特別な存在になりたい|ライバルに勝てるアピール方法とは

2019-07-08

#恋愛

タイトル

「大好きな人の特別な人になりたい!」 誰もが抱く恋の悩みの解決方法は、相手を見てあげること。相手にとって一番の理解者となれば、自ずと特別な人に選ばれるでしょう。今回は、特別な存在になる方法をご紹介します。この方法を使えば意中の人の特別な存在になることができ、他の男性から一歩リードできるでしょう。

あの人の特別な人になりたい

「大好きなあの人の特別な存在になりたい!自分だけを特別扱いして欲しい!」


あなたも恋愛を経験していれば一度くらい思ったことがあることでしょう。


特に相手が人気者だったり恋のライバルが多かったりすると、より相手にとっての特別な人になりたいという気持ちが強くなりますよね。


抑えきれない気持ちを持つあなたに。


大好きな《異性》にアピール出来る《自分を特別な人に見せる方法》をご紹介します。

特別な存在=相手の一番の《理解者》である

「本当の自分をきちんと認めてくれる人」こそ、特別な存在であると言えます。

相手の両面性を認める

人は誰にでも「表で見せている自分」「裏で隠してる自分」があります。


表で見せている姿は相手にとって「理想の自分像」。取り繕った一面や見栄が入った姿だと言えます。


「裏で隠してる姿」こそ相手にとって本当の自分。


ありのままの姿や感情を認めてくれる人こそ、人は特別な存在だと認識します。


裏で隠している姿を見抜いてあげるだけで


「この人他の人とは違う。自分の本当を分かってくれるんだ」


と思わせることができるのです。

相手の本質は「表に出している自分」とは逆のことが多い

相手の本当の姿というのは相手の表のイメージと逆に隠れていることが多いです。


明るい人ほど実は不安を抱えていたり、いつも笑ってる人ほど裏では怒りを抱えていたり。


「相手の表に出ている一面とは逆のところに本当の面がある」


と覚えておけば、会話するときに有利になるかもしれません。

周りと違うことを言う

大半の人は【相手の表面だけを見て言葉を選びます】。


明るい人は「明るいね」と言われ慣れていますし、美人は「美人だね」と言われ続けているわけですね。


自分も同じ言葉を掛けて「明るいね」と言っていたら、その他大勢である人たちと変わりません。


「この人は他と違う!」と相手の印象に残るためにも、周りとの差別化は常に意識しておきましょう。


合わせて読みたい▼

薄っぺらい言葉に見せないための大事な二つのポイント

ちゃんと相手を見てあげて、自分にしか出来ない褒め方を探そう。

出来る限り褒めて伝える

相手を喜ばすのは、コミュニケーションをとる上で基本中の基本。


いくら逆のことを言ったとしても、悪いことだと相手は受け入れてくれません。


出来る限り相手の裏をポジティブに認めてあげられるよう、良い言葉を選んでしっかりと伝えてあげましょう。


いくら自分を良く見せたいと考えていたとしても、自慢話よりも相手のことを褒めてあげたほうが効果的です。


相手も褒められることで軽く興奮させられ、さらに好感度も上げやすくなります。


合わせて読みたい▼

「本当は…」を使う

相手のイメージと逆のことを言う前に「本当は…」という言葉を入れてみて。


使うことで無意識に相手にも「自分の本当の姿を分かってくれている」と錯覚させることが出来ます。


「○○ちゃんはいつも明るいし誰とでも仲良く出来る良い子だけど、本当は一人で泣きたくなっちゃう時とか、良い子でいられないワガママ言いたい時とかもあるんじゃない?」


相手が弱っているときや酔っているときに使えば、さらに効果アップ。


合わせて読みたい▼

注意すべきポイントは「決めつけないこと」

当たり前ですが相手の真の姿を察したからといって【相手を決めつけて断言する】のはやめて下さい


いきなり言われて決めつけられても「お前に何がわかる!?」といった形で反発されてしまいますし、間違えたり相手が認めてくれなかった時に言い逃れが出来ません。


断言はせずに「〇〇なところもあるんじゃない?」くらいの感じで言ってあげることが大切です。


当たった場合は相手もそれについて思うことを話してくれますし、外した場合も「ちょっと(表のイメージ)な感じするから、逆にそんな時もあるのかな?って思った」くらいの感じで悪いイメージを作ることなく話を続けていくことが出来ます。


合わせて読みたい▼

美男美女に対してこそ効果的

周りが「可愛い!」「かっこいい!」などといった表面だけを見た言葉を投げかけていく中、自分だけが逆のイメージの言葉を投げかける。


普段言われない言葉を伝える方法は「美男美女」に対してとても有効です。


いつも同じ言葉を言われ慣れている相手だからこそ、普段と違う褒められ方をすれば非常に強く残るもの。


テクニックの本質である「あなただけが分かってくれる!」という心理状態を非常に作りやすいです。


「他の人と違うことを言える人」は印象に残りやすいです。


合わせて読みたい▼

特別な人になってライバルとの競争に終止符を

相手の特別になるためには、相手にとって本当の理解者になること。


相手の唯一の理解者となって、悩むことない毎日をお過ごしください。


合わせて読みたい▼


▼この記事の編集者は

関連記事