彼氏と喧嘩した時に仲直りする方法|喧嘩別れしない対策法

2019-07-09

#恋愛

タイトル

彼氏と喧嘩すると気まずくなるし、長引くほど仲直りもしづらくなりますよね。相手が折れるのを待つくらいなら、自分から仲直りしにいってみませんか?今回は「喧嘩した彼氏と仲直りする方法」をお届けします。仲直りの仕方がわからない方、大好きな彼とのラブラブな日常を取り戻しましょう。

彼氏と仲直りする方法

価値観の違いで意見が噛み合わなかったり、我慢していたことを言い合ったり。


どんな原因だったとしても…。


彼と険悪な時間を過ごすのは嫌。


合わせて読みたい▼

1.自分から謝る

自分は悪くないと思いたい気持ちはわかりますが「喧嘩両成敗」。


喧嘩になるときはお互いのどちらにも原因があります。


喧嘩したときになかなか自分から謝れずにいては、二人の距離はどんどん離れていきます。


まずは「言いすぎた、ごめん」の一言で良いので、自分から謝りましょう。


つまらないプライドは捨てて自分から謝ることが仲直りの近道です。

2.言い訳をしない

謝るときは言い訳をせずに心からの謝罪をお届けするのが大切です。


せっかく自分から謝っても言い訳ばかりして自己防衛に走っていると彼も嫌になる可能性が。


あれこれ言い訳を考えるよりもシンプルに「ごめんなさい」の一言を伝えれば、仲直りしやすくなります。


誠心誠意の気持ちを素直に届けることで「仲直りした後はさらに深い絆が結ばれる」でしょう。


合わせて読みたい▼

3.一旦距離を置く

謝っても彼が許さないようであれば、まだ彼も冷静さを取り戻してないのかもしれません。


一旦距離を置き、彼と関わる時間を減らしてみましょう。


「連絡を減らしてみる」「デートの頻度を抑える」などして、会わない時間を増やすことで彼も次第に冷静さを取り戻すはず。


男性は一人の時間に冷静さを取り戻すので、「早く仲直りしたいからと干渉しすぎずあえて距離を置く」のもポイントです。


合わせて読みたい▼

4.美味しいものを買っておく

美味しい食べ物は人を笑顔にします。


喧嘩中で相手との仲が険悪でも「美味しいもの買ってきたよ」の一言で場の雰囲気も一気に明るくなります。


雰囲気が和んだところで素直に謝ると仲直りもしやすくなり、喧嘩をいつまでも引きずらずに済みます。


喧嘩を早く終わらせたい方は「美味しいものの力を借りて仲直り」作戦を試してみましょう。

5.お互いに盛り上がれる話題を振る

喧嘩してるorしてないは一旦置いておいて、お互いの盛り上がる話題を振ることで喧嘩をなかったことにすることもできます。


お互いに食べることが好きなら食べ物の話で盛り上がり…。


気がついたら喧嘩していたことなどすっかり忘れてしまいます。


喧嘩したときはあえてその話題には触れず、全く関係ない話で盛り上がるのも仲直りの秘訣となります。


喧嘩したときは美味しいお店を提案して「こことここだったらどっち食べたい?」と食べログを見せて、相手の好きなものを選ばせましょう。

大切なのは仲直りすること

「喧嘩するほど仲が良い」と言いますが、仲直りせずにいたらいつまでも仲良しカップルに戻れません。


大事なのは喧嘩することではなく仲直りすること。


自分から謝ったりお互いに盛り上がる話題を振ることで、喧嘩前より深い絆を結ぶことができるでしょう。


相手から歩み寄ってくれるのを待つのではなく、自分から仲直りのきっかけを作るよう心がけてみましょう。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事