ほっといてほしい。一人の時間が欲しいと思う時10選

2019-07-29

#メンタル

タイトル

《今月は何回「もう限界」だと感じましたか?》無性に一人の時間が欲しい。一人の時間がないと辛い。現代社会のブラックスケジュールと都会の過密人口に悩まされている人へ。「ほっといてほしい」と感じる、一人の時間が欲しい時をまとめました。

「一人の時間が欲しい」と心から思う瞬間

《今月は何回「もう限界」だと感じましたか?》

1.家族からの干渉があった時

親からの「もっとちゃんとしなさい」ほど、「ほっといてよ」と思う言葉はないと思う。


今やろうとしてるし、自分でもわかってるから。


自分の人生なんだし、一人で居させて欲しい。


妹がどうこうしたとか、中学校の同期がなにしたとか、正直どうでも良い。


家族からの言葉は嬉しいしありがたいけど、わかってることを言わないで欲しい。


合わせて読みたい▼

2.仕事が忙しい時

常に「やらなきゃいけないこと」が詰まって、息が詰まって。


仕事が忙しいと自分の時間を確保することすらできなくなる。


朝から通勤の満員電車で人混みに揉まれ、職場では上司と同僚から矢継ぎ早に仕事が回ってきて…


定時になってもやることが終わらず、終電にまでアルコールくさい人たちがいる。


一体いつ一人になれるんだろう。早く誰もいない部屋のベッドに沈みたいと心から願う毎日です。


合わせて読みたい▼

3.趣味ややりたいことができた時

ゲームしてる最中とか、映画見てる時に話しかけられるのが本当に嫌い。


明日どうするとか、別に後でも良いじゃん。


今楽しんでるのに邪魔しないで、何かに熱中している時の集中力をかき乱さないで欲しい。


集中している時に話しかけられるとこっちもイライラするし、空返事を聞くあなたもイライラするでしょう。


みんながYouTuberに憧れているのは《「邪魔されずに」好きなことで生きているから》じゃないかな。


合わせて読みたい▼

4.ストレスや睡眠不足で疲れた時

「早く帰って寝たい、けど寝れない」と「眠いけど楽しいから起きてる」じゃ、ストレスの溜まり方は段違い。


ストレスや睡眠不足で疲れている時は、特に一人になりたい。


頭を抑えて、髪をぐしゃぐしゃってしたくなる。もう限界。我慢できない。


ただでさえ日常生活で病みそうなのに、これ以上負荷をかけないでください。


合わせて読みたい▼

5.恋人と喧嘩した時

大好きな恋人と喧嘩したらすぐに仲直りしたい。けど近くにいたらまた反抗しそう。


一緒に居たい気持ちはあるけど、頭では「少し距離を置かなきゃいけない」とわかってる。


寂しがり屋だけど一人になりたいと思う瞬間があってもいいでしょう。


一人の時間が欲しいと思うのは「別れたいから」じゃなくて、「一緒に居たいから」。


合わせて読みたい▼

6.単調な毎日に飽き飽きした時

「つまらない人」だと言われても文句を言い返せないくらい同じことばかりしている。


いつも同じ道を歩いて、いつも同じ場所に向かって、いつも同じ人と話す。


友達のSNSを見るといつも新しいお店を見つけたり、キラキラしているのが見えてしまう。


どこにそんなお金と情報収集能力があるのか知りたいけど、本人に聞きたくはない。


一旦今の日常から離れて、キラキラした世界に一人で飛び込みたくなる。


合わせて読みたい▼

7.常に鳴り続けるスマホを見た時

SNSのフォロワーが増えると人気者になった気がして、満たされる。


LINE・Twitter・Instagram・Facebook…。


同時に大量に鳴ってしまう通知に、昼夜問わずなり続ける通知に、ストレスが溜まってしまう。


ついつい誰もいない別アカウントに逃げてしまいます。


合わせて読みたい▼

8.家事・子育てに疲れた時

「一人の時間が確保できない」のは育児ストレスの原因第1位と言われている。


「親は24時間、親」なのはわかってるけど、たまに子供を託児所や幼稚園に預けて一人の時間を作りたいと思うのは、そんなにわがままですか?


アルバイトだって休憩時間があるのを知らないのかな。


息抜きをすることは悪いことじゃないし、少しだけ休ませてくれれば家事も子育ての質も上がるのに。

9.気を遣ってばかりいると自覚した時

中学校のクラスでも、高校の部活でも、大学のサークルでも、会社に入っても、どこに行ってもどこまで行っても《カースト》は存在する。


先輩の顔色を伺ったり、カースト上位の「知り合い」に気を遣ったり。


どこかのグループに所属していれば常に誰かに気を遣い続けないといけない。


誰かの顔色を伺う生活は嫌だから、一人の時間が欲しくなる。


合わせて読みたい▼

10.コミュ障を自覚した時

「一人の時間が必要」ではなく、「誰かと居るのが無理」な人だっていますよね。


コミュ障だから知らない人と話す話題なんてないし、話す前からネガティブなことを考えてしまう。


誰とでも仲良くなれる友人を見ると憧れるけど、経験則から知ってる。


結論「一人の時間が好き」。


合わせて読みたい▼

たまには本当に、一人にさせて。

《一人の時間》は現代社会に生きる人にとって《最も重要な時間》。


ストレス発散するためにも、リフレッシュするためにも、思考を整理して次に進むためにも一人でゆっくり考える時間は必要です。


壊れる前に、本当に休んでください。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事