職場で疎外感を感じる人に5つのアドバイス

タイトル

職場の人間関係で、疎外感を感じてしまうことはありませんか?疎外感は、人の言動に対して、孤独を感じることです。この記事では、仕事を頑張る・プライベートを充実させるといった、職場での疎外感をなくす方法についてまとめました。孤独で辛い人は参考にしてみてください。

同僚のため息と無関心。ツラくないですか?

職場には大勢の人がいるのに、疎外感を感じていませんか?


人にため息をつかれる、無関心であるといったことが続くと、だんだんと辛くなっちゃうのは仕方のないことですよね。


この記事ではなぜ疎外感を感じるのか、その原因について解説していきます。

女性の方が疎外感を感じやすい?

男性よりも、女性の方が疎外感を感じやすいという調査結果があります。


職場の人間関係でも、女性の方が「仲良しグループ」ができやすく、精神的負担が大きくなりやすいといえるでしょう。


”引用「その1年間は文字通り『孤独地獄』を味わうことになる」「グループ内には微妙な葛藤が存在し,毎日,神経をすり減らしている”


引用元:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep1953/48/3/48_352/_pdf/-char/ja

職場で疎外感を感じる瞬間

職場で疎外感を感じる瞬間についてまとめました。


人間関係に疲れる・孤独だという人は自分と照らし合わせてみてください。

自分だけ苗字で呼ばれた時

「他の人には下の名前で呼ぶのに、自分だけ苗字で呼ばれる」と仲間外れにされたような気持ちに。


よそよそしくされてしまうことでより疎外感が増します。

他の誰かが頼られた時

仕事で困っている同僚が、自分ではなく他の人を頼っているシーンを見るのは辛いですよね。


「私は求められていない、必要とされていない」と落ち込むことに。

陰口を言われているのを聞いた時

「仲良くしていると思った人が陰口を言っている」というパターンは珍しくありません。


そして、それまで入れていた輪の中から仲間はずれにされたと感じることになります。

暇でも話しかける相手がいない時

仕事の休憩中やお昼時など、暇があっても話しかける相手がいないと孤独を感じるでしょう。


また、自分以外の人と楽しそうに話していると、疎外感はより強くなります。

職場の疎外感をなくす方法

毎日通う職場だからこそ、疎外感をなくして気持ちよく仕事をしたいもの。


ここからは、職場の疎外感をなくすための5つのポイントについてアドバイスしていきますね。

1.まずはできることをやる

職場の疎外感に悩んだら、まずはできることをやりましょう。


デスクまわりを清潔にする・身なりをきちんとして姿勢を正すなど、前向きに仕事ができる環境づくりがおすすめ!

2.優先順位をつけて行動する

優先順位をつけて行動しましょう。


自分の仕事内容だけでなく、人に対しても優先順位を設けることで「全員と無理に仲良くしなくてもいい」という意識が生まれます。

3.目の前の仕事に集中する

職場で認められる方法で、最も効果的なのは「仕事を集中してやる」ということ。


まずは、目の前の仕事に集中してみて。


自分の心が納得できるような仕事ぶりで充実させれば、疎外感も薄まるでしょう。

4.プライベートを充実させる

職場での人間関係に悩む場合、切替てプライベートを充実させてみましょう。


職場での疎外感は、プライベートの充実感で打ち消せます。

5.自分の長所を意識する

疎外感を感じると、自分の短所ばかりに目が行きがち。


しかし、そう感じたら「私はここが長所!」と自分の長所に目を向けて、自信を持ってみましょう。疎外感が大きく薄れます。

職場で疎外感を感じるのは、頼られてないから

職場で疎外感をなくすためには、仕事面で頼られる人になることで解決します。


人間関係にだけに目を向けるのではなく、まずは目の前の仕事に真剣に向き合い、プライベートを充実させてみて。


そうすれば、疎外感を感じることなく、充実した職場の人間関係を構築できます。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事