大学デビューの失敗例と成功させる方法|痛い大学生にならないために

タイトル

春から大学生。せっかくならこれまでの自分のイメージを変えて、華やかなキャンパスライフを送りたいですよね。しかし、無理した大学デビューは周囲から「イタい人」と思われることも…。当記事では大学デビューの失敗例と成功する方法をお伝えします。痛い大学生にならないために事前予習はしっかりしておきましょう。

大学デビューとは

大学デビューとは、高校までは目立たなかった人が大学では素敵なキャンパスライフを送ろうとして、見た目や言動を大きく変化させることです。


大学はこれまでの知り合いとも離れ、新たな自分としてリスタートできる絶好の機会でもあります。


できることならこれまでの地味な自分とサヨナラし、華やかな大学生活を送りたいですよね。


今回は『大学デビューの失敗例』『大学デビューを成功させる方法』をご紹介していきます。


「痛い大学生」にならない大学デビューの方法を身につけ、素敵な大学生活のスタートを切ってください。

大学デビューでありがちな失敗例

大学デビューで失敗してしまう人は、無理に自分を着飾る傾向にあります。


しかし、無理に自分を変えようとしても「無理してる感」は周囲に伝わってしまいます。


無理しているのがバレてしまうと、だんだん「痛い人認定」されて周囲から笑われる結果に…。


悲しい大学デビューを迎えたくない方は、以下でご紹介する失敗例を反面教師にしてくださいね。

私服がダサい

大学デビューで失敗する人は私服がダサい傾向にあります。


高校までは制服だから、ファッションセンスがなくても平気だったかもしれませんが、大学は私服が基本。


短すぎるスカートを履いてしまったり一昔前のスタイルだったり…張り切って私服を選んでみたけれど、慣れてないからちょっとダサい。


大学に入っていきなり、ファッションセンスが身につくわけではありません。


本人は頑張っておしゃれしてるつもりでも、空回りしてしまい…。周囲から見ると「痛い」と思われてしまいます。

髪型や眉毛を気にしてない

髪型や眉毛がダサいままだと、どんなに服装に気合いを入れてもイマイチ「垢抜けない人」に。


髪型や眉毛は地味に大切なポイントです。


髪を自分で染めてみたけど色ムラが激しすぎたり、眉毛がゲジゲジで眉毛の主張が激しすぎたりすると、途端に「田舎感」満載に。


どんなに流行のおしゃれを取り入れても髪型や眉毛が垢抜けないと、おしゃれグループとつるんでいても浮いてしまうのです。

自慢話が激しい

自慢話が激しい人も、周囲から一歩引いた目で見られてしまいます。


自慢話を聞いていて嬉しい人はいないでしょう。


例えば「友達に読者モデルがいる」などの友達自慢をしても、周囲からしたら「だから?」以上の感情は生まれません


友達が「あの子には読者モデルの友達がいるらしいよ」というのは自慢になりますが、自分から言っているのはただ痛いだけです。

お酒飲んだアピール

新歓参加後の大学生あるあるな発言が「先輩に飲まされすぎた〜(笑)」


初めての飲酒が嬉しくてつい自慢したくなっちゃう気持ちはわかります。


しかし過剰な飲酒アピールは、逆に「お酒飲むの慣れていません」と暴露しているようなもの。


お酒を飲むのは自由だけれど、他人に自慢するようなことではありません。


あまりにもアピールが激しいと「また?」と思われ周囲から呆れられてしまうでしょう。


合わせて読みたい▼

大学デビューを成功させる方法

大学デビューを成功させるには、自分に無理のない範囲で自分を変えることが大切です。


身の丈以上の発言や行動は周囲に引いた目で見られるだけ。


「これまでの自分よりちょっと良くする」を心がければ、違和感なく大学デビューを成功させることができます。


以下で紹介する内容を実践しながら、素敵な大学生活スタートを切ってくださいね。

無理に自分を変えようとしない

無理に自分を変えようとするのではなく「ちょっとだけ変える」を意識してみましょう。


もともと大人しい性格なのに無理に騒いでも「痛い人」になるだけ。


長年の自分の性格を変えようとしても、変わりきることができずボロが出てしまいます


ちょっとだけ変える例はこんな感じ。


女の子だったら…

  • メガネをコンタクトにしてみる

  • 髪を巻いてみる

  • ピアスやアクセサリーに挑戦してみる

  • ネイルをしてみる


男の子だったら

  • おでこを出してみる

  • ワックスやジェルで髪を整える

  • 香水をつけてみる

  • テンションを上げすぎない


自分に無理のない範囲変えることで大きな違和感もなく、自然と大学デビューを成功させることができますよ。

清潔感を意識する

清潔感がある人を嫌いになる人はいないでしょう。


清潔感があるだけで爽やかで清楚な印象を与えることができ、周囲からの評価も上がります。


逆に派手な髪型や濃いメイクは汚らしさを感じてしまい、周囲から「あの人下品だよね」と噂されることも。


無理に派手な自分になろうとするのではなく、まずは清潔感を意識することがポイントです。


黒髪に薄いメイクでも清潔感があれば、自然と人は寄ってくるものですよ。


合わせて読みたい▼

自分に自信を持つ

自信がある人ほど魅力的に映ります。自分に自信を持つことも、大学デビューを成功させる秘訣になります。


無理に発言したりファッションに気合いを入れなくても、魅力的に見える人についていきたくなるものです。


新しくバイトを始めたり、大学以外の人と交流をしたり。


新しい経験を積むなどしていけば、自分自身に対して自信が生まれます。


これまでの経験や自分自身に対して自信がなかった方は、自信を身につけるための行動を取り入れていくと○。


合わせて読みたい▼

コミュ力を磨く

大学生活においてはコミュ力を磨くのも大切な要素になります。


人は話してて楽しい人や自分の話をちゃんと聞いて受け入れてくれる人を好みます。


コミュ力があるだけで周囲から好かれ人気者に。


コミュニケーションのポイントは自分ばかりベラベラ喋るのではなく、


相手の話を聞くことに集中し、相手の意見を肯定しながら話を進めてみることです。


自分が真剣に話を聞いてもらえたら嬉しいですよね。


相手を楽しませるつもりで会話を運んでいけば、自然とコミュ力が磨かれていきますよ。


共感力をあげれば会話もよりスムーズに▼

大学デビューは張り切りすぎないことが大事

大学デビューを失敗させないには「無理せずありのままの自分を活かすこと」がポイント。


外見や小物、発言が身の丈以上のものは、周囲に違和感を与えてしまいます。


自分を活かしながら周囲と適切なコミュニケーションを取っていけば、自然と人が集まるようになっていきます。


これから大学デビューを考えている方は、当記事を参考にしながら素敵な大学生活を送ってくださいね。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事