片思い女子”あるある”まとめ30選【恋に悩める全ての女性に】

2019-09-20

#恋愛

タイトル

片思いは嬉しいことや悲しいことが一気に押し寄せてきますよね。現在進行形で片思いをしている方は、様々な感情を味わっているのではないでしょうか。今回は「片思い女子のあるある30選」をお届け。「まさに今こんな気持ち!」というあるあるが発見できるのではないでしょうか。

女子の片思いあるある

「好きな人」ができると毎日が激変。些細なことでドキドキしたり、ワクワクしたり、時々ちょっぴり切なかったり。


いつでも恋に生きる「片思い女子の”あるある”」をご紹介します。

中学生編

中学生は「恋に恋したいお年頃」。


理屈なんてなくても、カッコいいと思う男子を好きになって、一方的に妄想を膨らませた経験は誰だってありますよね。

好きな人がいる教室にわざと行く

休み時間の度に、好きな人がいる教室に遊びに行っちゃう。


友達と話すふりして好きな人のことをチラチラ観察。


休み時間に好きな人を見ることが生きがいなんです。

目が合っただけで一日幸せ

廊下や教室で好きな人と目が合っただけで一日中幸せに浸れる。


ニヤニヤ顔が出ちゃうから、いつも友達にからかわれる…。

トイレではいつも恋バナ

トイレは女子にとっての作戦会議場所。


男子が絶対に入れない空間だからこそ、本音トークができるんです。

片思いが叶うおまじないにハマる

「消しゴムに青ペンで好きな人の名前を書き、最後まで使い切ったら両思いになれる」


みたいなおまじないにハマる。しかも超真剣に取り組む。

バレンタインにチョコをこっそり持っていく

チョコを持ってくることは学校で禁止されてるけど、バレンタインくらいは許してほしい。


先生に見つからないかハラハラドキドキ。

高校生編

「恋のドキドキ感」を楽しみたいのは、中学生の頃と一緒。

通学のバス・電車の時間を合わせちゃう

好きな人が朝早い電車だったら、無理してでも時間を合わせて同じ電車に乗っちゃう。


早起きの辛さよりも、好きな人と同じ電車に乗る方が大切なんです。

ノートや教科書に好きな人の名前を書く

なんとなく好きな人の名前って書きたくなっちゃうよね?


ノートや教科書が気がついたら好きな人の名前だらけに。


隣の席の人に見られそうだから、急いで名前を消すんだけどね。

好きな人と同じ委員会に立候補する

興味のない委員会でも、好きな人との接点を増やすためなら何でもやる。


同じ委員会だったら共通の話題もできるし。


好きな人と委員会の仕事をする妄想をしてニヤニヤ。

ドキドキしてうまく話しかけられない

男友達なら普通に話しかけられるのに、好きな人を目の前にすると頭が真っ白になってうまく話せない…。


後になってから「うまく話せなかった自分」を死ぬほど後悔する。

好きな人が他の女子と話してると嫉妬

好きな人が他の女子と話してるのも嫌だけど、他の女子と楽しそうにされてたらもっと嫌。


「その女の子のこと好きなの?」って聞きたくなるけど、もちろん聞けるはずもない…。


合わせて読みたい▼

大学生編

大学生になると「お酒」が加わることで片思いがより複雑に。

サークルの代表を好きになる

サークルの代表ってなんだかすごくかっこよく見える。


でも代表がかっこよく見えるのは自分だけじゃないみたい。


気がついたら「可愛いあの子」が代表と付き合ってる。

飲み会からの進展が早い

サークルの活動だとあまり話せなくても、お酒の席だったら好きな人と話せるチャンス。


「好きな人と話せて幸せだな〜」と思ってたら、そのままお持ち帰りされちゃった。


その後付き合えたら最高だけど、ワンナイトラブで終わると絶望。

告白する前に噂が広まってる

大学は噂が広まるのが早い。


学科やサークルで少しでも「好きな人」の話を漏らしたら、あっという間に噂が広まる。


好きな人の耳に噂が入ったら…恥ずかしくて死んじゃいそう。

他大学の男子がかっこよく見える

特に自分の大学より偏差値が高い大学の男子は、めちゃくちゃかっこよく見える。


少しでも接点を持つために、優秀な大学の「インカレサークル」に入りがち。

本気で好きになった人に遊ばれてた

大学生男子は性欲も盛んなお年頃。


「好きな人と仲良くなれた」…と思いきや、そのままセフレにされたり。


本気で好きになった人に遊ばれると、もう男の人を信じられなくなる。


合わせて読みたい▼

職場編

大人になってもピュアな恋愛はしたいんです。

仕事ではなく好きな人に集中してしまう

仕事に集中しなきゃいけないのに、好きな人のことばっかり気になっちゃう。


好きな人に気を取られすぎて、自分の仕事ではミスを連発しがち。

仕事をサポートしようと近づく

少しでも好きな人と接点を持つために、相手の仕事をサポートしようと近づいてみる。


実は「気に入られたい」って下心付き。

お昼休憩になるとつい探しちゃう

昼休みは好きな人に話しかけられるチャンス。


昼休みになると好きな人の姿を探して、少しでも会話できるように頑張っちゃう。

好きな人が一番仕事ができるように見える

「恋は盲目」だからなのか、好きな人が一番仕事できる人に見えてしまう。


たまにミスをしてても、それすら「可愛い」って許せちゃいます。

好きな人が結婚していた

社内で結婚指輪をつける人は減ってるけど…。


好きな人が実は既婚者だったって知った時は、この世の終わりかってくらい絶望する。


「不倫でもいいから付き合って」って思うよね。相手には言わないけどさ。


合わせて読みたい▼

LINE編

恋をすると、LINE一つで感情の変化が激しくなる。

好きな人からのLINEを何度も読み返す

好きな人からのLINEは宝物。


LINEを読み返してニヤニヤしてる時間が最高に幸せなのです。

既読スルーに酷く落ち込む

既読スルーされると「変なこと言っちゃったかな」ってすごく落ち込む。


返信が来るまでスマホを見ながらずっとそわそわしちゃう。

わざと間違いLINEを送る

好きな人に「間違えた体」でLINEを送ってしまう。


「あ」って言葉だけ送信して、相手の反応を待ったりとか。


少しでもLINEを続けるきっかけ作りをしたいんだ。

ブロックされてないか不安になる

いつまでも未読スルーされるとLINEをブロックされてないか不安になる。


既読がついた瞬間にめちゃくちゃホッとする。

即既読がつくとニヤつく

「もしかして返信待っててくれたのかな?」ニヤニヤ。


たまたまLINEを開いてただけかもしれないけどね。


合わせて読みたい▼

SNS編

好きな人のSNSは、監視するためにあるものです。

過去の投稿を全てチェックする

時間ある時に好きな人の投稿をまとめ読み。


気がついたら3年前の投稿まで遡ってたなんてザラ。

好きな人のフォロワーに誰がいるかチェック

好きな人の交友関係は全部気になる。


女のフォロワーがいるとその人のページに飛んで徹底調査。


好きな人と楽しそうにやりとりしてるコメントなんて見つけてしまったら…発狂しそう。

好きな人のページを開くのが習慣化

暇さえあれば好きな人のページをチェック。


習慣になりすぎていて、好きな人のSNSをチェックしないと落ち着かない。

好きな人がSNSをやってないとがっかり

好きな人のSNSアカウントを検索してみても、アカウントが出てこないとがっかり。


相手がSNSをやってれば、好きな人のことをもっと知れるのに。

好きな人の元カノのSNSをチェックする

女の勘で、好きな人の元カノのアカウントを嗅ぎ分ける。


穴が開くまで元カノの投稿を凝視し、好きな人とのラブラブ写真が残ってないかチェックする。


合わせて読みたい▼

片思い女子は毎日が一喜一憂

好きな人ができた途端、頭の中は好きな人のことでいっぱい。


好きな人のことで悩んでは楽しくなって、楽しくなっては落ち込んで。


いろんな感情を味わえるのは片思いの醍醐味。頭の中が忙しいのも、それはそれで最高かもね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事