の言うことを聞いて正解だった人

「親の言うことは絶対じゃないでしょ」


とはいえ、長生きする先輩として、知識や経験を教えてくれる人が身近にいるのは、ありがたいことです。


特に親がしっかりとした性格だったり、本当に教えるのが上手な人であれば、人生において役に立つのもまた事実。


親の言うことを聞いて正解だった人の意見も、ご紹介します。

危険を回避できた

「この仕事じゃなくて他(の会社)にしたほうが良い」って言われた会社が本当に潰れた時、「あーよかった」って感謝しました。

(20代 男性)


親のアドバイスや経験談から、失敗を回避できたパターン。


自分よりも確実に親の方が長生きし、さまざまな経験をしているのは当然のこと。


親自身が経験した失敗や、ミスをなくすための方法をアドバイスとして聴けるのは、もちろん理想的です。


人生の先をいく先輩として、親が頼りになる存在だと幸せですよね。

経験していないことを経験させる親だった

「とりあえずやってみろ」で買ってもらったギターが趣味になって、友達ができた。

(20代 男性)


何事も経験しなければ、理解できませんよね。


子供に体験してないことをさせるタイプの親だった場合、学校では学べないようなことを学べます。


好奇心や知識欲がほどよく刺激されるので、行動力やモチベーションも高くなりやすい。


「子供には旅をさせろ」タイプの親がいる子供は、大人になった後に親に感謝する傾向があります。


合わせて読みたい▼

他の子供より進んだ教育を受けられた

小学生の頃から1〜2年先の勉強を教えてもらったおかげで、意識して努力しなくても勉強は常に学年トップクラスでいられた

(10代 男性)


教育熱心だったり、子供の将来を考えたりするタイプの親の場合、子供に進んだ教育を受けさせることも多いでしょう。


筆者の親もそのタイプで、幼稚園に上がる頃には小学校1〜2年生の勉強を教えてもらいました。


もちろん、良い面でもあり、悪い面でもあります。


子供がプレッシャーに感じないように教えていれば良いですが、教育熱心がすぎて圧迫感を与えてしまうこともあります。


回答者の場合、親の教育方法が良かったか、回答者自身がプレッシャーに感じなかったからかもしれません。


合わせて読みたい▼

「親の」と「絶対」は抜いて判断しよう

親の言うことは、必ずしも正しいわけじゃありません。


でも、親の言うことだから間違ってると言うわけでもありません。


あくまでも一意見として、人生の先を行く先輩からの助言くらいに思っておくと良いですね。


もし親の意見を素直に取り入れられたら、あなたの方が大人だから。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事