女子の下ネタがエグいのは本当?【男子より盛り上がる女子会の秘密】

2020-04-03

#メンタル

タイトル

男子禁制の秘密の花園『女子会』。女子会で語られる下ネタトークは男子よりも『エグい』と言われています。女子の下ネタがエグいと言われている原因はなんでしょうか?女子会の下ネタに長けた筆者が”男子との下ネタの違い”を比較しました。男子の下ネタトークとの違いをとくとご覧あれ。

女子会はキラキラ…ではない

女子会』ってどんなイメージがありますか?


ホテルや居酒屋でも女子会プランが出始めて、どちらかと言えば明るいイメージが定着し始めてきていますよね。


もちろんキラキラした女子会も盛り上がれる場の一つですが…。真に盛り上がるのはやっぱり”下ネタ”じゃないでしょうか。


男性間より盛り上がると言われる、女子会のエグい下ネタのリアルをお届けします。


合わせて読みたい▼

どんな下ネタを話すの?

そもそも下ネタとは『下品な話のネタ』のこと。性的な話や猥談のことですね。


笑い話の元でもある下ネタですが、「女子の下ネタはエグい」と言われる理由は話の内容がリアルで生々しいから。


エグいと言われる『女子会の下ネタトーク』をライトな順でご紹介していきます。


後半にいけばいくほど、”えぐみ”が増していくようにしました。

生理の悩み

女子会の中でも比較的ライトに語られる話題は『生理』のこと。


「生理痛が重い」

「生理前にイライラしてしょうがない」


生理の悩みは男子に共感されないことに加えて、人による個人差が非常に大きいもの。


「自分は普通なの?」という疑問と「周りはどんな感じなんだろう…」という好奇心と


深夜のテンションが混ざり合って、デリケートな話題に花を咲かせています。


女子の生理への知識の大半は女子会で培われていると言っても過言ではありません。

彼氏とのエッチの悩み

「彼氏のキスが気持ち悪い」

「早漏で困ってる」


彼氏とどんなエッチをしてるかは女子会で全て筒抜け


彼氏がいる女子が集まるなら、どうしたってその話が出るのは当然の流れです。


それこそ”彼氏の恥ずかしいエッチ失敗談”も全て笑い話として共有されています。


彼氏としてはまさか自分のエッチが女子会で共有されているなんて思ってもないでしょうね…。


合わせて読みたい▼

セックスレスの話

付き合いが長く、最近ご無沙汰が続いていると…セックスレスの話になることも。


「毎日彼と一緒に寝てるのに、良いムードに全然ならない」

「ここ数ヶ月エッチしてない」


女子会話の下ネタ系では珍しく、真面目なお悩み相談会になることも。


盛り上がりやすい下ネタでも、必ずしも笑い話ばかりが飛び交うわけではありません。


中には話してる最中に泣き出す女子も…。


合わせて読みたい▼

フェチの話

「どこフェチ?」


指フェチ、筋肉フェチや鎖骨フェチ、血管フェチetc…。フェチの話は本当に盛り上がります。


フェチはその人にしかわからない良さがあるので、フェチについて語り合う女子会はかなり白熱しています。


匂いフェチな人は共感してほしい▼

プレイ内容や性癖の話

誰とどんなプレイをしたかも女子会でシェアされる機会が非常に多いです。


特殊なプレイや性癖ほど女子会の酒の肴に最高。


彼氏との気持ち良いプレイや、彼氏の性癖など…情事の全てを語り明かします。


筆者の友達は「ネクタイで手を縛られて目隠しエッチをした」と大声で語っていました…。

ヤってる時の体位の話

具体的なところまで話ちゃうのが女子会の良いところでもあり、悪いところ。


ヤってる時の体位も事細かに話しちゃいます。


「騎乗位っていつもどんな体勢でやってるの?」

「こないだ初めて駅弁スタイルに挑戦した」


etc…。人によっては腰を動かす動作付きで当時の様子を再現する人も。


”誰から言い始めたのか”がセットで出てくるので、「あの人の性癖そんな感じなんだ…」とリアルな生々しさもついてきます。

彼のサイズの話

彼氏、元彼、セフレetc…これまで関係を持った男性のあそこのサイズ話は女子会で最もエグいネタの一つ。


「彼氏のあそこが小さすぎて、コンドームがスカスカだった」

「マジポークビッツだったわ」


男性が聞いたらどんなに強がりな男性でも絶対に心が折れそうな会話が平気でできちゃうのが女子会。


言われたくない情報まで、全てペラペラと語り尽くされます。


最も口外してはいけないけど、最も盛り上がる話題であることは間違いないでしょう。


合わせて読みたい▼

下ネタというか下事情

女子の下ネタはもはやネタではありません。下ネタというよりも下事情について真剣に語り合います。


女子の下ネタがえぐいと言われる理由は、男性同士の下ネタよりも具体的かつリアリティーに富んでいるからではないでしょうか。


今日もエグい下ネタが飛び交っていることでしょう。


合わせて読みたい▼


この記事の編集者は▼

関連記事