『貧乏節約』とは|節約しているのにお金が貯まらない原因とは

タイトル

【通帳を見る度に焦りが止まらない】ことに共感できる人はいませんか?節約しているはずなのにお金がなかなか貯まらない、むしろ減っていく一方…。実は『お金が減ってしまう節約』のやり方をしてしまっているのかもしれませんよ?節約しているのにお金が貯まらない原因を分析して、お金を溜めていきましょう。

『節約しているのに貧乏』な原因は節約にある

「節約しているはずなのに、一向にお金が貯まらない…」


通帳を見ると「お金がなかなか溜まらない」ことに焦り、悩みが止まらない人っていますよね。


普段から食費も制限して、生活費も抑えているはずなのに、どうしてもお金が貯まらない人は知らない内に『お金が貯まらない貧乏節約』をしてしまっているのかもしれません。


”お金が欲しい人”は要チェック。


貧乏になってしまう節約のやり方をしていないかチェックして、『お金が貯まる節約』に切り替えていきましょう。

お金がなくなる節約のやり方


そもそも節約と言っても千差万別。


タイムセールで割引重視の節約をしている人もいれば、毎日パスタで食費を抑えるのもまた節約と言えるでしょう。


でも根本は「無駄なお金を減らして、必要なところに使うこと」ですよね?


まずは『お金がなくなる節約』のやり方に当てはまっていないか確認してください。

安物ばかりを買う

「安物買いの銭失い」という有名な言葉がありますが、まさに実際その通り。


安物を買うのは一見節約できているように思うかもしれませんが、意外とお金を浪費しているんですよ。


実際「安い物を買う」とお得感もありますし、節約している気分になります。


価格が低いものを上手に使える人は倹約家なイメージもありますよね。


でも、ただただ安い物ばかりを買っていると自然と買い物をする回数が多くなってしまい、トータルで見ると使っているお金は多くなってしまいます。


『安い物を買う』という行為に、満足感を覚えてしまっているので、お金を使う”回数”が増えて、結果的にお金がなくなっているのです。

物を大切に使わない

『物を大切に使わない人』もお金が貯まりにくい傾向にあります。


どんな物でも最後は壊れます。壊れてしまうと買い替えが必要になり、買い替えにはお金が必要です。


安物買いとも繋がりますが、お金が貯まらない人は一つ一つの使うお金は少ないけど買う頻度が高くなりがち。


さらに加えるなら、物が大量にあると「たくさんあるし壊れてもまあいっか」という風に考えてしまう人が多いです。


生活費を抑えている人でも、買い足す度にお金を使っていてはお金が貯まらないのも当然ですよね。

衝動買いが多い

「今季流行ってる物」や「フィーリングで良いなと思った物」って、どうしても欲しくなっちゃいますよね。


物との出会いは一期一会とはいえ、やっぱり衝動買いが多い人はなかなかお金が貯まりにくいです。


「あれみんな持ってるから欲しい!」「今流行ってるから買っちゃおう!」と、ついつい流行り物を買ってしまったり、良いなと思った時に即決ですぐに買ってしまったり


だいたいフィーリングで買ってしまう時って、一個買ったら満足じゃなく”ついでに”何かを買ってしまうことも多いので…。


欲しいと思う物を片っ端から買っていって、一つも我慢できない人がお金を貯められるワケがありませんよね。

買った後に物の価値を気にする

商品を買ったあとに「いくらで買えた!」と”購入した金額”に満足してしまうのもお金が貯まらない原因の一つです。


いくら「安く買えたから」といっても、買った物に相応の価値がなければ結局は"無駄"になってしまいます。


しっかりと買う前に物の価値を見極め、その物を買うことで得られる価値よりもお手頃な値段で売られていると感じたら、購入するようにした方が賢明です。


節約する時はついつい「物の値段」ばかりに目がいきがちですが、大切なのは「物の価値に対する値段」です。


普段一億円の家が一万円で買えたとしても、何もない砂漠のど真ん中なら欲しいとは思わないでしょう。

小さな節約に満足する

貧乏節約でやりがちなのが『少し節約で大きな出費』をしてしまうこと。


確かに、少しでも節約に成功すると賢くなった気がして、嬉しくなってしまいますよね。


たまにご褒美として奮発しないと、ストレスが溜まって節約が続かないという人もいるでしょう。


しかし、嬉しさのご褒美代わりにお金を使っていては本末転倒です。


「電気代が少し安くなった」「食費がいつもより安く済んだ」と、少額な節約ができたからといって贅沢をしていては、貯まるものも貯まりません。


10円や100円単位の節約も、塵も積もれば山となりますが…。


一度や二度の節約で奮発して贅沢をしていては節約の意味がなくなってしまいますよね。


合わせて読みたい▼

単発の節約に満足する

デパートやドンキで『単発の出費が抑えられたから、節約できている』と勘違いしている人も非常に多いです。


真に見直すべきは一回一回の買い物ではなく、固定費となっている定期購入の方なんです。


使わない固定費を浪費し続けるのはもったいないですよね。


日々の節約に満足し、不必要な定期購入を続けていると節約しているつもりでも貯蓄できていないということになりかねません。


「今日は○円節約できた」と日々の節約に一喜一憂する割に…。


使わない定期購入をいつまでも続けて、固定費を見直さないのはお金が貯まらない人の隠れたポイントです。

お金が貯まる節約のやり方

お金を貯めるためには買い替えを止めて、無駄遣いをしないのが一番。


といっても、 必要なものなんて買い物する時にはわからないし、物を大切にできないことを自覚している人もいますよね。


色々考えると余計にストレスが溜まって、買い物衝動が止められなくなるし…。


でも、 節約はもっと気楽で良いんです。


早速、二歩進んで三歩下がる『お金が貯まらない節約』を脱却する方法をチェックしてください。

家計を確認する

あなたは「今月いくらまで使っていいのか」答えられますか?


お金が貯まらない人は”自分がいくら持っているか”をきちんとした金額を知らない人が多いです。


お金を貯めるには、まず自分が使ってもいいお金を把握することが大切です。


まずはお財布の中身や口座残高を確認し、具体的な”自分の持っているお金”を把握しましょう。


家計を見直し、確認することが節約への第一歩


銀行口座に入っている預金額は節約するモチベーションになりますし、使っていいお金を知ることができるので無駄遣いも減りますよ。

固定費を見直す

家計を確認したらまず一番最初に見るべきなのは『固定費』の部分。


特に通販の定期購入やスマホ代、サブスクリプション型のサービスは要チェックした方が良いポイントです。


固定費はほとんどの場合自動引き落としやクレカ払いになっていますよね。


だからこそ、普段は払っていることをあまり意識する機会がありません。


特に20代ならほぼほぼ全員が持っているスマホ代。


平均8,000円程度と言われているスマホ代は必ず見直した方が良い固定費です。


格安SIM系ならスマホ代の月額は2,000円程度まで落とせますし、今は手続きもそこまで難しくありません。


節約するとしたらまずはスマホ代等の固定費から見直してみてください。

大切にできる物を買う

『”大切にできるもの”や”少し高くても長持ちする物”を買う』ようにすると買い換える必要がなくなり、結果的に支出が減ります。


「買い替えるときに一番お金を使う」のはご存知の通り。


無駄使いに繋がりかねない買い替えを防止する意味でも、少し高めのものを買うようにするのは一つの手ですね。


高い物を選ぼうとすると、自然と”お金の使い方”を意識するようになります。


「本当にこれ必要なのかな…?」という迷いも生まれるので、要らない物を買わなくなる手助けにもなるのです。


値段が下がったからとすぐに飛びつくのではなく、大切に長持ちする物を購入することが一番の節約になりますよ。

必要な時に必要な物を買う

『大切にできるものを買う』のと同様に『必要な時に必要な物を買う』のも忘れてはいけません。


必要な物って言われても、最初はなかなか必要な物を見極めるのは難しいかもしれません。


なかなか見極められない人は「どうして買ったのだろう」という”買った理由”をきちんと覚えておけるものを買うようにしてください。


安いからといってあれもこれもと買っていては、不要な物まで買ってしまいます。


買う理由にきちんと目をむけてあげると、だんだんと自分に必要な物だけを買えるようになってきますよ。

何が欲しいではなく何を持ってるのか意識する

買い物をしなければならない時に「安く買う方法」を探すのではなく、『既に持っている物でやりくりする方法を見つける』と自然とお金が貯まっていきます。


そもそも今持っている物で代用できるのであれば、その物は必要なものじゃなくて欲しい物ですよね。


欲しい物や買いたい物なんてたくさんありすぎるので、「何が欲しいか」になるとキリがありません。


節約する時は『自分が何を持っているか』に焦点を当てると、欲しい物を買わずに今持っている物で代用できる可能性がありますよ。

収入を増やす

どれだけがんばっても正直なところ節約には限界があるのは事実。


手取り20万はどれだけ削っても使えるお金には限りがあります。


今の仕事を続けたままサブ収入を作る副業も良いですし…。


複数の仕事を持つ複業もできる時代なんだから、副業や転職をして収入を増やした上で節約をした方が効率的。


「お金を貯めないと」と思っても、節約だけでは少ない金額しか貯めることができませんよね。


いくら使うお金を減らしても収入が増えることはないので、節約には限界があることは覚えておいた方が良いかもしれません。

まとめ

節約は正しいやり方がわかれば、少しずつですが確実にお金を貯めることができます。


最初は節約が上手くいかないこともありますが、慣れてしまえば節約に苦痛を感じることなく、お金を貯めることができるようになります。


貯蓄を増やしたいのなら、諦めずに続けることが大切です。


今、自分がしている節約方法を見直し、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね♪


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事