片思いがしんどい。片思いをやめたいと思うタイミング”あるある”

2019-09-10

#恋愛

タイトル

女子にとって最も青春を感じる、甘酸っぱくて切ない恋の代表《片思い》。多くの女子にとって片思いは困難な道のりですよね。好きだけど「思いが伝えきれなくて」、「ライバルの存在が邪魔で」「自分が嫌いになってしまって」。片思い女子が片思いに疲れる、片思いをやめたいと思うタイミングをご紹介します。

片思いをやめたいタイミング"あるある"

大好きな人に振り回され続ける毎日。


泣いて笑ってを繰り返し続けて…。


片思いを続けるのもうやめたい。


好きだからこそ楽しい、けど辛くもなる。


【片思いをやめたいと思うタイミング】で恋に悩む片思い女子に。この胸の痛みよ届け。

周囲の人に振り回された時

付き合う前の片思い中は、まだ彼は自分のものではありません


誰のものでもないからこそ周囲もアプローチしてくるし、早い者勝ちだからこそ競争になる。


ましてやゴシップネタはみんなの大好物。


そっとしておいて欲しい片思いでも、関係なく振り回してくる周囲の反応で「恋愛疲れ」してしまうことってありますよね。

友達同士で争うことになってしまった

仲の良い友達が、想い人のことを好きだと知ってしまった…。


好きな人を諦めることもできない。


でも、仲良しでいたい友達だからこそ、争うのは辛い


仮にどちらかの恋がうまくいったとしても友情に亀裂が入ることは必至


「諦める」が選択肢に入ってしまっても仕方がないことかもしれませんね。

ライバルの女性が強過ぎた

当然ながら、恋にライバルはつきものです。ですがライバルの容姿に優れていたり、人柄や育ちetc…。良いところ沢山あると勝てる気がしなくなりますよね。


勝てない勝負は傷つくだけ。負けが見えてる片思いなんかしても無駄じゃないですか。実際には隣の芝が青く見えているだけだったとしても、片思いの気持ちが揺らぐには十分すぎる理由なんです。

同性からの嫌がらせがあった

せっかく好きな人と良い雰囲気だったのに、嫉妬したライバルからの嫌がらせが凄まじい。


中には直接的な脅迫までしてくる人もいて…。


嫌がらせに対するプレッシャーを背負ったまま、彼への気持ちを貫くことに恐怖して、いつの間にか彼を好きでいること自体が恐怖にすり変わることも。


合わせて読みたい▼

一人で暴走してしまった時

片思いの興奮で、肝心な時にいつも平静を保てなくなる。


「普通に接したい」って思って意識すればするほど、普通が分からなくなって混乱してしまうものですよね。


好きになってほしいがために暴走して…。


結果的に失敗してしまった時は好きバレするし、恥ずかしいしのトラウマもの


片思いをトラウマとして葬ってしまいたくなる気持ちは全女子共通です。

アピールに失敗した時

なんとか好きな人の気を引きたくてアピールしようとしたら、挙動不審に…。


褒められたくて頑張ったのに、思ったような結果が見せられなかった時は片思いをやめたくなります。


テストとか仕事とか、少しでも良いところを見せれば好きな人も振り向いてくれるかと思ったのに


相手から向けられるはずの好意を期待してた分、失敗のダメージが大きいです。


合わせて読みたい▼

自分の身だしなみが気になり過ぎてしまう

好きな人の前では、ちょっとでも綺麗な自分を見せたいもの。


自分の髪型や服装は、いつも以上に気になりがちです。


風が強かった日に髪のセットが崩れたりしちゃったら、その日は会いたいけど会いたくない。


最悪のタイミングに限って偶然会ってしまうと…「もうダメだ」って思います。


合わせて読みたい▼

周りの女子が全員ライバルに見える

好きな人が自分以外の人とも仲良くしているのを見てジェラシーを感じるのは当然。


人によっては「好きな人と話してる異性みんながライバルにしか見えない」。


そんな余裕のない自分に自己嫌悪してしまい、片思いしている自分まで嫌いになってしまうことも。

相手に振り回された時

彼のふとした行動でテンションも、今日一日の評価も決まる。

「好きバレ」して避けられだした

「好きバレしてしまい、彼に若干距離を取られるようになってしまった」


好意が相手に届いてしまって『好き避けしているだけ』なのか、それとも『純粋に好きじゃないから自分を避けているのか』…。


嫌いだから避けられてるなんてことを意識してしまうと、落ち込んでしまいますよね。


気持ちを素直に伝えられないシャイなタイプならなおさらです。

叶わない恋なのが分かってしまった

想い人に好きな人がいるとわかったら、一瞬で恋が冷めることってありますよね。


叶わない恋なら辛いだけだから、今この瞬間にも終わりにしたい。


それでも好きだった人はすぐには忘れられないもの。


未練だってたくさんありますよね。


片思い女子が一番しんどい状況は「ほぼ100%叶えられない恋に苦しむ時」だと思います。


100%じゃないからこそ苦しい。奪い取ればいいのになんて言わないでください。


合わせて読みたい▼

メンヘラ化してきたと気付いた時

彼のことを考えて、考えて。


思いつめすぎて「メンヘラ化しかけている」と感じた時は片思いを辞めるきっかけ。


どちらかと言うと、周囲の人から「付き合うのやめたら?」とアドバイスをもらって考えることが多いかも。


合わせて読みたい▼

「依存しかけている」と気づいた

頭の中が恋一色に、完璧に好きな人で塗り潰されている


中々自分で気づけなかったけど友達や家族に言われて、ハッと気づくことってありますよね。


「他の人は全く考えられない」くらいの完全に視野が狭まってる状態になってしまっていると気付いた時、片思いのしんどさから解放される人は多いでしょう。


合わせて読みたい▼

ちょっとの失敗で被害妄想が膨らむ

好きな人に対してちょっとした失敗をしただけで「嫌われちゃったんじゃないか」と思ってしまう女子は多いでしょう。


大丈夫だと自分に言い聞かせて気持ちを落ち着かせようとしてるけどしんどい。


「こんなに不安になるなら好きにならなければ良かった」って思っちゃいます。

頑張っても頑張っても報われない

どれだけアピールして頑張っても、一向に振り向いてもらえないのはしんどいですよね。


もう何すれば良いのか分からない。


どうすればこの恋は報われるんだろう。


どれだけ好きな気持ちが大きくても、努力すら見てもらえない片思いは辛いだけ

重たくなって引かれてしまった

好き過ぎるあまり、感情表現が重くなってドン引きされてしまった…。


自分ではそこまで深刻に愛を伝えるつもりじゃなかったのに、間違った時には何を間違えたのかすらわからない


帰ってから後悔するループを抜け出したいのです。

相手を気にして自分らしさが無くなってしまった

好きな人に好かれようと色々行動を変えてたら、いつの間にか自分らしさが無くなってたことってありますよね。


鏡を見ても「本当の自分ってどんな人だったっけ?」分からなくなっちゃって。


「彼の好みに合わせて努力する」のは立派だけど、自分を見失うような恋ならやめたほうがいいのかもしれません。


合わせて読みたい▼

ふと感傷的になった時

感動的な映画を見たり、泣けるラブソングを聞いていたり。


ふとした瞬間にノスタルジックになり、「諦めたら?」と頭によぎってしまうことってありがちですよね。


「そんなことで思う?」ってポイントでもふと彼のことを考えてしまう


そんな片思い女子は多いはず。

病み曲ばかり聞くようになってた

いつの間にかアイフォンのプレイリストが「片思いの曲」や「失恋ソング」でいっぱい


最近気分が暗いのは、暗い曲ばっかり聴いてるからなのかもしれません。


病み曲を聞いて共感してしまい、辛い気持ちになっている自分につい酔ってしまう


ふと明るい恋の曲を聴くと、片思いに悩んでいた自分がバカバカしく思えてくるのも片思い女子あるあるですね。

食事が喉を通らない

食事中も大好きな人のことで悩んでいると、なんだか食べ物が喉を通らない。


好きな人ができるとダイエットをし始める女子は多いですが、”痩せよう”と思いつめすぎて《拒食》や《過食嘔吐》までしてしまう人も少なくありません


いつの間にか「好きになって欲しい」よりも「痩せたい」の気持ちの方が強くなって…。

悲恋ドラマのヒロインに共感する

テレビドラマで「報われない恋をしてる」登場人物に激しく感情移入してしまう。


なんだか自分を見ているようでほっとけない。


というかどうしても気になる。


気づいたら役の人と一緒に泣いてしまうこともあるあるです。


報われない恋のストーリーを見た後にがんばろうと思う人が少ないように、悲恋のヒロインに酔って、しんどい気持ちのまま過ごす女の子は多いでしょう。

好きな人のことばかり考えて何も手につかない

勉強していても仕事をしていても、頭の中に浮かんでくるのは好きな人のことばかりです。


「だめだ、全然目の前のことに集中できないや」って勉強や仕事も手に付かないと自分がダメなやつに見えてくる。


もっとしっかりした人になりたいから、悪い流れを断ち切りたい。


合わせて読みたい▼

簡単に諦めきれない恋だから

切ない片思いはやめて幸せになりたい。報われない片思いはしたくない。


「こんな思いいっそ捨ててしまえたら」なんて頭では思えても、そう簡単にできないのが人間です。


理屈じゃないからこそ難しいのが"恋"。


片思いの甘酸っぱさにどう対応するかで今後が決まりますよ。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事