【体験談】24歳女がペアーズのマッチング相手に実際に会ってきた

2019-12-14

#恋愛

タイトル

「マッチングアプリって本当に出会えるの?怪しくない?」とお思いの女性もいるのでは。マッチングアプリに登録したくても安全性が気になって躊躇しちゃうこともありますよね。今回は筆者が実際にペアーズに登録し、デートに行くまでの流れをレポしてみました。どんな男性と出会えるかが気になる方も必見ですよ。

マッチングアプリ 「ペアーズ」とは

pairs3

ペアーズとは会員登録者数1000万人を超える大人気マッチングアプリ 。


会員数が多い分いろんなタイプの男性と出会えるのが魅力となっています。


しかし、マッチングアプリを使ったことがないと「本当に会えるのか」「怪しくないのか」が気になるところですよね。


今回は筆者が実際に登録し、ペアーズで安全に会えるのか検証してみました。

ペアーズの料金形態

ペアーズは


  • 女性無料

  • 男性3,480円/月


で利用することができます。


一応女性会員向けの有料オプションもありますが、普通に利用する分には無料版で十分だと思います。


ちなみに有料オプションに課金すると「いいねが50回分付与される」「絞り込み検索機能が充実する」などあります。


どうしても早くお相手を見つけたい人はレディースオプションを利用するのも手段の一つ。

実際に登録してみた

ペアーズの登録方法はかんたん。アプリをダウンロードし、Facebookを通して登録するだけ。


ペアーズのいいところは”Facebookで友達になってる人とはマッチングしない仕組み”になっているところです。


だから「マッチングアプリを使ってることが知り合いにバレたくない…」という方でも安心して使えます。


ちなみにFacebookをやっていなくても、メールアドレスで登録する方法もあるのでFacebook未登録でも大丈夫ですよ。


登録後1時間で6人とマッチング

登録したらまずはプロフィールを入力しましょう。


私は「プロフィール写真とプロフィール文を充実させることが高いマッチング率に繋がる」と聞いていたので、すぐにプロフィールを完成させました。


完成したプロフィールはこんな感じです。

すると…プロフィール効果なのか続々と「いいね」が!


ちなみに「いいね」が届くとこのように表示され、”右にスワイプすればマッチング・左にスワイプすればさようなら”することができます。

操作もとっても簡単でわかりやすいのがいいですね。


気がつけば1時間で6人の方とマッチングし、メッセージのやり取りをしていました。

真面目な人が多い印象

実際にメッセージのやりとりをしてみると、ペアーズの男性は真面目な方が多い印象です。


最初の挨拶はもちろん敬語だし、いきなりLINEを聞いてくることもありません。


私は趣味を「映画鑑賞」に設定していたからか、最初に映画の話題から入ることが多かったです。

大体5〜6通メッセージすると、お相手からデートのお誘いがありました!

ちなみに他の方とのメッセージでも、5通目でデートに誘われたので


「マッチング→デートの約束」までは5通前後が平均的なのかなと思います。

実際に会ってみたら…

という訳で、実際に会うことに!


約束の場所に向かったら、写真よりも地味で大人しそうな男性が。グレーのダッフルコートに黒縁メガネをかけていました。


メッセージでは「明るくて会話も弾む男性」なイメージでしたが、そこに立つ男性からは会話が弾むイメージが皆無…。


(おいおい、大丈夫か…?)


不安を抱えながらも軽くご挨拶をし、カフェに移動。

カフェではお互いの仕事や休みの日にしていることなどを話しました。


…が、如何せん会話が弾まない……。


私が「〇〇ですよね?」って聞くと「はい、そうですねぇ…」と返されてしまい、会話が終了してしまう。


1時間半ほどカフェで話しましたが、ほぼ私から質問をして相手に返答してもらう「一問一答形式」の会話でした(笑)


お相手も悪い方ではないのですが、会話があまりにも弾まないとこちらも疲れてしまいます。


残念ながら初めてお会いした男性は「ハズレ」という結果になりました…。

続けていけば理想の相手と出会えそう

初めてお会いした方は正直微妙でしたが、マッチング相手とは本当に出会うことができます。


会話は弾まなかったものの、とても真面目そうな方で「お付き合いしたら大切にしてくれるんだろうなぁ」という印象を受けました。


また、アプリの使い方もとてもかんたんなので機械オンチの女性でも操作で戸惑うことはないんじゃないかなと思います。


私も引き続きペアーズを使っていき、運命の相手を探していこうと思います!



合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事