他人に無関心になる方法|顔色を伺って消耗しているあなたへ

タイトル

他人の目を気にしてしまい、顔色ばかり伺ってしまう方へ。できることなら他人に無関心になって、自分らしく生きたいですよね。他人に無関心になると、ストレスが減るだけでなく自分のペースで生きることができますよ。他人に無関心になる方法をご紹介するので、今日から実践してみてくださいね。

つい他人を気にしちゃう…

「周囲の目を気にしてしまう」

「影響されやすくて考えを振り回されがち」


他人を気にしてしまう性格だと、周囲に振り回されてストレスを感じたり我慢したりする機会が多いですよね。


他人に無関心になれたら、辛い思いをしなくてもいいのに…。と、つい思ってしまっていませんか?

無関心になるメリット

他人に無関心になることで、精神的に余裕ができます。


他人にかけてたエネルギーが減るし、他人から受けてたストレスも減るので、心に余裕も生まれます。


他人に無関心になることはいいこと尽くし。自分の人生をきちんと生きたい方は要チェックですよ。

ストレスがなくなる

他人に無関心になることで、周囲に振り回されるストレスがなくなります。


ストレスが溜まってしまうのは周囲の行動や意見に囚われてしまい、自分のやりたいことに制約が生じてしまうから。


他人を気にせず生きることができれば、無駄なストレスを抱えることもなくなるでしょう。

気が楽になる

他人に無関心になれば、焦りや葛藤がなくなり気が楽になります。


他人を気にしているとつい比較してしまって、無駄に落ち込んだり焦ったりしてしまいますよね。


「他人は他人、自分は自分」と割り切れるようになれば気持ちが駆られることも少なくなるので、精神的に楽になりますよ。

自分のペースで生きることができる

他人に無関心になれば、自分のペースで生きることができます


自分のペースが乱されるのは、他人の意見や他人の行動を気にしてるから。他人に無関心になれば、自分のやりたいことをやりたいようにできます。


人からなんて言われようと「自分は自分」と思えるようになれば、自分らしく生きることは簡単ですよ。


合わせて読みたい▼

他人に無関心になる方法

他人に無関心になる上で大切なことは「自分自身を満たすこと」です。


自分の中で目標があやふやだったり、不足感がある状態だとどうしても他人の目が気になってしまいます。


他人を気にしないように頑張るのも大切ですが、まずは自分自身に目を向けてみてくださいね。

自分の人生を充実させる

自分の人生を充実させれば、他人が気にならなくなっていきます。


人生を充実させるには、自分が没頭できるものを見つけるのが大切。没頭できるものなら、仕事でも、趣味でも、何でも大丈夫です。


やりたいことに夢中になっていれば、自ずと他人の目が気にならなくなっていきますよ。


合わせて読みたい▼

無関心になることに罪悪感を持たない

「無関心になってはいけない」という心のブロックがあると他人に無関心になることを邪魔してしまいます。


まずは罪悪感を捨てる努力をしてみましょう。他人に無関心になったからといって、誰かを傷つけるわけでもありません。


「他人に無関心になることは悪いことではない」と言い聞かせれば、だんだん罪悪感も薄れていくはず。


合わせて読みたい▼

SNSを遮断する

SNSを見続けているとつい他人の動向が気になってしまいます。SNSの「結婚報告」「妊娠報告」にイラっとした経験がある人も多いのでは。


いっそのことSNSは遮断して、見ないようにするのが吉。完全に見ないようにするのが難しかったら、時間を決めて「この時間は見ないぞ」と決めればOK。


SNSから離れることができれば、他人を気にする時間も徐々に減っていくのです。


合わせて読みたい▼

友達と比べない

友達と自分を比べないことも大切です。友達は自分と身近な存在だからこそ、つい比べてしまいますよね。


でも、比べたところで、友達が他人なことに変わりはありません。


友達間でもしっかり線引きして付き合えれば、友達に振り回されることも無くなりますよ。


合わせて読みたい▼

完璧主義をやめる

完璧主義になってしまうのは、他人の目を気にしているのも原因の一つです。


「〇〇さんの期待に応えないといけない」「会社での評価を下げたくない」


など、周囲の目を主軸に物事を完璧にこなそうとするから苦しくなってしまうのです。


「他人の期待に応えるために頑張る」のではなく、「自分の幸せのために頑張る」に気持ちを切り替えると他人の目も気にならなくなりますよ。

気持ちに余裕を持つ

他人の目が気になってしまうのは、自分に余裕がないからです。


常にイライラしていたり、欠乏感があったり…。自分に余裕がない状態だと、どうしても他人の動きが気になってしまうもの。


まずは自分の気持ちに余裕を持つ工夫をしてみましょう。自分がご機嫌になれる時間を取り入れれば気持ちに余裕も生まれるかも。


合わせて読みたい▼

自分の中で目標を作る

自分の中で目標を作って集中すれば、他人に関心を持たなくなります。


他人が気になってしまうのは他人に集中力が削がれている状態。自分の好きなことや叶えたいことを目標にすれば、他人に向けてた集中が自分に向けられるはず。


人は一度にあれこれ集中できないもの。自分に集中していれば、自ずと他人が気にならなくなりますよ。

周りの環境を変える

今の環境だとどうしても他人を気にしてしまうなら、いっそのこと環境を変えるのもおすすめ。


都会にいて人目が気になっていたのなら、人口が少ない田舎に引っ越すのもいいですね。


環境次第で自分が気にするものも変わっていきます。今の環境に不満がある方はいっそ環境を変えてみては。


合わせて読みたい▼

自分の時間を作れば他人を気にしなくなるかも

他人を気にしてしまうのは、自分の時間が足りないからかもしれません。


自分のためのご褒美タイムを作ってますか?


忙しくても時間を工夫すれば、自分の時間は作ることは大いに可能です。


自分を満たしてあげれば、自然と他人に無関心になれますよ。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事