社内恋愛で《告白が成功しやすい》タイミングとアプローチ方法

2019-08-02

#恋愛

タイトル

起こりやすい恋愛と言われる「社内恋愛」。社内で好きになってしまった人に対して想いを告白したい。けど、「いつも仕事でしか話さない」から”どうやって告白したら良いのかわからない”。社内恋愛を成功させる告白タイミングをまとめました。

社内恋愛の告白タイミングは「思い立ったが吉」

想いを告げる前の『社内恋愛片思い状態』の場合、お互いにとってはまだ「仕事が最優先」。


だけど、同じオフィス内に気になる人がいて、話をする機会があると、どうしても気になってしまいますよね。


いつまでも「こっそり恋している」片思いの状態を放置しておくと、仕事にも影響が出てくるかもしれません。


心配性な人は社内の”ライバル”に


「先を越されて好きな人が取られちゃうかも…。」


と考えているだけで、頭がいっぱいになってしまい…。


仕事も上の空でミスだけでなく、悩みすぎて健康面で悪影響が出てくる人だっているでしょう。


《後悔する前に想いを伝える》。恋愛の基本は社内恋愛であっても通用します。


合わせて読みたい▼

理想的な告白は「男性から」

仕事の関係から生まれる《社内恋愛》の場合、実際のところ《男性の押しがないと恋愛に発展しない》ケースは多いです。


女性は「社内恋愛がバレるリスク」を重く考えてしまい、引っ込みがちになってしまいます。


一緒に居られる機会があっても、「好きだけど周りの目が気になる、けど好かれたい…」。


葛藤の中で、男性の様子を見ているのです。


男性読者の方は「押さないと始まらない恋愛もある」を憶えておきましょう。

シャイで奥手な男性の場合「女性から告白する」のもアリ

気になる男性が《奥手・硬派なタイプ》だと、女性側からアプローチしないと恋愛に発展しない可能性もあります。


「理想は男性から」とはいっても、イコール「女性からしてはいけない」という訳ではありません。


特に男性は頼られることで承認欲求を満たす癖があり、「職場の女性から告白されること」に憧れを抱いている人も多いです。


告白は”ゴール”ではなく、あくまで”過程”です。

告白が成功するタイミング

社内恋愛はいつも一緒にいるだけに、告白するタイミングが見つけ難いものです。


学生の頃のように卒業式を待っていたら、定年を迎えてしまいますよ。


《社内恋愛の告白が成功しやすいタイミング》をご紹介します。

会社の飲み会で一緒になった”後日”

仕事中は集中している彼でも、お酒の席なら緊張も解けて話しやすくなりますよね。


お互いに仕事の話からプライベートの話に、自然と誘導することも難しくありません。


もちろん飲み会の場の良い雰囲気のときに告白しても良いのですが…。


お酒の力に頼った告白は”場のノリ”や”一夜の過ち”だと認識されて、「軽い人」だと思われるリスクもあります。


誠実なお付き合いをしたいのであれば《お酒の場で仲良くなった後日に二人きりの場を設ける》こと。


良い雰囲気を引き継いだまま《素面で告白する》と、成功率が上がりますよ。


合わせて読みたい▼

連絡を頻繁にするようになった時

一般的にメールやLINEのやり取りが「3日以上続けば」”脈ありサイン”と言われています。


メッセージが続いたり話を盛り上げたりしてくれるのなら、告白でOKをもらえる可能性が高まっている証拠かも。


もちろん業務連絡のやりとりは例外。


あくまでプライベートな「少し踏み込んだ会話が続いていれば良いかも」くらいに思いましょう。


合わせて読みたい▼

相手の仕事が充実し、前向きになれている時

相手の仕事が充実している時は気分も昂り《精神的にポジティブな状態》にあります。


「心身が満たされたポジティブな時」の告白は「落ち込んでいるネガティブな時」よりも成功しやすいです。


勘違いしてはいけないのは「仕事が充実している時」であって、「仕事に没頭している時」ではないということ。


没頭している時や忙しい時に告白してしまうと…。


「今は恋愛どころじゃないから」となってしまいます。


プロジェクトが軌道に乗り、相手が「楽しい」と思う余裕ができ始めてきたタイミングがベストです。

《悩み相談》が複数回あった時

悩み相談は「仕事」や「自信がない」ときにするもの。言ってしまえば《相手が弱ったタイミング》です


精神的に弱ったタイミングは誰かに支えてほしいと思っているため…。


「ただ相談に乗ってくれた」「話を聞いてくれた」程度の関係性だったとしても好意を抱きやすいです。


悩み相談を”繰り返し聞く”ことで《単純接触回数》も増えているので、自然と好意を抱かれる条件は整っています。


好意を抱かれた状態での告白ほど成功率が高いものはありません。


相談の場は《下地を整えるタイミング》だと思いましょう。


合わせて読みたい▼

相手か自分が転勤か異動になる時

好きな人に会えなくなる前に「思い切って告白しちゃう」。


社会人にとっての「クラス替え」、《転勤・異動のタイミング》で告白する人もいるでしょう。


「どうせダメでも会わなくなるから…」そう思ったらダメ元で告白する勇気がもらえますね。


言わない後悔より言ってスッキリさせたほうが禍根を残しません。


転勤・異動のタイミングは”相手も好意を抱いていた場合”に「成功しやすい」告白と言えるでしょう。

失敗する”社内恋愛”告白タイミング

起こりやすい《社内恋愛》とはいっても、いつでも告白して成功するわけではありません。


「相手も自分に好意がある」と勘違いしたまま告白してリスクを背負わぬよう。


勇気を出して告白するタイミングを見極める方法をお伝えします。

思い込みの告白

そもそも自分が「恋愛対象として見られていない」状態で告白しても成功するはずがありません。


社内は他人が大勢いる言ってしまえば「表の自分で接している場」です。


「気合の入ったメイク」や「愛想良く話してくれる」のは当たり前な環境なのです。


”通常の脈ありサイン”だけで「脈あり」と思い込み、安易に告白すると…。


当然ですが、振られてしまう可能性も高くなります。

相手がリアルタイムで悩んでいる時

「仕事上のトラブルや人間関係の問題を抱えている最中」は恋愛どころではありません。


弱っている時の告白は有効とはいえ、問題に直面している最中の告白は逆効果


相手が問題に直面している時は「相談に乗って、支える」「話を聞いてあげる」ことに徹底するようにしましょう。


相手が「仕事で多忙な時」も同様です。


相手の状況を把握せず、自分の気持ちを一方的に押し付ける人が好かれる訳がありません。


「相手の状況が今どうあるのか」きちんと目を向けて先走りすぎないようにしましょう。

深い会話をしていない

プライベートに踏み込んだ会話をしているかどうかは非常に重要です。


当たり障りのない話しかしていないと相手の印象にも残らないし、「同じ会社で働いているだけの仲間」という枠から逃れられないです。


恋愛対象として見てもらいたいなら、まずは”世間話”から。


怖がらず、一歩深いプライベートな話をするようにしましょう。


合わせて読みたい▼

相手に恋人がいる

オフィス内で”恋人の有無を公言する人は意外と少ない”ですよね。


片思い中でまだ「仕事の話が中心」という状態の場合、恋人の存在が見えない時もあります。


もちろん相手の恋人の有無を確認せず告白したら、「恋人がいるので無理」と断られる可能性だって否定しきれません。


プライベートな話が出てくるようになったら、「恋人の有無」「(恋人がいる場合)うまくいってるか」どうかをリサーチするのが良いでしょう。


告白し玉砕して社内で気まずい思いするよりも、気になる人の事前リサーチをしておく方が後のことを考えても良いですよ。

告白タイミングを見極めて社内恋愛を成功させて

起こりやすく、バレやすい《社内恋愛》。


お互いに社会人であるからこそ、告白するあなたの人生にとって大きな意味を持つのは間違い無いでしょう。


毎日会う想い人との妄想を現実にさせるためにも、きちんと準備してタイミングを作ってくださいね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事