自己中な人に共通する10の特徴とは【簡単自己中チェック診断】

2019-08-12

#メンタル

タイトル

あなたの周りに自己中な人はいませんか?職場や学校など、どこにでも一人くらいは自己中な人っていますよね。「人の話を聞かない」「他人に厳しく自分に甘い」他人の気持ちを考えない、自分中心な考えを持つ彼らの特徴と”あるある”をお伝えします。

自己中の意味とは

自己中とは「自己中心的」の略語。


「自己中心的な性格」を表す時に使われる言葉ですよね。


自己中な人は”世界は自分を中心に周っている”いう思考の持ち主で、他者からは「わがまま」「自分勝手」なイメージを抱かれやすいです。


自己中な人と関わっていると疲れるため、好んで付き合いたがる人は少ないでしょう。

自己中な人の特徴

「みんな自分の思い通りになれ。」


自己中な人をご紹介します。

1.「相手のことを考える」想像力がない

自己中な人は「コミュニケーションに関する想像力」が皆無です。


想像力がないと「自分の言った言葉で相手が傷つくのではないか」など相手の気持ちを考えることができません。


言葉をオブラートに包んだり言い回しを変えたりもしないため、「相手に失礼な発言」をしても気にするふりすらありません。


本人に悪気はなくても、だんだん周囲から嫌われていきます。

2.人の話を最後まで聞かない・興味がない

自己中な人は、相手が話していても相手の言葉を遮って自分が喋ってしまいます。


「相手が話し終わるまで待つ」という思いやりの心がないので、言葉を遮られた相手に反感を買われることも。


また相手が話す内容に興味が持てなかった時は会話中も上の空。


自分が興味ある内容しか話を聞いていないため、周囲からは「話を聞いていない人」と思われています。


合わせて読みたい▼

3.他人に厳しく自分に甘い

自己中な人は、他人に厳しく自分に甘い傾向があります。


「自分のミスは見て見ぬフリ」をするのに「他人のミスは文句を言わないと気が済まない」。


自分と他者への接し方に差があるのが特徴です。


そして人からミスを指摘されると、一気に不機嫌に。


言い訳を並べて誤魔化そうとし、自分の非は一切認めません。


合わせて読みたい▼

4.指摘をされるのが大嫌い

自己中な人は「自分は人より上に立つ人間だ」と思っているので人から注意や指摘を受けるのが大嫌いです。


指摘を受けると「見下されている」と感じてしまい、逆ギレしてイライラしてすることすらあります。


自己中な人は指摘を素直に聞き入れることができないので、仕事でも同じミスを繰り返し周囲に迷惑をかけ続けます。


合わせて読みたい▼

5.協調性がない

自己中な人は「全て自分の思い通りに物事を運びたい」と考えているので、周囲と折り合いをつけるのが苦手です。


ですから、自分の意見を優先できない団体行動や組織での活動が大嫌い。


自分の思い通りにならないと不機嫌になるため、周囲を困らせてしまいます。

6.自分の主観で物事を判断しがち

自己中な人は思い込みが激しい傾向にあります。


例えば「自分が好きなものは相手も好きだろう」と勝手に思い込み、相手の好みを聞かずに自分の好みを押し付けます。


相手の立場に立って物事を考える脳がないので、自分の主観で物事を判断しがちです。

7.プレゼントを渡すことがない

自己中な人は相手のために「プレゼント」を用意したり、お世話になっている人に「お礼の品」を用意したりすることはありません。


プレゼントは貰ったら貰いっ放しだし、出張に行ってもお土産を買ってくることはありません。


何かしてもらうのが当たり前」という思考の持ち主なので、「自分から何かをしてあげる」なんて考えは1ミリもないのです。


合わせて読みたい▼

8.平気で嘘をつく

自己中な人は自分を良く見せるために平気で嘘をつきます。


嘘をついた結果、相手を悲しませたり怒らせたりしても胸を痛めることもありません。


相手を騙すことに罪悪感がないので、若干のサイコパス感を感じることもあるでしょう。


自己中な人はその場しのぎの軽い嘘をちょこちょこつくので、後々トラブルになることも。


▼平気で嘘をつくサイコパスの記事はこちら

9.マイルールがある

自己中な人は自分の中に「マイルール」を持っています。


良いマイルールならいいですが、自己中な人は”自分にとって都合の良いマイルール”ばかりを作りがちです。


例えば自己中な人は「朝、雨が降っていたら会社を休んでも良い」というマイルールを平気で作ります。


そして会社を休んだ結果、社内の人に迷惑をかけてもお構い無しです。


いつどんなときでもマイルールを優先するため、非常識な人と思われがちです。


合わせて読みたい▼

10.自己中の自覚がない

自己中な人は「自己中であることの自覚」を持っていない人が多いです。


なぜなら多くの人は「自己中な人に性格を指摘して面倒事になりたくない」と思っているからです。


ですから自己中な人がいてもあえて指摘はせず、放っておく人が増えていきます。


その結果、自己中な人は自己中の自覚がないまま大人になってしまうのです。

自己中な人を変えることは難しい

自己中な人は、どこのコミュニティにも一人はいるもの。


友人の顔が思い浮かんだ人も多いのではないでしょうか。


自己中な人は自分で気づかない限り、性格が改善されません。


そして自己中なことを指摘すると仲が悪化するだけなので、適度に会話を合わせておくのが一番かもしれません。


合わせて読みたい▼


▼この記事の編集者は

関連記事