SNSのオフ会で初対面時にがっかりするパターン12選

タイトル

「オフ会=楽しい」というイメージはあるけれど、オフ会が毎回楽しいとは限りません。どんな会なのか、誰が参加するのかでその日の運命が変わります。今回はSNSオフ会でがっかりするパターンをまとめました。

SNSオフ会でがっかりするパターン12選

「早く帰りたい」


頭の中は、ただそれだけ。

1.アイコンとのギャップがひどい

《SNSのアイコンと実物とのギャップが凄すぎる人》ってたまにいるよね。


アイコンは美少女なのに「実物はめっちゃ太ったおばさん」が来たら、リアクションに困ってしまう。


SNSの中くらい美少女になりたい気持ちはわかるけど…。実物からあまりにもかけ離れたアイコンにするのはやめてください。

2.スマホばっかり見てる

せっかくオフ会が開催されているのに、参加者がスマホばかり眺めてる。


人が集まっているというのに、この空間だけ全員無言。みんなスマホに夢中だから、誰も口を開かない。


全員スマホを眺めるんだったら、集まる意味あったのかなぁ。


スマホしかやることがないんだったら、家でYoutubeでも見てた方がマシだわ。

3.(複数人の場合)顔面格差がひどい

オフ会は老若男女様々な人が集まる。10代の若い女の子から、50代の脂ギッシュなおじさんまで。


いろんな容姿を持った人が一つの空間に集まるから、かなりカオスな空間になる。


顔面格差が酷すぎて、目も当てられない状態。


みんなお面をつけててくれないかな。そうしたら、顔面格差が気にならないのに。

4.ネット弁慶だった

SNSだとやたら饒舌で強気な発言を繰り返してるのに、実物は全然喋らない人っているよね。


SNSでのあの威勢はどうしたの?


ネット上では強気なのに、実生活では大人しい人のことを「ネット弁慶」って言うんだよ。


ネット弁慶な人と話すと全然会話が弾まないから、こちらも会話するのを躊躇ってしまう。

5.会話が続かない

「はい」「そうですね」などの“相槌しか打たない人”っているよね。


どんな話題を振っても、全然会話が膨らまない。


一番ダサいのは、「私人見知りだからなんて話せばいいかわからない」って予防線張る人。


人見知りなのはしょうがないとしても、せめて会話を膨らませようとする努力はしようよ。


コミュニケーションが成り立たない人と会話していると、こちらのエネルギーがどんどん消耗されていく。

6.見た目がだらしない

オフ会に「ヨレたTシャツ・短パン・クロックス」で来るやつ。


それ、初対面の人に会う格好なの…?


地元の飲み会じゃないんだから、せめてもう少しまともな格好をしようよ。


あまりにも見た目がだらしない人が来ると、一気にテンションが下がってしまう。

7.集合時間を守らない

集合時間に平気で遅れてくる人っているよね。


あなたが遅れると、どんどん開始時間が遅れるんですけど?


あなたは「先に始めちゃってていいから!」って言うけど、それはそれで気を遣うのわかんないかなぁ。


せめてオフ会がある日のタイムスケジュールはきちんと管理しておいてください。

8.お店選びが微妙すぎる

初対面の人同士で会うんだから、せめてお店選びは気を使ってほしい。


お店が狭かったり、料理の提供が遅かったりするとそれだけでテンションはガタ落ち。


特に最初のドリンクの提供が遅いと、いつまでも乾杯ができないから本当に困る。


オフ会はお店選びも本当に重要。店内の広さがちょうど良く、料理の提供スピードが適切で、料理の味も申し分ないところで開催してください。

9.マルチの勧誘だった

大人数のオフ会だと、必ず一人はマルチの勧誘をしてくる奴が混ざってる。


せっかくの楽しいオフ会もマルチの勧誘のせいで台無し。


自分が儲けることしか考えてない空気読めない奴。速攻つまみ出して退場願いたい。

10.テンションが高すぎる人がいる

お酒も絡んでやたらテンション高すぎる人がいる。


あくまでも初対面だから、あまりにもテンション高すぎるのは引いてしまう。


あなたにとってはそのテンションが普通なのかもしれないけど、せめてもう少し打ち解け合うまではテンションを抑えてもらえませんか。

11.すぐにワンチャン狙おうとする

オフ会ですぐにワンチャン狙ってくる奴。


オフ会は体目的で集まるものはなく、純粋に会話を楽しむための場所だ。


ヤることしか頭にない人と同じ空気吸いたくないんで、さっさと帰って寝てください。

12.(趣味オフ会の場合)本気度についていけない

アイドルやゲームなどの趣味オフ会の場合、その道を極めている人が絶対に一人はいる。


その道を語り出すと止まらなくなり、周りが引いていてもお構いなし。


趣味に没頭するのはいいけれど、せめて周りとの温度差には気づいてください。

オフ会に夢を見すぎるな

「オフ会=楽しい」というイメージは付きものだけど、必ずしも毎回「楽しい」とは限らない。


オフ会に夢を見すぎると、「思ってたのと違った」とがっかりしてしまうパターンも。


オフ会はあくまでも「ネットの繋がりの延長」程度に捉えて、過度な期待を抱くのは止めておいた方がいいかもね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事