処女メンヘラがいない理由|メンヘラの初体験が早い理由とは

2020-01-04

#メンタル

タイトル

「そういえば処女のメンヘラっているの?」と思っているあなた。 人見知りなのに処女が少ないメンヘラの実態を見た方が良いですよ。処女メンヘラがいない驚きの理由となぜ彼女たちの初体験が早いか解明します。男性陣はがっかりしないでくださいね。 今回は処女メンヘラがいない理由と初体験が早い理由を紹介します。

メンヘラは初体験が極端に早い?

メンヘラにとってセックスは《自分の心の穴を埋める手段》です。


メンヘラな彼女たちの大体は寂しがり屋で、いつも心のどこかに穴がある状態です。


愛されたい、認められたい、求められたい…。


そんな寂しい感情を埋めてくれるのが男性であり、セックスなのです。


男性に求められるのが嬉しくてつい好きじゃない人にも体を許しがち。


早い人だと中学生でもう初体験を終わらせている人もいます。

周りがそういう環境だったから

初体験を終わらせるのが早かった人は、決まって周りも同じように早かった人たちです。


人は知らず知らずのうちに周りの人間から影響を受けます


周りに初体験が早い人がいると自分では意識していなくても早くなる傾向があります。


「友達がアイドル好きだったから、自分もアイドルが好きになってしまった…」


なんて経験がある方はいませんか?


メンヘラにとって、セックスも移るものなんです。

メンヘラはメンヘラと絡むから

周りの人に影響を受けると書きましたが、実際メンヘラの周りは大体メンヘラ


気軽に体の関係を持つ彼女たちに囲まれていては、セックスへの抵抗も薄れていきます。


メンヘラたちと過ごしていたら自ずと自分も同じ考えに染まり、いつの間にか体を許しているのです。


合わせて読みたい▼

耳年増だから

メンヘラのネットワークは侮れません。


一人でもメンヘラビッチが誕生すると、瞬く間にメンヘラのネットワークにビッチな情報が知れ渡ります。


メンヘラビッチが「ホテルは〇〇に行った」「体位は〇〇と▲▲をした」など言っていると、その情報も瞬く間にメンヘラへと届きます。


そしてその話をまたメンヘラが伝えて…といった具合で情報はどんどん広まっていき、処女だったメンヘラもどんどん耳年増に


経験はなくても、やたらホテルの場所や体位に詳しくなってしまうのです。


合わせて読みたい▼

我慢するのが苦手だから

メンヘラは《我慢が苦手》です。


自分の感情を押さえるのが苦手なので、いい感じの男性がいたら「まだ早い気がするけど…いいかも!」とすぐに体を許してしまうこともあります。


通常であれば、「初デートで体を許すのは早すぎるから、数回デートを重ねてからにしよう」と気持ちをコントロールすることもできると思います。


ですが、メンヘラに「感情の制御」はできません。


「今セックスしたいからする!」動物のように欲求に素直に生きています。


後先考えず行為に及んでしまうのは、メンヘラの特徴と言えますね。


お金がなくても後払いにできるホテルもあり、気軽に入ることができるようになっているのも原因かもしれません。


合わせて読みたい▼

処女メンヘラの一途な面だけに期待しすぎないで

メンヘラは寂しがりな自分を男性に埋めて欲しがるのと、メンヘラの友達が周りにいるから体を許すことに抵抗がなくなることがわかりました。


「処女メンヘラを彼女にしたい…」と考えていた男性陣、残念ですがその夢は叶わないでしょう。


しかしメンヘラは処女を卒業するのも早いですが、一途に愛を注ぐのは変わりません。


少し重いぐらいの愛情を注がれますが、相手が処女だろうが非処女だろうが関係なしに、メンヘラを愛してあげましょう。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事